« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 「100万トンの放射能水がタンクに貯蔵」―― 次に大地震が直撃すれば、漏水の恐れ! ◎ AP通信のマリ・ヤマグチ記者がフクイチ現場を取材して、国際社会に告知報道! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 25日午前8時40分すぎ、「3号機」に「赤い直方体」を搬入? ―― 米国のウォッチャーが、東電ライブカメラ映像をスクショ確認 ★ 何を運びこもうとしているのだろう? まさか、あのキノコ雲大爆発でも“無傷”だった「核燃プール」への「ダミー核燃料棒」ではあるまいな!? ★ 報道陣は確認を! »

2017-11-26

〔電磁波拷問・マインドコントロールを許してはならない〕◇ 電磁波を使った「脳内(直接)送・受信」と「音声AIアシスタント」を組み合わせて悪用すれば、ターゲット(たとえば社会活動家、批判分子ら権力支配に邪魔な人びと)を「対話型支配コミュニケーション」で「罵詈雑言・誘導・脅迫・無限地獄」にさらし、無力化し続けることができるのではないか? ★ 日本でも社会問題化している「脳内送信」では「AI」が悪用されているとの指摘がある。「音声AIアシスタント」の存在を知って、その指摘のリアルさを納得した!

Screenshot8273

………………………………………………………………………………………

 ★ 宗教カルトなど電磁波照射犯行グループの隠語に「オレゴン」というのがある(らしい)。

 これはもしかしたら、AI(人工知能)との「対話」のなかで、自分(オレ)が勝手に地獄に落ちて、苦しみ続ける、ということなのかも知れない。

          *

〔★は大沼〕 ◎ GIZMODO 本当にあったスマートスピーカーの怖い話まとめ
  (24日付け)⇒ https://www.gizmodo.jp/2017/11/smartspeaker-scary-story.html

Posted by 大沼安史 at 05:42 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66089393

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波拷問・マインドコントロールを許してはならない〕◇ 電磁波を使った「脳内(直接)送・受信」と「音声AIアシスタント」を組み合わせて悪用すれば、ターゲット(たとえば社会活動家、批判分子ら権力支配に邪魔な人びと)を「対話型支配コミュニケーション」で「罵詈雑言・誘導・脅迫・無限地獄」にさらし、無力化し続けることができるのではないか? ★ 日本でも社会問題化している「脳内送信」では「AI」が悪用されているとの指摘がある。「音声AIアシスタント」の存在を知って、その指摘のリアルさを納得した!: