« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 「共用プール」建屋屋上の「赤い三角錐」構造物、消える! / 台風で撤去(?)……「代わりに新たな構造体が」―― ◎ 国際特許保有者の岩田清さんが画像解析で確認! ★ 28日夜まではあったものが、消えた! 台風で吹き飛ばされたのだろうか? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 「共用プール」建屋手前(南側)に、レモン色の四角い光源(のようなものが) ―― ■ 東電フクイチ・ライブカメラ(4号機側)がとらえる!★  31日午後5時42分のスクショ 照明かも知れないが、不自然だ!◆ さらに、1号機側カメラも、「直角形の光源(?)」を! (同午後11時半過ぎ、スクショ) »

2017-10-31

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ フクイチから70キロ離れた福島市内のニホンザルの胎児(「3・11」核惨事後に受胎)、「3・11」以前の胎児と比べ、「頭部」、そして「体全体」のサイズが有意に縮小(significantly lower )! / 捕獲された母ザルの栄養状態に変化、見られず! 「放射能被曝も一因の可能性」― ◎ 羽山伸一・日本獣医生命科学大学教授(獣医学部獣医学科、保全生物学)のチームが世界的な権威学術誌、『ネイチャー・コム scientific reports 』に研究結果を発表!

 ★ ニホンザルがそうであるならば、わたしたちも、そうである、ということだろう! これはたいへんな警鐘ではないか!

………………………………………………………………………………………

★ 青の▲は「3・11」前の胎児の頭部サイズ。赤の●は「3・11」後の受胎。

Screenshot7932

Screenshot7931

………………………………………………………………………………………
 ・ Comparing the relative growth of 31 fetuses conceived prior to the disaster and 31 fetuses conceived after the disaster in terms of body weight and head size (product of the occipital frontal diameter and biparietal diameter) to crown-rump length ratio revealed that body weight growth rate and proportional head size were significantly lower in fetuses conceived after the disaster. No significant difference was observed in nutritional indicators for the fetuses’ mothers. Accordingly, radiation exposure could be one factor contributed to the observed growth delay in this study.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ nature.com scientific reports : Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
(2017年6月14日付け)⇒ http://www.nature.com/articles/s41598-017-03866-8

Screenshot7933

Screenshot7929

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報:2014-07-26〔いのちのフクシマ〕 ◆ フクイチから70キロの山林に生息する野性のニホンザルの血液異常 フクイチ放射性降下物と「連関」(Wild monkeys in the Fukushima region of Japan have blood abnormalities linked to the radioactive fall-out )―― 世界的に読まれている英紙ガーディアンが日本人チームの研究結果を世界拡散報道!/ 幼く若いサルに強い被曝の影響 / 冬の間、放射能が蓄積した木の芽・皮を食べたのが原因
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/07/wild-monkeys-in.html

Posted by 大沼安史 at 11:01 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65985270

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ フクイチから70キロ離れた福島市内のニホンザルの胎児(「3・11」核惨事後に受胎)、「3・11」以前の胎児と比べ、「頭部」、そして「体全体」のサイズが有意に縮小(significantly lower )! / 捕獲された母ザルの栄養状態に変化、見られず! 「放射能被曝も一因の可能性」― ◎ 羽山伸一・日本獣医生命科学大学教授(獣医学部獣医学科、保全生物学)のチームが世界的な権威学術誌、『ネイチャー・コム scientific reports 』に研究結果を発表!: