« 〔電磁波・中性子線照射攻撃を許すまじ〕 【◎ ついに究明!?】◇ 続報――滋賀県湖南市の自宅のすぐそばの「空き家」に、何らかの光源(照射源?)があるのを、偶然にも車両搭載の監視ビデオカメラがとらえていた! ☆★ 光はなんと……壁の向こう側(居間?)からの照射だった。外壁(の外側)に取り付けられた照射源からだと思っていたが、映像をコマ送りして精査したところ、外壁(たぶん玄関)の、さらにその奥の部屋(居間?)の外壁の内側から壁を突き抜けて来るものだった、と分かった!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◆ 今夜(19日)、午後8時15分すぎ、東電フクイチ・ライブカメラ(4号機側)前を、巨大なタンクが海側(画面右側)に向かって通過! ★ 時間があったので、タンクの海側への移動を待ち構え、スクショに成功した! 「定刻」より、早め(数分前)の登場だった! それにしても、どうして「海側へ」移動するのだろう? まさか、とは思うが……タンクの中身(汚染水?)を海に捨てるためだろうか? »

2017-12-19

〔電磁波照射で脳卒中を狙う ④〕◇ 北海道の旭川市在住のMさん、脳溢血から辛うじて生還した奥さんともども、電磁波照射で高血圧被害、続く ―― ◆ Mさん夫妻はなんと……Mさん自身は4回、奥さんは実に6回も、おそらくは電磁波ビーム、あるいはレーザーで眼球を狙われ、白目部分などを「切断」される、悪夢のような体験の持ち主だった! ★ 集団ストーカー組織の、この執拗さは何なのだ! 彼らはたしかに目を狙ってくる! 対向車などの狙撃は、とくに要注意だ!

 ★ Mさんの奥さんは車の助手席でもやられた。

 Mさんが運転して買い物に出かけ、スーパーの店内で出血に気づいた!

 集ストの狂信的とさえ思える執拗さには戦慄を覚える。

………………………………………………………………………………………

  ★ ひどすぎる写真だが、Mさん夫妻の了承を得たので、公開します。

 集団ストーカーたちは平気で目を狙ってきます。

 これ以上の野放しは許されません。

………………………………………………………………………………………

Screenshot8733

Screenshot8734

Screenshot8735

Screenshot8715

 

………………………………………………………………………………………

① 第1報 〔電磁波照射で脳卒中を狙う〕 ◎ 北海道の旭川市在住のMさん夫妻はともに電磁波ビームで眼球(白目)を切られた経験の持ち主だ。2人は体調管理で自宅に血圧計を置き、毎日測定し、ノートに記録してきた。そのMさんの奥さん(50歳代前半)が、なぜか急に高血圧になり、脳溢血で倒れ、手術して生還した。それと相前後して夫のMさんの血圧も急に上昇し、さらに自宅に戻った奥さんも再び最高血圧が200近くになってなお上昇が止まらない異常な状態に。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/12/post-57fb.html

 ② 北海道の旭川市在住のMさん夫妻へ、リハビリ先の病院で、院内電磁波攻撃! ◎ 脳溢血予後の奥さんがMさんの付添でリハビリに通い始めた民間の病院、いつもは数人しか外来患者がいないのに、受付になんと70人もが殺到、スマホ・携帯をスイッチONし、奥さんを狙って院内照射攻撃! またも急激な血圧上昇 ★ これは「集ストのいやがらせ」ではすまない凶悪な犯罪ではないか!  
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/12/post-e23a.html

 ③ ③〕◇ 北海道の旭川市在住のMさん、脳溢血から辛うじて生還した奥さんともども電磁波照射被害、続く ◎ Mさんの宅の2階に住んでいた男女が本日朝、引っ越して出てゆく! ★ 年の瀬、寒い最中、積雪のなかの引っ越し! 旭川では珍しい「冬の風物詩」ではある! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/12/post-470a.html

Posted by 大沼安史 at 12:58 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波照射で脳卒中を狙う ④〕◇ 北海道の旭川市在住のMさん、脳溢血から辛うじて生還した奥さんともども、電磁波照射で高血圧被害、続く ―― ◆ Mさん夫妻はなんと……Mさん自身は4回、奥さんは実に6回も、おそらくは電磁波ビーム、あるいはレーザーで眼球を狙われ、白目部分などを「切断」される、悪夢のような体験の持ち主だった! ★ 集団ストーカー組織の、この執拗さは何なのだ! 彼らはたしかに目を狙ってくる! 対向車などの狙撃は、とくに要注意だ!: