« 〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない〕◇ 「インマルサット」人工衛星システム(本部=ロンドン)とリンクした「スマートメーター」を使って電磁波マインド・コントロール! 大学町の米カリフォルニア州バークリーでは、小形高性能トランスを使って、拠点住宅から(セル・ハウス)からEMF(極低周波)をターゲットの住民、学生に照射 / スマートメーターも悪用した、ギャング・ストーキング(集団ストーキング)も行なわれている!―― ◎ 米国のローレン・モレット女史が警告! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◆ ことしはじめて、北米西海岸、ワシントン州、オレゴン州沖での水産資源調査で、「引き揚げた漁網がカラッポ(this is the first time some have come up empty.)」! / NOAA(米政府・海洋大気庁)の海洋エコロジー専門家が「われわれは3回、網を引き揚げ、顔を見合わせた!『これまで見たこともない、ほんとうに違ったことが起きている』」 ―― ★ フクイチの海洋放射能プルームが北米西海岸を洗い始めている!? たいへんな事態だ! »

2017-10-27

〔フクイチ・メガ核惨事 歪な死の灰粒子を確認・視覚化!〕◆ 1号機炉内で「きわめて早い段階で燃料と周辺の構成物の熔融が進行」した結果、1号機からは2号機から出たとされる「セシウム(Cs)ボール(球体)」と比べ、「明らかに大型」で、歪(いびつ)な形状」の粒子が環境に放出された! セシウム・ボールに比べ、ストロンチウム・バリウム、鉄、ウランなど重金属を多く含むが、粒子本体が「ケイ酸塩ガラス」である点では同じ―― ◎ 東京理科大、気象研究所などの研究チームが浪江町の土壌から採取したサンプルで究明!

  フクイチから、球体(ボール)のものだけではなく、さまざまな形状の放射能粒子が放出されていたことが証明され、SEM(Scanning Electron Microscope、走査型電子顕微鏡)による写真撮影でついに視覚化された!

 これだ! こういうものが、わたしたちを襲い、地域社会を汚染してしまったのだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7891

………………………………………………………………………………………

 ★ e と f はいわゆる「セシウム・ボール」。それ以外は、今回、研究チームによって初確認された歪状のもの。

Screenshot7889

Screenshot7890

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ こういう「歪形の死の灰粒子」が、わたしたち人体を含む、フクイチ周辺環境のすべてを汚染していた!

 「フクイチの悪魔」ともいうべきそれは、いまでも被曝地に無数に存在している!
 
 安倍政権の帰還政策がいかに非人道的なものか、この研究ひとつ見ても分かる!

          *

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕 ◎ 大山こういち・南相馬市市議(フクシマから国の偽装を暴く)、ツイート報告(8月31日付け) ⇒ https://twitter.com/Anti_Jigokudama/status/903310103670960129

Screenshot7888

……………………………………………………………………………………… 

◎ 研究チームの発表論文 ⇒ https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/66/4/66_251/_pdf

Screenshot7886

          *

Screenshot7887

 

Posted by 大沼安史 at 08:43 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65970507

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 歪な死の灰粒子を確認・視覚化!〕◆ 1号機炉内で「きわめて早い段階で燃料と周辺の構成物の熔融が進行」した結果、1号機からは2号機から出たとされる「セシウム(Cs)ボール(球体)」と比べ、「明らかに大型」で、歪(いびつ)な形状」の粒子が環境に放出された! セシウム・ボールに比べ、ストロンチウム・バリウム、鉄、ウランなど重金属を多く含むが、粒子本体が「ケイ酸塩ガラス」である点では同じ―― ◎ 東京理科大、気象研究所などの研究チームが浪江町の土壌から採取したサンプルで究明!: