« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 米国のカリフォルニアで「冬の大規模山火事」/ 南部で住宅地にも燃え広がる 数千人が避難! ★ フクイチ被曝地は死の灰による微生物の減少で落ち葉・枯れ枝などが腐敗・分解せず、「燃料」として積み上がっている。いったん山火事になれば、放射能プルームが舞い上がることは、チェルノブイリでも確認されたこと。要警戒です。 | トップページ | 〔【重要】◎ 山口県周南市在住の元高専教授(工学者、A先生)がついに突き止める!〕◇ (プロパン)ガスボンベからガスメータへのガスの供給を止めると、極めて強い中性子線の照射がなくなり、心筋虚血に改善が見られる! ★ A先生は「京都大学で開発される超小型放電型中性子線源と同じ原理のものか?」と問題提起し、「核融合発生装置が住宅地に持ち込まれている危険性が高い」と警告している!  »

2017-12-06

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ ロシア南部「マヤーク」発とされた(ロシアは否定)、欧州「ルテニウム放射能雲」問題がいつの間にか‘沈静化’するなか、北米のモニタリングポストはアラスカのジュノーをはじめ、異常なスパイクを記録!―― ◎ ベルギー人のMPウォッチャーがブログで報告

 ★ わたしは「マヤーク」だけを疑ってはならない、と思っている。

 ★ このベルギー人ウォッチャー(米国在住)の方も、「フクイチ」が発生源である可能性を捨てていないようだ。

 600トンもの溶融核燃が地下にダウンしたフクイチが「天然原子炉」化している恐れは、絵空事ではない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot8466

……………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

Screenshot8464

Screenshot8465

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕  ◎ Allegedly Apparent Blog
 ⇒ 
https://allegedlyapparent.wordpress.com/

Screenshot8467

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチからの放射能プルームはアラスカ上空で枝分かれして、欧州へは北極圏・スカンジナビア経由で流れているという。

 「マヤーク」は、このルートの下流にあたるものと考えられる。

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 ◆ 2017-11-23 〔フクシマ・メガ核惨事〕7年目の冬に〕◆◎ ロシア南部、ウラルの「マヤーク核施設」から20マイル(32キロ)のアラガユシュ村で、極めて高濃度の……通常を986倍上回る「ルテニウム106」を検出―― ◎ ロシアの気象機関「ロスジドロメット(Rosgidromet)」が21日に発表 ◆ 「グリーンピース」が核事故隠蔽の可能性を指摘し、徹底調査を求める!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/rosgidromet-e76.html

          *

 ◆◎ 2017-11-23 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 欧州を覆う「放射能雲」――「ルテニウム106」だけではない! ◆ スイス・アルプス(カデナッツォ Cadenazzo)では高線量の「ヨウ素131」を「測定」! / セシウム137のMDCも過去最高に   ◆ CERN(ジュネーブ)のモニターでもセシウム134のMDCが2011年のフクイチ以来の最高値(そして、なんとルテニウム106のMDCも同じく最高値に)―― ベルギー人ブロッガーが「レベル7」級の「極度に重大な核事故」が起きている可能性を指摘し、警告! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/cadenazzo-b79b.html

          *

◎ 参考 2017-11-16〔フクイチ・メガ・グローバル核惨事〕◆ 「フクイチ・プルーム(放射能雲)」、HAARPによる気流操作で、(北極圏)アイスランドを経由してノルウェーなどスカンジナビアへコースを変えられている! 英国を回避! ロンドンは比較的無傷に! ―― ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史がノルウェーの大気研究所の予報を分析して明らかに!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-623f.html

Posted by 大沼安史 at 11:29 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66128049

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ ロシア南部「マヤーク」発とされた(ロシアは否定)、欧州「ルテニウム放射能雲」問題がいつの間にか‘沈静化’するなか、北米のモニタリングポストはアラスカのジュノーをはじめ、異常なスパイクを記録!―― ◎ ベルギー人のMPウォッチャーがブログで報告: