« 〔ラスベガス事件の謎〕◇ ホテル32階 犯人が連射した、窓ガラスが割れた「部屋の窓」が1ヵ所でなく、2ヵ所ある! すこし離れている! 複数の犯行? 「自殺」したとされる「犯人」はオトリ? | トップページ | 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトイレル情報〕◇ 近隣の滋賀県日野町のケムトレイル・ウォッチャー氏が3日、夕方、同町上空でケム撒きしている航空機の撮影に成功し、ツイッターで公表! ★ わたしたちが撮影したケム機と同じ、白い機体の航空機のようだ! 同一機かも知れない。小牧あるいは浜松などの方向から飛来しているようだ! まさか国民の血税が使われているわけではあるまいな!  »

2017-10-03

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 「3・11」後、フクイチから放出された放射能(セシウム137)が海流に乗って海岸線沿いに流れ、最遠、およそ100キロ離れた地点までの浜辺の砂と、浜辺の下にある「ブラッキシュ(塩水と地下水が混じった層)」を汚染してしまったことが判明!/ 北は105キロ離れた仙台湾北部の野蒜(のびる 海水浴場でもある)までも! ―― ◎ 米ウッズホール海洋研と金沢大学の日米研究チームが国際学術誌に発表 ★ フクイチは北の渚を、死の灰の見えない「黒い足跡」で汚染していた! 

 ★ これはもう貝類も汚染されたということではないか!

          * 

 ★ 発表論文を紹介した海外の科学ニュース・サイトの記事を読みながら、あの、東北が生んだ名曲、『浜辺の歌』が、心に切なく流れた!

 しかし、そんなセンチメンタルなことより、具体的な「浜辺の死の灰汚染」は重大な問題である。

 環境庁は関係各県と連係して、フクイチの南と北で、徹底した放射能汚染調査を行なうべきだ!

 セシウムがあればストロンチウムがあり、プルトニウムもあるはずだ!

          *

 ★ フクイチからの汚染水の漏出が続いている。

 タンクに貯めている汚染「処理」水(トリチウムは未処理)が放流されたら、東北から関東の海は、死の海と化すのではないか?

          *

 ★ イラストはPhys.orgの記事より。

Screenshot7671

Screenshot7676

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチから100キロ圏にある8ヵ所の浜辺でサンプル採取したそうだ。論文のデータ表(⇒ http://www.pnas.org/content/suppl/2017/09/26/1708659114.DCSupplemental/pnas.201708659SI.pdf)には、

 Funatsuke  (フクイチから50キロ)

 Kawahata (同40キロ)

 Yotsukura  (35キロ)

 Nobiru       (105キロ

 Nagahama  (90キロ)

 Iwasawa    (20キロ)

 ――の計8地点(ビーチ)での測定データが載っている。

          *

Screenshot7675

 
………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Phys.org : Scientists find new source of radioactivity from Fukushima disaster
(2日付け)⇒ https://phys.org/news/2017-10-scientists-source-radioactivity-fukushima-disaster.html

 ・ Scientists have found a previously unsuspected place where radioactive material from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster has accumulated—in sands and brackish groundwater beneath beaches up to 60 miles away. The sands took up and retained radioactive cesium originating from the disaster in 2011 and have been slowly releasing it back to the ocean.

・ But "this new and unanticipated pathway for the storage and release of radionuclides to the ocean should be taken into account in the management of coastal areas where nuclear power plants are situated."

          *

Screenshot7673

………………………………………………………………………………………

 ◎ サイエンス・ニュース : Radioactive material from Fukushima disaster turns up in a surprising place
 (2日付け)⇒ https://www.sciencenews.org/article/radioactive-cesium-fukushima-groundwater

 ・ Six years after the Fukushima nuclear reactor disaster in Japan, radioactive material is leaching into the Pacific Ocean from an unexpected place. Some of the highest levels of radioactive cesium-137, a major by-product of nuclear power generation, are now found in the somewhat salty groundwater beneath sand beaches tens of kilometers away, a new study shows.

 ・ Scientists tested for radioactivity at eight different beaches within 100 kilometers of the plant, which experienced three reactor meltdowns when an earthquake and tsunami on March 11, 2011, knocked out its power. Oceans, rivers and fresh groundwater sources are typically monitored for radioactivity following a nuclear accident, but several years following the disaster, those weren’t the most contaminated water sources. Instead, brackish groundwater underneath the beaches has accumulated the second highest levels of the radioactive element (surpassed only by the groundwater directly beneath the reactor), researchers report October 2 in the Proceedings of the National Academy of Sciences.

          *

Screenshot7674

………………………………………………………………………………………

 ◎ 発表論文 :PNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America) : Unexpected source of Fukushima-derived radiocesium to the coastal ocean of Japan / Virginie Saniala, Ken O. Buesselera, Matthew A. Charettea, and
Seiya Nagaob

 ⇒ http://www.pnas.org/content/early/2017/09/26/1708659114

Screenshot7672

Posted by 大沼安史 at 10:35 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65870574

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 「3・11」後、フクイチから放出された放射能(セシウム137)が海流に乗って海岸線沿いに流れ、最遠、およそ100キロ離れた地点までの浜辺の砂と、浜辺の下にある「ブラッキシュ(塩水と地下水が混じった層)」を汚染してしまったことが判明!/ 北は105キロ離れた仙台湾北部の野蒜(のびる 海水浴場でもある)までも! ―― ◎ 米ウッズホール海洋研と金沢大学の日米研究チームが国際学術誌に発表 ★ フクイチは北の渚を、死の灰の見えない「黒い足跡」で汚染していた! :