« 〔ポチ・ホールイン・ワン!〕◇ 英紙「メール」も、ロール・イン・ワン(一発転落)と皮肉な報道 ◆ 「決定的な瞬間」を分解ショットで激写! ★ グリーンまで駆け上がったところで、「見えない手」で後ろから引っ張られたようにも見えるが……? | トップページ | 〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない /「スマートメーターで民間ターゲットを攻撃 ② 〕◇ 米国土安全省、FEMA(緊急事態管理庁)などが「スマートメーター」を使って入手したターゲット情報、カメルーン上空の「インママルサット」衛星に蓄積・管理 ―― ◎ 米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が告発・警告 ★ 収集情報には盗聴・盗撮情報に加え、ターゲット個人の「パーソナル脳波」も含まれているような気がする。モレット女史の警告はSFではない!  »

2017-11-11

〔空から歌が聴こえる〕 ♪ NOTHING LEFT BEHIND

 ◎ ユーチューブ(歌詞つき) ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=GyV0K5mVh9U

………………………………………………………………………………………

Screenshot8042

………………………………………………………………………………………

Screenshot8041

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ イギリスのシンガーソングライター、クリス・レア(Chris Rea)さん(65歳)のこの歌を、たったいま、BBCスコットランドのネットラジオで聴いて、また「馬面に涙」だ!

 この歌は、希望の歌だと思ったら、泣けた!

  I'm going way past tomorrow/ Way past yesterday/ Away from all my sorrows……

          *

 9人殺しの若者たちを生んだ、この国の無惨。

 何もかもがダメにされ、ダメになってしまったこの国の今。

 総理大臣が率先して全政治責任を引き受け、謝罪と建て直しを表明しなければならないのに、ゴルフ場でずっこけているありさま。

 この国の公教育を建て直さなければならない文部科学大臣が、気もそぞろに、疑惑の獣医学部認可を「表明」して恥じない、みじめ過ぎる、美しい国。

 Going so far ahead/ 'Til there's nothing left behind

 しかし、だからこそ、わたしたちは、「我よし」の残滓はすべて過去に投げ捨て、再出発を図らなければならない。

          *

 Gonna drive through this dark night/ 'Til tomorrow becomes today/ 'Til the mirrors got the sunrise/ 'Til the blue sky kills the grey/ 'Til there's nothing left behind

 中学校の英語の教師は、この歌を教室で、生徒たちといっしょに歌え!

 そうすれば、自殺願望に陥る女の子たちも、たぶん、いなくなるはずだ!

Posted by 大沼安史 at 11:50 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66029607

この記事へのトラックバック一覧です: 〔空から歌が聴こえる〕 ♪ NOTHING LEFT BEHIND: