« 〔英紙ガーディアン〕◇ 中国が北朝鮮国境に、少なくとも5つの難民収容所を建設中 / 北朝鮮の体制崩壊に備え ★ 情勢はいよいよ煮詰まって来たようだ。日本も人道的な立場から、北朝鮮から脱出してくる収容施設の建設を始めるべきではないのか? | トップページ | 〔ケムトレイル 大空の軍事シアター化を許してはならない〕◇ 「夜、(白く光るケムトレイルとは別に)黒いケムトレイルが上空に」 ―― ◎ 米国ワシントン州の女性ウォッチャーがツイッターで報告! ★ 昼間には撒けないものだから、夜に? »

2017-12-14

〔キャサリン・ホートン博士(粒子物理学者、スイス在住)が国際社会に救援と連帯をアピール〕◇ (DEW〔電磁波指向性エネルギー兵器〕による照射だけでなく)なんと、首筋に「毒ダート(POISON DARTS 複数)を撃ち込まれる! ★ 欧州の諜報コミュンティーは彼女の「口封じ」に躍起になっているようだ。

Screenshot8577_2

Screenshot8576

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 13日のツイート ⇒ https://twitter.com/Stop007org/status/940959103152787456

………………………………………………………………………………………

 ★ キャサリンさんは、もうひとつの最新ツイートで、ドイツの国内諜報機関である「連邦憲法保護局」が、DEWを搭載した車で電磁波銃攻撃を続けている、と告発している。
 電磁波ビーム照射攻撃は世界的に、テロ対策に名をかりた国内治安対策の「定番」になりつつあるようだ。
 日本の場合は、どうか?

 ⇒ https://twitter.com/Stop007org/status/940960331593117696

Screenshot8578

Posted by 大沼安史 at 01:32 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔キャサリン・ホートン博士(粒子物理学者、スイス在住)が国際社会に救援と連帯をアピール〕◇ (DEW〔電磁波指向性エネルギー兵器〕による照射だけでなく)なんと、首筋に「毒ダート(POISON DARTS 複数)を撃ち込まれる! ★ 欧州の諜報コミュンティーは彼女の「口封じ」に躍起になっているようだ。: