« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に ああ宮城県が……〕◇ 宮城県の村井知事が2018年2月上旬以降、準備が整った地域から順次「試験焼却」(汚染廃棄物を1日最大で1トン、一般のごみに混ぜて燃やす)の方針を示し、汚染廃棄物を焼却処理する方針を示している宮城県の石巻、大崎、黒川、仙南地域の代表の市長や町長が合意! ★ 「フクイチ死の灰の再プルーム化による再汚染」は取り返しがつかない!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 新潟県と東電によるフクイチ事故検証合同委で、清水正孝社長(当時)が「炉心溶融」との表現を使わないよう社内に指示していたことが明らかになったが、「3・11」当日、「午後9時51分」記入の現場「ホワイトボード」には、「社長指示」の4文字が赤文字でしっかり明記されていた。ところが、これを書き写した東電公表の「運転日誌」からは、なぜかこの「社長指示」が完全蒸発! ―― ◎ フクイチ画像解析の第一人者で国際特許保有者でもある岩田清さん(名古屋在住)が指摘! »

2017-12-30

〔詩織さん事件 遂に『ニューヨーク・タイムズ』が国際社会に周知報道〕◎ 「日本で最も知られたテレビ・ジャーナリストの一人がシオリ・イトーをドリンクに招待したのは、春の金曜の夜のことだった」―― ◇ 相手は、「当時、TBSのワシントン支局長で、安倍晋三首相の伝記を書いた男」と実名つきで人物紹介報道! ◆「警察はホテルの監視カメラ映像を入手し、彼女が意識不明だったことを証言したタクシードライバーから聴取して、これからミスター・ヤマグチを逮捕すると言っていたにもかかわらず、突然、手を引」いた経過も

 ★ 東京・恵比寿のすし店の名前(英語表記)や、高級ホテルの名前なども、しっかり報道!

………………………………………………………………………………………

  ★ 山口氏、タイムズの取材に応じ、「これまで不法はことはしていない。性的な暴力(sexual assault)はなかった。あの夜、何の犯罪行為もなかった」と潔癖を主張!

          *

 ★ 日本の御用マスコミがこぞって「見ざる・言わざる・聞かざる」状態のなか、タクシードライバー氏の証言や、ニューヨーク・タイムズ紙の日系女性東京支局長、モトコ・リッチさんが、ホテル監視カメラ映像画像なども精査して、安倍政権が吹きまくる「女性が輝く国」の闇を暴き、事件全容と背景を詳細に伝える!

………………………………………………………………………………………

Screenshot8849

 

……………………………………………………………………………………

Screenshot8851

Screenshot8852

Screenshot8847

Screenshot8848

………………………………………………………………………………………

 ★ ニューヨーク・タイムズは、かなり徹底的な調査報道を行なったようだ。

 たとえば、タクシードライバー氏の、インタビューに対する証言。

  ・ ホテルに着いたとき、彼女は後部座席で吐いており、5分間ほど、言葉を言えない状態だった。

  ・ 男(山口氏)は彼女をドアのほうに押し出そうとしたが、動かなかった。それで男が最初にタクシーを降り、自分のバッグを地面に置き、彼女の腕を肩にかけ、彼女を降ろそうとした。彼女は自分では歩けないように見えた。

          *

 ★ ニューヨーク・タイムズの取材者は、ホテルの監視カメラの画像をその目で確認してもいる。

 山口氏が詩織さんを支えながら、ホテルのロビーを通過する場面を捉えた画像で、午後11時20分ごろのことだった。

          *

 ★ タイムズの記事は、 慶大生6人集団強姦容疑事件の不起訴など、ほかの事例も、併せて報道している! 

          * 

Screenshot8850
〔★は大沼〕 ◎ ニューヨーク・タイムズ : She Broke Japan’s Silence on Rape(「彼女〔詩織さん〕は、日本のレイプに対する沈黙を打ち破った!」)/ モトコ・リッチ東京支局長
 (29日付け)⇒ https://www.nytimes.com/2017/12/29/world/asia/japan-rape.html?_r=0

          *

 ・ Then Ms. Ito decided to do something women in Japan almost never do: She spoke out.

 ・ In a news conference in May and a book published in October, she said the police had obtained hotel security camera footage that appeared to show Mr. Yamaguchi propping her up, unconscious, as they walked through the hotel lobby. The police also located and interviewed their taxi driver, who confirmed that she had passed out. Investigators told her they were going to arrest Mr. Yamaguchi, she said — but then suddenly backed off.

 ・ Last month, prosecutors in Yokohama dropped a case against six university students accused of sexually assaulting another student after forcing her to drink alcohol.

 ・ Ms. Ito had met Mr. Yamaguchi twice while studying journalism in New York before their encounter on April 3, 2015.

 ・ The driver said Ms. Ito was conscious at first and asked to be taken to a subway station, according to a transcript of an interview with the driver. Mr. Yamaguchi, however, instructed him to take them to his hotel.

 The driver recalled Mr. Yamaguchi saying that they had more work to discuss. He also said Mr. Yamaguchi might have said something like, “I won’t do anything.”

 When they pulled up to the hotel, the driver said, Ms. Ito had “gone silent” for about five minutes and he discovered that she had vomited in the back seat.

 “The man tried to move her over toward the door, but she did not move,” the driver said, according to the transcript. “So he got off first and put his bags on the ground, and he slid his shoulder under her arm and tried to pull her out of the car. It looked to me like she was unable to walk on her own.”

 ・ Ms. Ito also appears incapacitated in hotel security camera footage obtained by the police. In pictures from the footage seen by The New York Times, Mr. Yamaguchi is propping her up as they move through the lobby around 11:20 p.m.

 ・ When she contacted him again in Tokyo, he suggested that he might be able to help her find a job in his bureau, she said. He invited her for drinks and then dinner at Kiichi, a sushi restaurant in the trendy Ebisu neighborhood.

 To her surprise, they dined alone, following beer with sake. At some point, she felt dizzy, went to the bathroom, laid her head on the toilet tank and blacked out, she said.

Posted by 大沼安史 at 12:38 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66219031

この記事へのトラックバック一覧です: 〔詩織さん事件 遂に『ニューヨーク・タイムズ』が国際社会に周知報道〕◎ 「日本で最も知られたテレビ・ジャーナリストの一人がシオリ・イトーをドリンクに招待したのは、春の金曜の夜のことだった」―― ◇ 相手は、「当時、TBSのワシントン支局長で、安倍晋三首相の伝記を書いた男」と実名つきで人物紹介報道! ◆「警察はホテルの監視カメラ映像を入手し、彼女が意識不明だったことを証言したタクシードライバーから聴取して、これからミスター・ヤマグチを逮捕すると言っていたにもかかわらず、突然、手を引」いた経過も: