« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕【エネニュース】◇ 2011年のあの頃、「フクイチ」発の濃厚なプルーム」が「楽園の島」を直撃! / これまで考えられていたものの最大200倍ものフクイチ・死の灰(降下物)が襲う / 平方メートルあたり、最大200ベクレル / 低めの見積もりでもハワイ島で1兆5000億ベクレルの放射性セシウムが降下 / ハワイの春雨で汚染 ―― ◎ ハワイ大学マノア校の研究チームが突き止め、学術誌で発表 ★ いずれ東電に対し除染・賠償要求が出るのではないか? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ カバーを撤去して剥き出しになっていた1号機建屋上部の鉄骨最下層、北側、陸側にパネルが設置される! / 東電ライブカメラ(1号機側)で確認! ◆ 今月1日未明、1号機建屋の上に「かなり大きな「(上部が赤紫の)青い閃光」が出現したときは、まだパネルが設置されていなかった! ◇ 海外ウォッチャーによる12日午後11時22分時点のスクショではすでに設置済み! このとき、海外ウォッチャーは1号機建屋上部の内部(北側部分)で黄色の発光を確認・スクショ!  »

2017-11-14

〔〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ⑤ 〕◇ バークリー在住の内部告発者、ローレン・モレット女史(地球科学者)自身も攻撃を受ける! /電磁波で顔を切られ、火傷も。鼻の下に傷。髪も切られ、足の爪が変形。皮膚に茶色のスポット! マイクロ波で皮膚を凍結(回復に半年)―― ★ 日本で報告されている被害事例と同じことをされている! 「口封じ」のための電磁波攻撃であることは間違いなかろう。。

 ★ 明日はわが身、である。

 日本の国会は国内での実態調査を開始し、犯行グループを摘発してほしい。

………………………………………………………………………………………

Screenshot8096

Screenshot8078

………………………………………………………………………………………

 ★ 女史の前夫(?)のラリーさんは、かかとをやられたそうだ。

 女史は「顔を切られた(face slashed)」といっているが、北海道・旭川市在住のMさん夫妻の場合は、それぞれ眼球(白目部分)をカットされている。

 マイクロ波パルスのビーム(DEW)を思われる。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ ⇒ http://leurenmoret.info/currents/rfde--haarp--nlp-.html

 

          *

 Ex. Larry's ankles, Leuren's face slashed and microwave burn and scar under nostril, cut off Leuren's hair, deformed toenails, brown spots on skin caused by infrared targeting, microwave freeze drying of skin - 6 months to heal.

          *

 ◎ 関連 : 2017-11-13〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ④ 〕◇ 年金支給削減、医療費削減狙いで、引退した老人が最大の電磁波殺人攻撃のターゲットになっている!  ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ◆ カリフォルニアのバークリーでは、中国でスカウトされ、米国で訓練されたゲイの中国人たちが電磁波テクノロジーを使った集団(ギャング)ストーカー攻撃に動員されている。/ 老人の足や膝も狙い撃ち! ★ 日本では生命保険金狙いの電磁波攻撃(脳卒中など)が横行しているような気がする。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-8872.html

          *

◎ 2017-11-12〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ③ 〕◇ カリフォルニア州立大学バークリー校のある大学町、バークリーでのターゲットに対する電磁波アタックは、「警察がコーディネート」 / スマートメーター・位相配列アンテナ・携帯電話・街灯を統合した照射システム/ 街路や歩道で車に対する追尾照射も ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-422e.html

          *

◎ 2017-11-12〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない /「スマートメーターで民間ターゲットを攻撃 ② 〕◇ 米国土安全省、FEMA(緊急事態管理庁)などが「スマートメーター」を使って入手したターゲット情報、カメルーン上空の「インママルサット」衛星に蓄積・管理 ―― ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ★ 収集情報には盗聴・盗撮情報に加え、ターゲット個人の「パーソナル脳波」も含まれているような気がする。モレット女史の警告はSFではない! ★ 「地球まるごと・全人類コントロール」の時代が忍び寄っている。 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-e151.html

          *

◎ 2017-10-27〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない〕◇ 「インマルサット」人工衛星システム(本部=ロンドン)とリンクした「スマートメーター」を使って電磁波マインド・コントロール! 大学町の米カリフォルニア州バークリーでは、小形高性能トランスを使って、拠点住宅から(セル・ハウス)からEMF(極低周波)をターゲットの住民、学生に照射 / スマートメーターも悪用した、ギャング・ストーキング(集団ストーキング)も行なわれている!―― ◎ 米国のローレン・モレット女史が警告!
 ★ スマートメーター、電柱のトランスによる電磁波照射拷問は、日本でもひそかに行なわれているような気がする。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-f727.html

Posted by 大沼安史 at 12:10 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66042265

この記事へのトラックバック一覧です: 〔〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ⑤ 〕◇ バークリー在住の内部告発者、ローレン・モレット女史(地球科学者)自身も攻撃を受ける! /電磁波で顔を切られ、火傷も。鼻の下に傷。髪も切られ、足の爪が変形。皮膚に茶色のスポット! マイクロ波で皮膚を凍結(回復に半年)―― ★ 日本で報告されている被害事例と同じことをされている! 「口封じ」のための電磁波攻撃であることは間違いなかろう。。: