« 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)/ 記録〕◇ 昨夜、皮膚に深く食い込んだ球状の黒っぽい物質を見つけ、摂り出す! ◎ 仁丹サイズの粒。摘出して指で圧したら、適度な粘度があり、平たく変形 ★ 欧米で人体に撃ち込まれたり、手術で挿入されたりしているという電磁波チップの一種かも知れない。資料として保全。政治情勢の変化で、警察が摘発に乗り出す日を待ちます! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 東電柏崎刈羽原発6・7号機、「審査合格」― ◎ 英紙『ガーディアン』が「活断層」、そして「石油・天然ガス層」問題をしっかり指摘し、「第2のフクシマの恐怖( Fears of another Fukushima )」を全世界に告知報道! ◆ 東電責任者から「フクイチでは安全対策の改善を止めていた」との重大発言(証言)をも引き出す! ◇ NHKの御用報道には、「活断層」のカの字もなし! »

2017-12-28

〔生きること それが闘い 冬のバラ〕◇ 集団ストーカーによる電磁波照射被害者であるAさんへのメール (再掲)

 拝復

 若いころ、北海道の小樽で新聞記者をしていたとき、寝たきりの老人宅に足繁く通うになり、仲良くよくなりました。

 畳1畳の玄関脇の土間に寝たきりのその人は、佐藤享如(きょうすけ)さんといって、国を相手どって裁判を起こしている人でした。

 寝たきりの人は投票所に行けない。政治に参画できない。郵便投票制度を復活せよ、と闘っていたのです。

          *

 川柳作者でもあり、冬児(とおる)を名乗っていました。

 裁判を闘う会の名は「冬のバラの会」でした。

  生きること それが闘い 冬のバラ

          *

 冬のバラは棘だらけで、ひたすら春を待ち続けるのですが、そうやって佐藤享如さんも身動きのとれないからだで闘い、待ち続け、ついに制度の復活をかちとります。

          *

 わたしたちも、佐藤さんのように、身動きがとれなくても、生活を続けることで、それだけ「彼ら」を日々、刻一刻と追い詰めることができます。

 屹然と、断固として、平然と、穏やかに、生きる!

 生きて、変えていく!

 これがわたしたちの使命であり、この社会に実存する理由のすくなくともひとつではないでしょうか?

          *

 同じように苦しみながら、でもしっかり生きている人たちがいるようです。

 わたしたちも断固、見習って、生きて行きましょう。

 なんの、なんの、これしきのことで、くたばってたまるか、です!

          *

 よい、お年を!

     大沼安史 拝

 PS わたしたちは災害グッズのアルミシートをかぶって寝るようにしています。スイス在住のキャサリン・ホートン博士が自分の机のまわりを囲っているアレです。

 新品だったのに、いつのまにか、穴だらけ(クソっ!)ですが……。

Posted by 大沼安史 at 10:01 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66208350

この記事へのトラックバック一覧です: 〔生きること それが闘い 冬のバラ〕◇ 集団ストーカーによる電磁波照射被害者であるAさんへのメール (再掲):