« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 「日本は京都に近い大飯にある原発2機の再稼働を容認!」◆ 大飯原発3・4号機 再稼働へ―― ドイツの国際放送『DW(ドイツの波)』が、英文で国際社会に告知報道 ★ 京都(キョート)近くで原発再稼働?! 脱原発を決めたドイツの驚きが伝わってくる報道ぶりだ! | トップページ | 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ アガンベンの『アウシュヴィッツの残りのもの』を読み始めた。そこに、こうあった。『人間という種に帰属しているという究極の感覚とは何だろう?』。神戸の高2女子が自殺を企てる前に撮影した写真を見ながら、アウシュビィッツで問われたその帰属感さえ、いまの日本社会からは、なくなりつつある(どんどん、なくなってしまっている)のではないか、と思った。 »

2017-11-30

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕【安倍政権、東電がもくろむ「フクイチ・放射能汚染水100万トン」、太平洋廃棄問題・関連】◇ 海の恵みを育てる「海洋・植物プランクトン」はプルトニウム、アメリシウム、カリフォニウムを、あらゆる種類で「急速に吸収・濃縮する( rapidly concentrated by all species)」!―― ◎ モナコ海洋研のチームが1983年の時点ですでに、国際学術誌に発表し警告!

Screenshot8345

………………………………………………………………………………………

 ★ ということは、プランクトンを捕食して「フクイチ・プルトニウム汚染魚」も、大量出現する、わけか! おそろしいことだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ JSTOR : Interactions of Marine Plankton with Transuranic Elements. 1. Biokinetics of Neptunium, Plutonium, Americium, and Californium in Phytoplankton
 ⇒ http://www.jstor.org/stable/2835825

………………………………………………………………………………………

Screenshot8344

Posted by 大沼安史 at 11:00 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66104444

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕【安倍政権、東電がもくろむ「フクイチ・放射能汚染水100万トン」、太平洋廃棄問題・関連】◇ 海の恵みを育てる「海洋・植物プランクトン」はプルトニウム、アメリシウム、カリフォニウムを、あらゆる種類で「急速に吸収・濃縮する( rapidly concentrated by all species)」!―― ◎ モナコ海洋研のチームが1983年の時点ですでに、国際学術誌に発表し警告!: