« 〔ケムトレイル 大空の軍事シアター化を許してはならない〕◇ 「夜、(白く光るケムトレイルとは別に)黒いケムトレイルが上空に」 ―― ◎ 米国ワシントン州の女性ウォッチャーがツイッターで報告! ★ 昼間には撒けないものだから、夜に? | トップページ | 〔電磁波攻撃、許すまじ〕◇ キューバの首都ハバナの米大使館に対する電磁波攻撃 治療した医師が、被害者の脳に異常を発見 脳内の情報ハイウェーである「白質路(white matter tract )」に異常/ ティラーソン米国務長官が、「狙い撃ち( 'targeted attacks.')」であると表明 ★ 電磁波攻撃が脳の「白質路」を損傷するものであることが確認された! 日本でも集団ストーカーや工作員組織などによる電磁波攻撃が野放しにされている! 国会や報道は調査を開始するべきだ! »

2017-12-14

〔電磁波攻撃、許すまじ〕◇ ウズベキスタンの首都、タシケントの米大使館で、キューバのハバナにある米国大使館で起きたのと同じような電磁波照射被害!? 職員と妻が症状を訴え、国外へ脱出/ 米国務省は事実関係を否定/ ★ ロシアとの対立を煽る勢力の仕業の可能性が強い! キューバの米大使館では22人は聴力を失い、脳を損傷したそうだ。

Screenshot8589

Screenshot8586

Screenshot8585

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 英紙デイリーメール : American embassy workers in Uzbekistan 'come under sonic attack similar to diplomats in Cuba' say sources - but the US State Department insists there was 'NO incident' in the central Asian country
 (11月28日付け) ⇒ 
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5126383/US-embassy-workers-Uzbekistan-targeted-sonic-attack.html

Screenshot8587

          *

Screenshot8588

………………………………………………………………………………………

◎ 米CBS Uzbekistan incident raises suspicions of Russian involvement in Cuba attacks
 (同日付け)⇒ 
https://www.cbsnews.com/news/uzbekistan-incident-raises-suspicions-of-russian-involvement-in-cuba-attacks/

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 本ブログ 既報 2017-10-15〔集団ストーカーや工作員組織による電磁波照射攻撃を許してはならない!〕◇ キューバの首都・ハバナの米大使館を襲い、大使館員22人を脳損傷、聴力喪失などで苦しめた「コウロギの大群が鳴く」ような、「黒板に釘を射ち込むような」な「音波攻撃」の「サウンド」(録音)をAP通信が入手し、分析! / 少なくとも「20を超える」周波数(7000~8000kHz) をパルス化照射 / しかし、スペクトル・アナライザーがとらえられない、より恐ろしい、不可聴の「スロー・キル極低周波」攻撃などもミックスの可能性!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/khz-16a5.html

◎ 同 2017-10-01〔電磁波によるスロー・キル=人体照射を許してはならない〕◇ 「キューバの首都ハバナにあるアメリカ大使館の館員が原因不明の聴力低下や頭痛など」に苦しむ / 半数、引き揚げ ★ 1950~70年代に、モスクワの米国大使館がマイクロ波など電磁波照射を浴びて、同じことが起きた! / 米・キューバ国交回復反対勢力の仕業か? / 日本でもいま集団ストーカー組織などが各地で「敵」「危険人物」に浴びせかけている。警察はなぜ、泳がせているのか?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-0247.html

………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 10:10 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66156925

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波攻撃、許すまじ〕◇ ウズベキスタンの首都、タシケントの米大使館で、キューバのハバナにある米国大使館で起きたのと同じような電磁波照射被害!? 職員と妻が症状を訴え、国外へ脱出/ 米国務省は事実関係を否定/ ★ ロシアとの対立を煽る勢力の仕業の可能性が強い! キューバの米大使館では22人は聴力を失い、脳を損傷したそうだ。: