« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕【安倍政権、東電がもくろむ「フクイチ・放射能汚染水100万トン」、太平洋廃棄問題・関連】◇ 海の恵みを育てる「海洋・植物プランクトン」はプルトニウム、アメリシウム、カリフォニウムを、あらゆる種類で「急速に吸収・濃縮する( rapidly concentrated by all species)」!―― ◎ モナコ海洋研のチームが1983年の時点ですでに、国際学術誌に発表し警告! | トップページ | 〔世界は(それでも)素晴らしい〕◇ 畏友・小笠原信之のノンフィクション、『チンチン電車と女学生』が音楽劇で東京公演 / 12月2日/3日 東京芸術劇場プレイハウス ★ ことしのノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に! ヒロシマの少女たちの祈りの歌が受賞に花を添える! ★ 安倍政権は恥を知らねばならない! »

2017-11-30

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ アガンベンの『アウシュヴィッツの残りのもの』を読み始めた。そこに、こうあった。『人間という種に帰属しているという究極の感覚とは何だろう?』。神戸の高2女子が自殺を企てる前に撮影した写真を見ながら、アウシュビィッツで問われたその帰属感さえ、いまの日本社会からは、なくなりつつある(どんどん、なくなってしまっている)のではないか、と思った。

Screenshot8346

………………………………………………………………………………………

 ◎ ハフポ : 神戸高2自殺未遂、机に大量紙切れ/ 女子生徒は「さっさとやめろや、ブス」などと悪口を言われたりするいじめを受けた。
 (27日付け)⇒ http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/26/ijime_a_23288649/?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

          *

 ◎ 『アウシュヴィッツの残りのもの』日本語版(月曜社) ⇒ http://getsuyosha.jp/kikan/auschwitz.html

Screenshot8347

Posted by 大沼安史 at 11:55 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66104603

この記事へのトラックバック一覧です: 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ アガンベンの『アウシュヴィッツの残りのもの』を読み始めた。そこに、こうあった。『人間という種に帰属しているという究極の感覚とは何だろう?』。神戸の高2女子が自殺を企てる前に撮影した写真を見ながら、アウシュビィッツで問われたその帰属感さえ、いまの日本社会からは、なくなりつつある(どんどん、なくなってしまっている)のではないか、と思った。: