« 〔世界を建て直し〕◇ 朴槿恵前政権時代の、韓国情報機関「国家情報院(国情院)」が多額の裏金を大統領府に上納していた疑惑で、元国情院長(日本大使)を聴取 / ソウル中央地検 ★ 韓国の諜報機関と政権中枢の腐敗・癒着に捜査のメスが入った! 日本の場合はどうなっているのだろう? | トップページ | 〔(おくればせながら)追悼 NHK解説委員 早川信夫さん 急逝 63歳 〕◇ 8月28日、NHKのニュース解説番組、『時論公論』で「獣医学部新設 判断保留の先は」と題し、いつものバランスのとれた(つまり、安倍政権側にとって耳の痛い)解説を行なった翌日に、突然、死去! ★ 知らなかった! なんということだ! »

2017-11-13

〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ④ 〕◇ 年金支給削減、医療費削減狙いで、引退した老人が最大の電磁波殺人攻撃のターゲットになっている!  ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ◆ カリフォルニアのバークリーでは、中国でスカウトされ、米国で訓練されたゲイの中国人たちが電磁波テクノロジーを使った集団(ギャング)ストーカー攻撃に動員されている。/ 老人の足や膝も狙い撃ち! 

 ★ 日本では生命保険金狙いの電磁波攻撃(脳卒中など)が横行しているような気がする。

………………………………………………………………………………………

Screenshot8082_2

Screenshot8078_2

………………………………………………………………………………………  

〔★は大沼〕  ◎ ⇒ http://leurenmoret.info/currents/rfde--haarp--nlp-.html

 ・   - Assassinations: University of Calif. Berkeley EMF targeting home owners w choice locations - causing deaths or driving them from homes

  - Retired population most attacked for death to get them off pensions and benefits - medical, since they do not join Obama's health care plan  (older people now being targeted on legs and knees - too many walking with canes in last 6 months)

          *

 ・ - UC Berkeley recruiting gays in China to bring to US to train as gangstalkers/hackers etc. - using EMF technologies.

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 2017-11-12〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ③ 〕◇ カリフォルニア州立大学バークリー校のある大学町、バークリーでのターゲットに対する電磁波アタックは、「警察がコーディネート」 / スマートメーター・位相配列アンテナ・携帯電話・街灯を統合した照射システム/ 街路や歩道で車に対する追尾照射も ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-422e.html

          *

◎ 2017-11-12〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない /「スマートメーターで民間ターゲットを攻撃 ② 〕◇ 米国土安全省、FEMA(緊急事態管理庁)などが「スマートメーター」を使って入手したターゲット情報、カメルーン上空の「インママルサット」衛星に蓄積・管理 ―― ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ★ 収集情報には盗聴・盗撮情報に加え、ターゲット個人の「パーソナル脳波」も含まれているような気がする。モレット女史の警告はSFではない! ★ 「地球まるごと・全人類コントロール」の時代が忍び寄っている。 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-e151.html

          *

◎ 2017-10-27〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない〕◇ 「インマルサット」人工衛星システム(本部=ロンドン)とリンクした「スマートメーター」を使って電磁波マインド・コントロール! 大学町の米カリフォルニア州バークリーでは、小形高性能トランスを使って、拠点住宅から(セル・ハウス)からEMF(極低周波)をターゲットの住民、学生に照射 / スマートメーターも悪用した、ギャング・ストーキング(集団ストーキング)も行なわれている!―― ◎ 米国のローレン・モレット女史が警告!
 ★ スマートメーター、電柱のトランスによる電磁波照射拷問は、日本でもひそかに行なわれているような気がする。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-f727.html

Posted by 大沼安史 at 02:57 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66038725

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ④ 〕◇ 年金支給削減、医療費削減狙いで、引退した老人が最大の電磁波殺人攻撃のターゲットになっている!  ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ◆ カリフォルニアのバークリーでは、中国でスカウトされ、米国で訓練されたゲイの中国人たちが電磁波テクノロジーを使った集団(ギャング)ストーカー攻撃に動員されている。/ 老人の足や膝も狙い撃ち! :