« 〔生きること それが闘い 冬のバラ〕◇ 集団ストーカーによる電磁波照射被害者であるAさんへのメール (再掲) | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 「民間の原子力(原発)産業なしに、国家は核の軍事力を維持できない」 ◆ 「大規模な新規原発の建設計画を持っている国は、原子力潜水艦を保有しているか、保有の方針を打ち出している国だけだ」 ―― ◎ 英紙『ガーディアン』が、英国で批判が湧き上がっている「ヒンクリーC原発」建設問題に関する詳細報道のなかで、サセックス大学のアンドリュー・スターリングさんの指摘を紹介! »

2017-12-28

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 東電柏崎刈羽原発6・7号機、「審査合格」― ◎ 英紙『ガーディアン』が「活断層」、そして「石油・天然ガス層」問題をしっかり指摘し、「第2のフクシマの恐怖( Fears of another Fukushima )」を全世界に告知報道! ◆ 東電責任者から「フクイチでは安全対策の改善を止めていた」との重大発言(証言)をも引き出す! ◇ NHKの御用報道には、「活断層」のカの字もなし!

Screenshot8835

………………………………………………………………………………………

★ 『ガーディアン』は世界の権威紙だが、あくまでも海外メディア! 

 それがNHKよりも、格段に詳しく報道とは、情けなさすぎる!

………………………………………………………………………………………

 ★ 柏崎刈羽原発の活断層について、『ガーディアン』は、「活断層2本が同原発一号機の下を走っている」(Two active faults ……run beneath reactor No. 1.)と報じている。

          *

 ★ 柏崎刈羽原発一帯が、石油・天然ガス地帯にあり、それが同原発を不安定化させていると、現地に取材に入った、同紙のジャスティン・マッカリー特派員に説明したのは、 武本和幸(原発反対刈羽村を守る会)さんだ。

 武本さんは同原発の防波堤が、大地震で液状化する証拠も示した。

 Takemoto cites instability caused by the presence of underground oil and gas deposits in the area, and evidence that the ground on which Tepco’s seawall stands is prone to liquefaction in the event of a major earthquake.

 

          *

 ★ 活断層プラス石油・天然ガス層……そこで原発を再稼働されるとは、いかにも無謀なことだが、東電広報のイシカワ・キヨト氏はマッカリー特派員に、東電はフクシマの教訓を学んでいる( ……insists Tepco has learned the lessons of Fukushima.)と主張し、こう述べたそうだ。

 「3.11前まで、われわれは傲慢で、安全対策の改善を止めていた/ あの大地震は目覚ましのコールだった。われわれは今や、安全対策の改善は持続的なプロセスだと知っている」
  “Before 3-11 we were arrogant and had stopped improving safety,” he said. “The earthquake was a wake-up call. We now know that improving safety is a continuous process.”

          *

 ★ この(上記の)イシカワ氏の言明――「3・11前まで、われわれは傲慢で、安全対策の改善を止めていた(Before 3-11 we were arrogant and had stopped improving safety)」は、大変な重要証言である。

 フクイチ核惨事をめぐる、さまざま国内外の裁判にも影響する重大な「証言」だと思う。

 マッカリー特派員はよくぞ、イシカワ氏から「自白?証言」を引き出してくれたものだ。

          *

 ★  マッカリー特派員の記事を締めくくったのは、、近藤ゆき子(刈羽村生命を守る女性の会)さんの次の一言だった。

 「東電はフクイチは完全に安全だと言い続けていました。そして、ごらんなさい。何が起きのですか」
 “They kept telling us that Fukushima Daiichi was perfectly safe – and look what happened.”

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ガーディアン : Fears of another Fukushima as Tepco plans to restart world's biggest nuclear plant

  (28日付け)⇒ https://www.theguardian.com/world/2017/dec/28/fears-of-another-fukushima-as-tepco-plans-to-restart-worlds-biggest-nuclear-plant

Screenshot8836

 

          *

 ・ For many residents, the plant’s location renders expensive safety improvements irrelevant. “Geologically speaking, this is no place for a nuclear power plant,” says Kazuyuki Takemoto, a retired local councillor and a lifelong anti-nuclear activist.

 Takemoto cites instability caused by the presence of underground oil and gas deposits in the area, and evidence that the ground on which Tepco’s seawall stands is prone to liquefaction in the event of a major earthquake.

 ・ Local critics have pointed to the chaos that could result from attempting to evacuate the 420,000 people who live within a 30km radius of Kashiwazaki-kariwa. “That’s more people than lived near Fukushima, plus we get very heavy snowfall here, which would make evacuating everyone impossible,” Takemoto adds. “The situation would be far worse than it was in Fukushima.”

 Adding to their concerns are the presence of seismic faults in and around the site, which sustained minor damage during a magnitude-6.6 offshore earthquake in 2007. Two active faults – defined by nuclear regulators as one that has moved any time within the last 400,000 years – run beneath reactor No. 1.

 ・ Kiyoto Ishikawa, from the plant’s public relations department, insists Tepco has learned the lessons of Fukushima. “Before 3-11 we were arrogant and had stopped improving safety,” he said. “The earthquake was a wake-up call. We now know that improving safety is a continuous process.”

 The firm’s assurances were dismissed by Yukiko Kondo, a Kariwa resident, who said the loss of state subsidies if the plant were to remain permanently idle was a sacrifice worth making if it meant giving local people peace of mind.

 “Tepco caused the 2011 accident, so there is no way I would ever support restarting nuclear reactors here,” she said. “They kept telling us that Fukushima Daiichi was perfectly safe – and look what happened.”

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 ◎ NHK : 柏崎刈羽原発 国の審査合格 再稼働時期は見通せず
 (27日付け)⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171227/k10011272951000.html

Screenshot8834

………………………………………………………………………………………

 ◇ 産経新聞 : 柏崎刈羽原発、正式合格 原子力規制委 福島と同型、東電で初
 (27日付け)⇒ 
http://www.sankei.com/life/news/171227/lif1712270018-n1.html

Posted by 大沼安史 at 05:22 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66209470

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 東電柏崎刈羽原発6・7号機、「審査合格」― ◎ 英紙『ガーディアン』が「活断層」、そして「石油・天然ガス層」問題をしっかり指摘し、「第2のフクシマの恐怖( Fears of another Fukushima )」を全世界に告知報道! ◆ 東電責任者から「フクイチでは安全対策の改善を止めていた」との重大発言(証言)をも引き出す! ◇ NHKの御用報道には、「活断層」のカの字もなし!: