« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の原発危機 ★ UPDATE中〕◇ ハリケーン「イルマ」、ターキー・ポイント、セント・ルーシー両原発のあるフロリダを直撃 ◆ 風速160キロ! 送電網ダウン 400万世帯に停電拡大 復旧まで数週間の恐れも ★ 原発も外部電源喪失?? 気象激変で台風が超弩級化している! フクイチをはじめ日本の原発は耐えることができるのか? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ロシア沿海州で、口が2つついた(のどの下にもうひとつ、口がついた)奇形魚が捕獲されるる ―― ◎ 英大衆紙『ミラー』が報道! ◆ ネットでは「フクシマの爆発のせいで、こういうことはみんな起きる」の声も! ★ 国際社会の懸念にこたえるためにも、フクイチ汚染水の海洋投棄は許されない! »

2017-09-11

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の原発危機〕◇ ハリケーン「イルマ」、フロリダ直撃 ―― ◇ (ブログ再掲)フクイチ型の外部電源喪失・洪水核惨事が懸念されている「ターキー・ポイント原発」は、ハリケーンによる高潮(storm surge )の激化による、フクイチ型の水没被害も想定された要注意原発だった! ★ フクイチは強風による排気塔の倒壊も懸念される! 高浜などは後背地の土砂崩れが心配だ! 

Screenshot7470

Screenshot7471

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 2015-12-24〔地球温暖(暑熱)化で臨海原発が危ない〕◆ 米国の海岸線に立地する、すくなくとも4ヵ所の原発、2050年までに高潮の激化で危機に陥る恐れ! ほかの9ヵ所(軽13ヵ所)の原発も、海面上昇で(稼働終了後)、水没の可能性 ◇ すでに2012年時点で、海温上昇で取水できず、運転停止に追い込まれる「現実的な危機」も発生! ★ 臨海原発だらけの日本も、廃炉後を見通すなど長期的な視野で対策を採るべきだ! 先送りは(ここでも)許されない! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-9c3e.html

          *

 ・ 突発的な高潮被害は別として、海面上昇による水没の恐れがある原発として、ナショナル・ジオグラフィック誌のレポートが最初に挙げているのが、フロリダのターキー・ポイント原発だ。

 ターキー・ポイント原発は2032年まで運転予定だが、それを過ぎたいずれかの時点で、敷地の大部分が海面下に没する。

          *

 海面上昇ではなくハリケーン(台風)などのよる高潮(storm surge )の激化による、フクイチ型の水没被害も想定されている。

Posted by 大沼安史 at 11:37 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65777431

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の原発危機〕◇ ハリケーン「イルマ」、フロリダ直撃 ―― ◇ (ブログ再掲)フクイチ型の外部電源喪失・洪水核惨事が懸念されている「ターキー・ポイント原発」は、ハリケーンによる高潮(storm surge )の激化による、フクイチ型の水没被害も想定された要注意原発だった! ★ フクイチは強風による排気塔の倒壊も懸念される! 高浜などは後背地の土砂崩れが心配だ! :