« 〔世界、建て直し〕【毎日新聞】◇ 韓国の李明博、朴槿恵両政権で国防相を務めた金寛鎮(キムグァンジン)氏(68)を、「軍のサイバー司令部を動員して不正に世論操作」したなどとして軍刑法上の政治活動関与禁止違反などの疑いで逮捕! / ソウル中央地検  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ キロ8000ベクレル超の放射能汚染土さえも受け入れる「中間貯蔵施設」のうち、大熊町に先行整備した施設で「本格稼働」開始! ―― ◎ 米国のエンジニアらによる市民団体、《SimplyInfo.org》が「中間貯蔵施設は河岸にある! これでは放射能の河川流出は避けられない」(川を通じて太平洋も汚染される)と国際社会に警告! ◇ 日本の環境省――「除染土壌等を通過して浸出する水」は「適切に処理した後、放流。放流先は夫沢川と細谷川」と表明 »

2017-11-12

〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ③ 〕◇ カリフォルニア州立大学バークリー校のある大学町、バークリーでのターゲットに対する電磁波アタックは、「警察がコーディネート」 / スマートメーター・位相配列アンテナ・携帯電話・街灯を統合した照射システム/ 街路や歩道で車に対する追尾照射も ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告

Screenshot8077

Screenshot8078

………………………………………………………………………………………

 Biological attacks on targeted individuals are now being transmitted from integrated smartmeter/antennas/cellphone/streetlamp/University of Calif. campuses and coordinated by police departments

  *EMF frequencies transmitted along sidewalks, streets to track cars, NWO street lamps w phased array antennas, cellphones, and smart meters.

          *

 ★ 米国では9・11以降、警察の「軍化」が一気に進み、警察活動に電磁波兵器システムが悪用されているようだ。

 日本でも同じようなことが起きていないとよいのだが!
  

〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://leurenmoret.info/currents/rfde--haarp--nlp-.html

          *

 ★ 「街灯」も電磁波照射攻撃に使われている?

 そういえば、昨年春、甲賀の里に引っ越してきて間もなく、拙宅方面を照らす街灯が、やたらまばゆいものに新調された!

 それも、私たちに対する24/7の執拗な照射攻撃のデバイスのひとつなのかもしれない。

 ついでにひとつ報告――。

 2階ベランダにスズメの餌台を設けている。最近、ようやく姿を見せるようになったが、「集団失踪」前のように、餌台のところにとどまらず、ついばんだらすぐ飛び去っていく。

 そこでウンチもしない。以前はベランダの糞掃除がけっこう大変だったが、いまは掃除しないですんでいる。

 電磁波ではなく、X線・中性子線が、我が家の北西サイドから照射されているような気がする。

 だからスズメたちは餌台にとどまらず、すこし離れた庭木の枝へ飛んでいく。

 弱音を吐きたくはないのだが、それにしても最近の照射の激化は異常すぎる。

 まるで、あのハバナの米大使館状態! (⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-0247.html

 1階台所、浴室浴槽部分はもちろん、2階にも長い間はいられない。

 シャシャシャーという音のあと、からだが熱いような冷たいような、気持ち悪い感がどっと強まる。

 皮膚にやけどのようなものができる!

 甲賀の里もまたバークリー並みのおそろしい対国民テロ攻撃の戦場に成り果ててしまったのか?

 

Posted by 大沼安史 at 05:00 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66034784

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ③ 〕◇ カリフォルニア州立大学バークリー校のある大学町、バークリーでのターゲットに対する電磁波アタックは、「警察がコーディネート」 / スマートメーター・位相配列アンテナ・携帯電話・街灯を統合した照射システム/ 街路や歩道で車に対する追尾照射も ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告: