« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕★ フクシマに降った新雪は、ことしも「死の灰」で汚れた「黒い雪」だった! これで、被曝地の子どもたちは雪遊びをするのか! ◇ 13日、地上5センチで《46mSv/h》! ◎ たったひとりで、フクイチ被曝地での測定を続ける《kienaiyru(消えない夜)》氏のブログ報告で判明! 英語メディアにより、国際社会で拡散開始! ★ 英語メデイアの「ニュークリア・ニュース」は、「消えない夜」氏を「勇敢なる人(this brave soul)」と、その取組をたたえている!   | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕☆ 「今のわたしの現成公案は、原発事故のこと……」―― ◎ 南相馬・同慶寺の住職、田中徳雲さんが『名前のない新聞』最新号で語った言葉が、胸に響く。そう、7周年の新年を迎えようとしている「今のわたしたちの現成公案は、原発事故のこと」だ。この空前の難問に、どう向き合い、それぞれの「ど真ん中」でどう答えていくのか? »

2017-12-15

〔電磁波照射で脳卒中を狙う〕 ◎ 北海道の旭川市在住のMさん夫妻はともに電磁波ビームで眼球(白目)を切られた経験の持ち主だ。2人は体調管理で自宅に血圧計を置き、毎日測定し、ノートに記録してきた。そのMさんの奥さん(50歳代前半)が、なぜか急に高血圧になり、脳溢血で倒れ、手術して生還した。それと相前後して夫のMさんの血圧も急に上昇し、さらに自宅に戻った奥さんも再び最高血圧が200近くになってなお上昇が止まらない異常な状態に。

………………………………………………………………………………………

 (奥さんは脳溢血の手術後に、新たに眼球攻撃を受け、左目を手術する事態に追い込まれた!)

 そして本日(15日)夕――ためしに2人は血圧計を持って自宅から離れた場所に行き測定したところ、ともにすぐ最高血圧が一気に50~60も低下した。(測定画面を撮影し、証拠として記録)

 自宅で休んでいると、夫婦そろって血圧が急上昇する! いったい、何が…………???

 Mさんから知らせを受けて思い出したのは、先日、群馬県在住の男性が駅前で脱原発の演説をしていたところ、スピーカーが突然、ダウンし、操作リモコンも発光現象を起こす異常な状態となって、男性はその場で脳溢血を起こし病院に搬送されたケースだ。

 電磁波でやられたのかも、との疑いが湧いた。

 ところで、旭川のMさんは自宅内の血圧計のそばに、夫婦それぞれの血圧測定ノートを置いているが、最近、Mさんの分のノートが朝起きてみると、消えてしまっていた! 

 夜間、何者かが忍び込んで盗んで行ったようだ。家のなかから大事なものを盗んでいくのは、集団ストーカーたちお得意のガスライティングという手口だ。(わたしたちも静岡、岡山などの避難先でさんざん、やられた!)

 Mさんは旭川の集スト組織と闘っており、それで血圧をあげる(たぶんELMの周波数帯を使った)電磁波攻撃を受けているような気がする。

 警察にも連絡し、事情を知る担当者に、相談に乗ってもらっているが、近くの家にガス屋が来てから、血圧にますます異常値が出るようになったそうだ。

 集団ストーカー組織が背後に控え、照射装置を設置し、照射を指示しているとしたら、これはまさに「殺人攻撃」である。

 事態がどう展開するか、節目節目で報告して行きます。

Posted by 大沼安史 at 06:55 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66161802

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波照射で脳卒中を狙う〕 ◎ 北海道の旭川市在住のMさん夫妻はともに電磁波ビームで眼球(白目)を切られた経験の持ち主だ。2人は体調管理で自宅に血圧計を置き、毎日測定し、ノートに記録してきた。そのMさんの奥さん(50歳代前半)が、なぜか急に高血圧になり、脳溢血で倒れ、手術して生還した。それと相前後して夫のMさんの血圧も急に上昇し、さらに自宅に戻った奥さんも再び最高血圧が200近くになってなお上昇が止まらない異常な状態に。: