« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 《女性自身》 「『生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!』福島原発訴訟」、10日に判決!―― ◎原告団長の地元スーパー経営者は「小さな子どもの連れの夫婦から『……ストロンチウムや他の核種は測っていない。だから心配で子どもには食べさせられない』と言われた」、福島県の職員に「なぜストロンチウムを測らないのか」と問い合わせると、「ストロンチウムを測るには、高額な測定器が必要で、測定に時間がかかる」との返事だった! | トップページ | 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◇ 昨日(8日)、甲賀の空は秋晴れ! 休日の空にケム(白い化学物質)が撒かれた! 県立希望ヶ丘文化公園の上にも! 自宅上空にも! 甲賀と隣接するケム撒きの実験地(?)、日野町のウォッチャーが撮影した、このケムトレイルは、わたしが文化公園で見上げたものと同じものだ! 日野町方面へケムを撒いていく航空機(複数)を、公園に遊びに来ていた家族連れといっしょに目撃! »

2017-10-08

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 日本の規制当局が再稼働を「合格」とした日本最大の原発(柏崎・狩羽原発)が、「第二のフクシマ」の恐怖を再燃! 東電はフクシマ核惨事から教訓を学んでいないとの懸念、広がる! ―― ◎ ドイツの国際放送『ドイチェ・ヴェレ(ドイツの波)』が英語で国際社会に警告報道! ◇ ドイツ・グリーンピースの専門家は「日本の原子力規制委の地震モデルはリスクを過小評価している。(合格は)政治的な決定だ」と批判!

  ドイツの国際放送は、日本の強引な「政治的な柏崎再稼働」に明確な警鐘を鳴らした!

 安倍政権下、こうした無謀なことが続くと、ドイツあたりから「東京オリンピック・ボイコット」の動きが湧き上がるかも知れない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot7714

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ DW : Japan's TEPCO nuclear plant restarts fear of new Fukushima(日本の東電の原発が、「新しいフクシマの恐怖」を再燃)
(5日付け)⇒ http://www.dw.com/en/japans-tepco-nuclear-plant-restarts-fear-of-new-fukushima/a-40812930

          *

 ・ On Wednesday, the Japanese Nuclear Regulation Authority (NRA) confirmed that two reactors at the Kashiwazaki-Kariwan power plant, the largest nuclear power facility in the world, passed safety screenings and could resume operation.   

 The decision has been broadly criticized across the country, with anti-nuclear campaigners, media and people living close to atomic energy facilities saying the operator of the plant has not learned the lessons from the Fukushima disaster in March 2011.

          *

 ・ Shaun Burnie, senior nuclear specialist for Greenpeace Germany, says the main concern remains seismic risk, even after the industry regulator declared that the plant is safe.

 "The Japanese regulator relies upon a seismic modeling assessment that underestimates earthquake risks," Burnie told DW.

 "The TEPCO reactors were not designed or constructed to withstand the most severe seismic energy that is very possible at the Niigata site," he said. "Yet TEPCO and the NRA seek to downplay and ignore those risks.

 "This was a political decision driven by a desperate attempt to secure income for TEPCO but - even if they eventually operate, and that is still years away - it will only cover a fraction of the tens of trillions of yen it will need to pay for the Fukushima reactor meltdowns."

Posted by 大沼安史 at 06:55 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65890466

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 日本の規制当局が再稼働を「合格」とした日本最大の原発(柏崎・狩羽原発)が、「第二のフクシマ」の恐怖を再燃! 東電はフクシマ核惨事から教訓を学んでいないとの懸念、広がる! ―― ◎ ドイツの国際放送『ドイチェ・ヴェレ(ドイツの波)』が英語で国際社会に警告報道! ◇ ドイツ・グリーンピースの専門家は「日本の原子力規制委の地震モデルはリスクを過小評価している。(合格は)政治的な決定だ」と批判!: