« 〔ケムトレイル情報〕◇ 8月30日午後4時半すぎ 中国自動車道(三田IC)付近上空 ◆ 快晴の空にケム機が次々に現れ、ケム撒き!  | トップページ | 〔新刊案内 & ご注意願います〕◇ 『世界が見た福島原発災害 6 核の地獄を超えて』(緑風出版) ◎ 14日に発売です。ただし、版元の「緑風出版」は「アマゾン」に出荷を停止しています。「アマゾン」では「新刊 予約受付中」のようですが、ご注意ください! »

2017-09-04

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ 雀の群れ、消える! 雀たちお気に入りの手作りパンや無農薬米を自宅2階ベランダや門柱の上に置いているのだが、朝からあれだけ「催促鳴き」がうるさかったのに、2ヵ月ほど前から、パタリと消え、一羽も来なくなった! 頭上の空にケムトイレルが撒かれ、室内線量がさらなる異常値を示し始めたころから!

Screenshot7410

………………………………………………………………………………………

 ★ 集団ストーカー組織の執拗な攻撃と闘っている北海道・旭川市のMさんが自宅や公園で雀たちに食パンのエサ(オリゴ糖とマーガリンを練り合わせる)をあげていると聞いて、この春から、真似して、パンや玄米をあげるようにしてきた。

 門柱はご近所の迷惑になるので、途中から2階ベランダに切り替え、糞が庭に落ちるようにして来た。

 親鳥がひなを連れてくるようになった。

 ところが2ヵ月ほど前から、ベランダの「食堂(給水つき」に雀たちが姿を見せなくなった。

 水田の新米を食べに行っているのか、と思っていた。

 ところが、旭川のMさんによると、公園の雀たちはストーカー組織のいやがらせで、農薬まじり(?)のエサで全滅したが、Mさんの自宅のほうには毎朝、雀たちが数十羽、食べに飛んできているという。

 わたしたちの場合、自宅はもとより周辺でも雀たちが姿をくらましており、カラスも出て来ない。

 おかしい!

 で、昨日昼過ぎ、こんどは門柱の上に好物のパンを置いて、食べにくるかどうか見守り続けた。

 夕方まで待ったが、来ない!

 一夜明けた、今朝になっても! 

          *

 ★ 雀たちには悪いのだが、わたしたちはこの4年間というもの、工作員組織により、猛烈な電磁波照射と中性子線あるいはX線と思われる放射線の照射攻撃を浴びているものだから、カナリア代わりにエサを食べに来てもらっていた!

 2ヵ月前といえば、わたしたちの自宅頭上に低空でケムトレイルを撒かれ始め、同時に、電磁波およびガンマ線空間線量が異常値を示し始めたころ。

 雀が姿を見せなくなった時期と重なる!

          *

 ★ 蝉も鳴かない。虫も鳴かない。

 脱原発の声をあげる、わたしたちのようなフクイチ・ヒバクシャは、生かしておけないと思っている輩がいて、いわゆるスローキル(Slow Kill)病殺攻撃を続けているらしい。

 
 うわさの「K機関」の「K」とは、Kill(殺す)のKかと想像したくもなる!

 (「K機関」 ⇒ こちら )

 死の灰にまみれ、原発再稼働の狂奔する、この安部政権下の「美しい国」は、なんとも、おそろしい国だ!

          *

 ★ 念のため、わたしたちは絶対に練炭自殺などいかなる方法によっても「自死」しないことを宣言しておく!

Posted by 大沼安史 at 11:57 午前 7.ケムトレイル・HAARP |