« 〔HAARP・ケムトレイルによる気象操作・マインドコントロールを許し続けてはならない〕◇ 「海上移動型HAARP」の「電磁波」発射場面の動画、国際社会に拡散中 ―― ◎ 阿部和幸さんが、米国在住のミュージシャン、ヴィク・マンシーニ(Vik Mancini)さんが入手した動画をFBで紹介! ★ 上空(電離層)へ向かって、斜め上へ指向性を持たせて発射! このタイプのものは、あくまで「海底地質調査用」のものだと思っていたら、そうでもなかった! 海上移動型も、「台風」の創出・進路操作に使われているのか? | トップページ | 〔フクシマ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 綱渡りのような原発再稼働が続く、今世紀(21世紀)の「半ばを迎えようかというところで」「最後の事故」は起きた! ―― ◎ 恩田陸さんが近未来小説、『錆びた太陽』で、原発再稼働による破局の未来図を描き出す!/ 「環境過激派」が国内の複数の原発を占拠、原発の即時停止・廃炉を求めるも、政府が拒否 ⇒ 原発を次々、爆破!(131頁参照)★ ネタバレになるので、ストーリーは紹介しないが、原発テロを「想定外」としてはならない!  »

2017-10-25

〔国民に対する電磁波照射攻撃を許し続けてはならない〕◇ 人体(一般国民)への電磁波照射問題を追究している、東京在住の弁理士氏(東大工学部卒、米国の大学で博士号取得)が、右前腕の皮膚(薄皮部分)に「3列の傷(幅1mm前後、長さ2~3mm前後)」を受ける!/ 前日のブログで「防衛省情報本部電波部長及び画像部長は、警察キャリア官僚の指定席」などと記載したことに対する報復か???

Screenshot7848

………………………………………………………………………………………

 ★ 北海道・旭川市のMさん夫妻の場合は、ともに目をねらわれ、眼球を切断された! 

 皮膚の傷跡や火傷は、集団ストーカー被害者にはフツーによくあること。

 それにしても、マイクロ波パルスを使った脳内送信を学会で発表する、電磁波問題の啓蒙にあたっている、この弁理士の方まで被害に遭うとは!

………………………………………………………………………………………
 〔★は大沼〕 ◎ ブログ「自衛隊の犯罪を斬る」 ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/archive/2017/10/02

 ★ この弁理士氏は、被害にあった前日、以下のような記事をブログに掲載しておられる。以下にその一部を紹介する。
  ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/archive/2017/10/01

          *

 ……このような都道府県警を統括するのが警察庁であり、警察庁の職員は国家公務員であり、国家公務員試験に合格している。国家公務員一種試験を合格して警察庁に配属されるのが、エリート中のエリートであり、警察庁から都道府県警に赴任したときには、いきなり役職になる。

 国家公務員一種試験のエリート警察官のなかには公安警察に配属される人たちがいるのだが、その一部は警察組織図にない部門に赴任することがある。

 それが防衛省情報本部であり、防衛省情報本部電波部長及び画像部長は、警察キャリア官僚の指定席になっている。

 電波部長または画像部長を務めた後、警察庁または都道府県警の管理職に戻り、2年前後経過後、県警本部長という県警トップに就任するのが慣例である。

 防衛省情報本部は、警察庁や都道府県警の組織図に掲載されているわけではない。防衛省情報本部は防衛省の組織図に掲載されているので、そのような組織の存在そのものは秘密ではない。

 しかしながら、防衛省情報本部電波部及び画像部の任務は秘密のベールに包まれている。防衛省情報本部電波部及び画像部が、公安と同様の任務を遂行しているときには、秘密公安組織という命名がふさわしい。

 さて、テロリストがテロを実行するのを防止するためには、どのような手段があるだろうか。

 現行の日本法では、犯罪を実行した後、刑事裁判所が被告人の刑罰を定める。犯罪を実行する前、刑法などの刑事法では対処できない。

 それでは、テロ防止という大義名分のもと、テロの実行を阻止するためには、どのような手段があるだろうか。テロといっても多種多様であるが、テロに対応する犯罪を未然に防止するためには、どのような手段があるだろうか。

 簡単な回答として、テロリストまたはテロリストの疑いがある人物は、どこかに監禁して自由を奪えば、テロを実行できなくなる。あるいは、テロリストが死んでしまえば、テロを実行することはできない。

 具体的には、どのようにしたら、自由を奪ったり、生命を奪えるだろうか。

 更に、自由を奪ったり、生命を奪っても、国家の関与は露顕しないという条件が付される。

 ここで、レーダー技術を応用した電波兵器が登場し、具体的には、米国特許3951134号を応用した電波兵器である。

 電波兵器からマイクロ波ビームをテロリストまたはその予備軍に照射して、マイクロ波聴覚効果により直接、頭部に音声を送信する。テロリストまたはその予備軍は精神疾患ということで、精神病院に入院させたり、向精神薬と称する毒を投与して、ひたすら寝かしつけて、テロを実行できないようにする。

 一方、電波は聞こえないとか、テレパシーは不可能というデマを流し、電波が聞こえる現象とか、テレパシー通信という真実を流布する人たちを精神病院送りにして、真実を隠蔽する。

 ここで、電波が聞こえるというのはマイクロ波聴覚効果であり、テレパシーとはマイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信である。

 精神医学は秘密公安組織に協力する代償として、精神科医は簡単に利益を上げることができるのである。

 また、警察に対して、電波兵器から電波ビームを被害者に照射する犯罪を捜査するように依頼しても、県警トップに就任している巨悪が部下に対して、そのような犯罪事実は認めず、精神科医に相談する旨を回答するように指示するのである。

 警察は縦社会の典型例であり、地方公務員の部下は上司に唯々諾々と従って、電波兵器を悪用する国家犯罪は永年に渡ってもみ消されている。

Posted by 大沼安史 at 10:46 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔国民に対する電磁波照射攻撃を許し続けてはならない〕◇ 人体(一般国民)への電磁波照射問題を追究している、東京在住の弁理士氏(東大工学部卒、米国の大学で博士号取得)が、右前腕の皮膚(薄皮部分)に「3列の傷(幅1mm前後、長さ2~3mm前後)」を受ける!/ 前日のブログで「防衛省情報本部電波部長及び画像部長は、警察キャリア官僚の指定席」などと記載したことに対する報復か???: