« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 日本の規制当局が再稼働を「合格」とした日本最大の原発(柏崎・狩羽原発)が、「第二のフクシマ」の恐怖を再燃! 東電はフクシマ核惨事から教訓を学んでいないとの懸念、広がる! ―― ◎ ドイツの国際放送『ドイチェ・ヴェレ(ドイツの波)』が英語で国際社会に警告報道! ◇ ドイツ・グリーンピースの専門家は「日本の原子力規制委の地震モデルはリスクを過小評価している。(合格は)政治的な決定だ」と批判! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 原発メルトダウン事故――地下水の汚染、最も濃縮される核種は、ストロンチウム90で、なんとメルトダウン5000日後に、10・10乗ベクレル/m3まで濃縮 / セシウム137は実に1万日後に10・8乗ベクレル/m3まで濃縮 ―― ◎ 1989年のドイツの研究で判明! 5000日後は事故後、14年目、1万年後は28年目! これをフクイチにあてはめれば、それぞれ2025年、2039年にピークを迎える! ★ フクイチ地下水濃縮汚染は始まったばかりだ! »

2017-10-09

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◇ 昨日(8日)、甲賀の空は秋晴れ! 休日の空にケム(白い化学物質)が撒かれた! 県立希望ヶ丘文化公園の上にも! 自宅上空にも! 甲賀と隣接するケム撒きの実験地(?)、日野町のウォッチャーが撮影した、このケムトレイルは、わたしが文化公園で見上げたものと同じものだ! 日野町方面へケムを撒いていく航空機(複数)を、公園に遊びに来ていた家族連れといっしょに目撃!

Screenshot7715

 ★ 希望が丘公園は、湖南市、野洲市、竜王町にまたがる自然公園だ。

 そこを……。なんということをしてくれるのだろう!

          *

 ◇ 以下は日野町のウォッチャー氏のツイッター報告。
  → 
https://twitter.com/November11_2015/status/916955885439655938

          *

Screenshot7716

Posted by 大沼安史 at 09:49 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65892973

この記事へのトラックバック一覧です: 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◇ 昨日(8日)、甲賀の空は秋晴れ! 休日の空にケム(白い化学物質)が撒かれた! 県立希望ヶ丘文化公園の上にも! 自宅上空にも! 甲賀と隣接するケム撒きの実験地(?)、日野町のウォッチャーが撮影した、このケムトレイルは、わたしが文化公園で見上げたものと同じものだ! 日野町方面へケムを撒いていく航空機(複数)を、公園に遊びに来ていた家族連れといっしょに目撃!: