« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 新潟県と東電によるフクイチ事故検証合同委で、清水正孝社長(当時)が「炉心溶融」との表現を使わないよう社内に指示していたことが明らかになったが、「3・11」当日、「午後9時51分」記入の現場「ホワイトボード」には、「社長指示」の4文字が赤文字でしっかり明記されていた。ところが、これを書き写した東電公表の「運転日誌」からは、なぜかこの「社長指示」が完全蒸発! ―― ◎ フクイチ画像解析の第一人者で国際特許保有者でもある岩田清さん(名古屋在住)が指摘! | トップページ | 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕◇ 今夜(30日夜)午後8時すぎ、自宅上空で航空機の爆音 / さっそく出て見ると、空に十字のケムトレイルが2本 / そのうちの1本が月光を浴びて光っているので、すかさず写真撮影……辛うじて成功! »

2017-12-30

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)歳末アピール〕◇ このところ、顔面……とくに眼に対する、ビームのような直線的な攻撃が激化しています。室内でも、やられています。スイス在住のキャサリン・ホートン博士ら欧米の被害者のいうDEW(指向性エネルギー兵器)による攻撃でしょうか? 

Screenshot8713

Screenshot8712

………………………………………………………………………………………

 ★ 上記写真は近隣の「空き家」の外壁の向こう側(内側)の光源(照射源?)です。

 肉眼では見えません。ただの外壁です。

 この光源からの延長線上に、わたしたちの家があります。

 至近距離です。

………………………………………………………………………………………

 工作員組織とみられる集団に追われ、もう5年近くになる避難生活のなかでも、最悪の年越しになりそうです。政治情勢が変わり、犯行グループが摘発されることを期待します。

 わたしたち(2人)のうちのどちらかが(被害として、わかりやすい)「眼球切断」被害を受けたら、証拠写真、診断書を添えて、ただちに被疑者不明のまま警察に被害届を出します。

 関係する証拠、捜査情報も添えるつもりです。

          *

 北海道・旭川市で、なんども眼球を切断されているMさん(奥さんは最近、一時失明。手術で人工レンズを埋め込み)によると、眼球切断の前に、室内空間で、火の粉のような、瞬間的な発光現象が起きるそうだ。

 拙宅でも、実はそういう状況が断続的に起きています。

 

          *

 キャサリン博士もがんばっています。応援を!

Screenshot8858

    ⇒ https://twitter.com/Stop007org?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fstop007.org%2Fhome%2Flife-sign-monitor%2F

Posted by 大沼安史 at 06:43 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66220555

この記事へのトラックバック一覧です: 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)歳末アピール〕◇ このところ、顔面……とくに眼に対する、ビームのような直線的な攻撃が激化しています。室内でも、やられています。スイス在住のキャサリン・ホートン博士ら欧米の被害者のいうDEW(指向性エネルギー兵器)による攻撃でしょうか? :