« 〔ケムトレイル・HAARPによる気象操作・マインドコントロールを許し続けてはならない〕◇ 米海軍機が米国ワシントン州オカナガン郡上空で、エアロゾルを噴霧し、大空に、巨大な「ペニス」をお絵描き ―― ◎ 地元テレビ局などが映像を入手し、報道! ツイッターでも激写写真が拡散 同州のウィドベイ島海軍航空基地当局が事実関係を認めて謝罪! ★ ついにボロを出した! 米国でのケムトレイルへの米軍の関与が確定した! そうすると、日本のケムトレイルで、自衛隊が関与の可能性が出て来る。国会は調査のメスを入れてほしい! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 昨日の夜明け――21日午前6時12分27秒(日の出5分前)に、海外ウォッチャーが、東電ライブカメラ(1号機側)映像の画面左側、1号機の向こう側の大型クレーンの左横の空間に、突然、「黒いもの」が出現し、それがゆっくり「降下」し始め、1分半後、6時13分53秒に消えるのをスクショ確認し、ウォッチャーらによる「フォーラム」に通報! ◆ 目撃ウォッチャー、「軍の航空機かも知れない」と。しかし、「雲ではないか」との指摘もあり、「フォーラム」内部でスクショ・ビデオを精査中! »

2017-11-21

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕★ それは世界最大の原発基地を直撃する内陸直下型地震だった! ―― ◇ 2007年7月16日に「東電柏崎・刈羽原発」を襲った大地震の震源は「気象庁発表」のように「新潟県中越沖」(新潟市の南西約60km、震源の深さ17キロ=佐渡海峡海底)ではなく、柏崎・刈羽原発至近の内陸直下。★ 国際特許保有者の岩田清さんが航空写真を画像解析し、「ほんとうの震源」をピンポイントで特定!

Screenshot8212

          *

Screenshot8213

          *

Screenshot8214

 ………………………………………………………………………………………

★ 当時の安倍政権は「柏崎・刈羽」を矮小化して済まそうとしたような気がする。

 だから「新潟県中越沖地震」などというネーミングを考えたのだ。

 なぜ、矮小化したのか?

 それは、岩田さんが突き止めたように、「定期点検中」であるはずの1号機建屋のそこかしこから煙噴出している事実――フクイチ4号機と同じように「内職」が行なわれていたことを隠蔽するためだったようだ。

 「柏崎・刈羽核惨事」の徹底した真相究明が求められる!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さんの連続ツイート報告

 ① ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/932623617937911808

 ② ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/932619081726836736

 ③ ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/931915081880764416

 ④ ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/931535594835996673

 ⑤ ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/931532633443483654

          *

【「東電柏崎・刈羽原発・核事故の真相 ―― 岩田清さんの追究・解明を報じた本ブログ既報記事の主なもの】

 ◎ 2017-10-30〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕★ 2007年7月16日に「東電柏崎・刈羽原発」を襲った「新潟県中越沖地震」の震源は、「中越沖」(新潟市の南西約60km、震源の深さ17キロ=佐渡海峡海底)ではなく、実は同原発を貫く「真殿坂断層」の疑いが浮上! ―― ◎ 国際特許保有者の岩田清さんが、国土地理院が当時、行なった「緊急撮影」記録を発掘!★ とすると、柏崎・刈羽原発は直下型活断層地震の直撃に遭い、激しく突き上げられ、揺さぶられたことに。地震名に「中越沖」と「沖」の字を入れたのは、隠蔽スピン工作か?!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/km-ca38.html

Screenshot7911

Screenshot7912

          *

 ◎ 同 2017-10-21〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に ―― 2007年7月16日の「新潟県中越沖地震」に伴う「東電柏崎・刈羽原発」事故の真相が今、明らかに! 変圧器・油漏れ火災の目くらましに騙されてはならない!〕◇ 2号機と3号機の「ブローアウトパネル」が爆発で開いているのを、国際特許保有者の岩田清さんが画像解析で確認! / 岩田さんは先に、「定期点検中」であるはずの1号機建屋のそこかしこから煙(3号機でも建屋の外のトランス油漏れ火災とは別に、原子炉とタービン建屋から煙)が噴出していることも画像解析で突き止めている!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-368f.html

Screenshot7764

          *

 ◎ 同 2017-10-16〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 2007年7月16日の「新潟県中越沖地震」で、東電柏崎・刈羽原発 ……「定期点検中」であるはずの1号機建屋のそこかしこから煙噴出(3号機でも建屋の外のトランス油漏れ火災とは別に、原子炉とタービン建屋から煙)―― ◎ 国際特許保有者の岩田清さんが画像解析で指摘! ★ 定期点検中の「フクイチ4号機」同様、柏崎1号機でも秘密の作業が行なわれていた! 真相の究明が待たれる!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/10/post-f5ed.html

Posted by 大沼安史 at 11:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕★ それは世界最大の原発基地を直撃する内陸直下型地震だった! ―― ◇ 2007年7月16日に「東電柏崎・刈羽原発」を襲った大地震の震源は「気象庁発表」のように「新潟県中越沖」(新潟市の南西約60km、震源の深さ17キロ=佐渡海峡海底)ではなく、柏崎・刈羽原発至近の内陸直下。★ 国際特許保有者の岩田清さんが航空写真を画像解析し、「ほんとうの震源」をピンポイントで特定!: