« 2017年8月 | トップページ

2017-09-21

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトイレル日記〕◇ 21日 秋晴れの空に、「悪魔の毒雲」、「ケムトレイル」が幾筋も撒かれていた! 午後3時半に自宅頭上の空を見上げたら、例によってこんなありさま! リボン状に拡散し、地上へゆっくり降下! 米国の文献では、バリウム・アルミニウム・ストロンチウム主体というが……? 超微小ポリマーに細菌を仕込んだものを実験で撒いているとも指摘されている!

Screenshot7554

Screenshot7553

Screenshot7552

………………………………………………………………………………………

 ★ 関連ツイート ( ★ 日野町は湖南市の近隣。「晴れた日にも異常な白濁」は、湖南市でも続いている

   ⇒ https://twitter.com/November11_2015/status/910446998574194688

Screenshot7555

………………………………………………………………………………………

 ◆ ケムトレイル情報局 ⇒ https://twitter.com/chemtrail_info/status/689123309825343489

Screenshot7556

Posted by 大沼安史 at 04:21 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕★ 福島沖で強い地震が続く中、東電がフクイチ1・2号機の建屋内の“空中楼閣”「使用済み核燃プール」からの核燃料取り出し、3年遅れで「2023年開始」に!―― 不吉な「先送り」ニュースが、国際社会に拡散開始! ★ お手上げということではないか! 2020年の東京オリンピックは、核惨事の現場で、「使用済み核燃」が体操競技のように「着地」もままならず、「空中保管」された状態での決行となる!

Screenshot7549

Screenshot7550

………………………………………………………………………………………

 ◎ オシュパイ・フクシマ ツイッター → https://twitter.com/fukushima_actu/status/910738417650225152

 ◎ 英文朝日: TEPCO to delay emptying fuel storage pools at Fukushima plant
 (21日付け)⇒ http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201709210034.html

 ◎ 朝日新聞(日本語): 燃料プールからの核燃料搬出、最大3年遅れ 福島第一
 〈20日付け)⇒ http://digital.asahi.com/articles/ASK9N3DRWK9NULBJ002.html

 ◎ NHK 3年遅れで最終調整 福島第一原発 1・2号機の核燃料取り出し3年遅れで最終調整 福島第一原発 1・2号機の核燃料取り出し
 (20日付け)⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148451000.html

 今月中にも見直される福島第一原子力発電所の廃炉の工程表で、1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、国と東京電力は、がれきの撤去や除染などを慎重に進めるとして現在より3年遅らせ、2023年度をめどとする方向で最終調整していることがわかりました。

 政府は福島第一原発の廃炉への道筋を示す工程表を2年ぶりに見直すことにしています。新たな工程表では1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、がれきの撤去や除染などを慎重に進めるとして現在より3年遅らせ、2023年度をめどとする方向で最終調整していることがわかりました。

 また、3号機の使用済み燃料プールの核燃料については、これまでの計画どおり来年度中頃から取り出しを始めるとしています。

 一方、1号機から3号機で溶け落ちた核燃料が構造物と混じり合った「燃料デブリ」を最初に取り出す号機について、その方法を確定する時期は、現在の来年度上期から2019年度に遅れる一方、実際に取り出しを始める時期は従来のまま4年後の2021年とする方向です。

 政府は地元の意見などを反映させたうえで、こうした内容を盛り込んだ工程表を今月中にも正式に決定する方針です。

          *

Screenshot7551

Posted by 大沼安史 at 04:05 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 21日午前1時37分、福島沖200マイルでM6.1の地震が発生 ★ 福島沖M3以上の地震は今月になって、9・11のM3・9を皮切りに、これで8回目。/ 20日午前5時18分にはM5.3 ★ 台風より地震が心配になって来た! 

Screenshot7547

………………………………………………………………………………………

 ★ この海の彼方から大津波が――彼方の海底から強烈な地震動が、再び……いや何度となく、襲って来ない保障はどこにもない!

 安倍政権は被曝地への住民帰還政策を撤回すべきではないか!

Screenshot7548

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ QUARTZ : A strong earthquake hit off the coast of Japan, about 200 miles from the Fukushima nuclear plant
 ⇒ https://qz.com/1083124/earthquake-off-japan-6-1-magnitude-about-200-miles-from-the-fukushima-nuclear-plant/

◎ 米UCGS(地質調査所)⇒ https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us2000arxv#executive

◎ tenki,jp 福島県沖を震源とする地震情報
   ⇒ http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_earthquake_center?earthquake_center_code=289

Screenshot7543

………………………………………………………………………………………

◎ 東電ライブカメラ ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html

Posted by 大沼安史 at 03:41 午後 | | トラックバック (0)

〔安倍首相 国連で(虚)大演説〕◇ 会場、超ガラガラ / スマホいじっている人、帰り支度(?)始めた人、隣の人に話しかけている(?)人…… 異次元の(ほぼ)総スカン! / トランプ演説とのこの違いは、すべてを物語る!

Screenshot7542_2

Screenshot7565

Screenshot7562

Screenshot7563

………………………………………………………………………………………

Screenshot7539

Screenshot7540

Screenshot7541

 ◎ 安倍首相 国連演説 全文/ 北朝鮮が「異次元の脅威」であると強調し、世界の外交団にボイコットされたような、空席だらけの議場の空気を揺るがせた!
 ⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/unp_a/page4_003327.html

 ―― 議長,同僚の皆様,この度の危機は,独裁者の誰彼が,大量破壊兵器を手に入れようとするたび我々がくぐってきたものと,質において,次元の異なるものです。

 北朝鮮の核兵器は,水爆になったか,なろうとしている。その運搬手段は,早晩,ICBMになるだろう。

 冷戦が終わって二十有余年,我々は,この間,どこの,どの独裁者に,ここまで放恣にさせたでしょう。北朝鮮にだけは,我々は,結果として,許してしまった。

Screenshot7564

 それは我々の,目の前の現実です。

          *

 ―― 必要なのは,行動です。北朝鮮による挑発を止めることができるかどうかは,国際社会の連帯にかかっている。

 残された時間は,多くありません。(時間が残っていないのは、安倍首相、あなたご自身のことだろう!)

Posted by 大沼安史 at 11:53 午前 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ あの「イケちゃう」エログロ&独眼竜・政宗公なりすまし観光・自己宣伝ビデオで馬脚をあらわした村井知事を宮城県から追放し……そうだよ、この人だよ、岡山博先生(元仙台赤十字病院呼吸器内科医師/元東北大学臨床教授)に、新しい宮城県知事になってもらおう! 岡山先生なら、こどもの甲状腺検査もやってくれる! 岡山さんなら、同じく医師である新潟の米山知事と手を携え、きっと、あたらしい未来を切り開いてくれるだろう!

Screenshot7538

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 岡山博先生のツイート ⇒ https://twitter.com/giovannni78

Screenshot7537

          *

Screenshot7535

………………………………………………………………………………………

◎ 岡山先生のブログ ⇒ http://hirookay.blog.fc2.com/?all

Screenshot7534

Posted by 大沼安史 at 11:17 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-20

〔米国で警察の軍事化、進む〕◇ セントルイスでデモの民衆に対して、警官隊が正体不明の「投射物を発射(firing projectiles)」 ―― ◎ 英紙「インディペンデント」が現場で撮影されたビデオをもとに、国際社会に警告・告知報道 / 市民警察が変質し、市民をテロリスト扱いし、新型兵器をデモ鎮圧に投入している! わたしは「マイクロ波パルスの照射銃」が使用された可能性を疑っている!

Screenshot7530

Screenshot7529

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ インディペンデント St Louis protests: Police caught on camera firing projectiles into crowd of protestors
 (15日付け)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/americas/st-louis-protests-police-fire-into-crowds-video-watch-missouri-a7953836.html

Screenshot7528

………………………………………………………………………………………

 ★ マイクロ波パルスの照射は、日本でもすでに集団ストーカー組織や、さまざまな工作員闇組織(ハイテク暴力団など)が使用しているようだ!

 日本の警察庁は米国のNSAとパートナー関係に入り(⇒ こちら)、米国の軍・諜報コミュニティーと一体化しているようだが、市民警察として本来の役割を忘れてはいけない。

Posted by 大沼安史 at 05:26 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 英国「SKYニュース」が放映した「NHKワールド」の報道動画に「多重合成」工作の跡 /「福一原発の、どの原子炉建屋から煙を噴き出しているのかを判らなくしている!」 ――  ◎ 画像可視化の世界特許を持つ岩田清さんが分析して突き止める! /  ★ NHK調査報道取材班は、NHK自体の内部調査も進めるべきだ!

 ★ 岩田清さん、「多重合成」映像を解析した結果、「3号機主体の白煙、4号機主体の黒煙、稀ガス処理装置建屋の灰色煙と、正体不明の灰色煙」を確認!

 煙の流れ具合(風向き)の違いで「合成」と判明!

 それにしても「黒煙が主に4号機から出ている」とは!

 定検中の「4号機」で何が起きていたか?

 総選挙後、国会は「第2次国会事故調」を立ち上げ、真相を究明すべきだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7525

          *

Screenshot7526

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さんのFB報告 (16日付け)⇒ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=121517525237393&id=100021374375114&pnref=story

Screenshot7527

Posted by 大沼安史 at 04:52 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 7日、福岡県久留米市のホテルで開かれた「日本原子力学会」―― 国際廃炉研究開発機構(IRID)の研究チームの発表は衝撃的なものだった! 「(2011年)3月23日まで1号機の原子炉に対して冷却に寄与する注水は、ほぼゼロだった」/ 10本もの「横抜け」へ、無駄な注水/ しかし、その前に、すでにメルトダウン / 1号機のデブリの量はおよそ279トン。もともとのウランの量69トンに比べ4倍以上の量に ◎ NHK取材班の調査報道が「現代新書」で出版! 

★ 真相究明へ、「第2次国会事故調」が必要だ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7520

Screenshot7518

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕  ◎ 「現代」(講談社): 福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明 /事故から5年半が経って分かった /NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
(20日付け) ⇒ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52931

………………………………………………………………………………………

 ★ それにしても、この「現代」紹介記事についた、「by NHK」のこの写真は、いったい、いつ、どこで撮られたものだろう?

Screenshot7519_3

Posted by 大沼安史 at 04:07 午後 | | トラックバック (0)

2017-09-19

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ 追い込まれた安倍の周辺は、何らかの「衝突」を画策している、かも知れない。彼らにとって、「北朝鮮」とのクラッシュが最も望ましいが、米軍が空母を日本海に差し向けているので難しい。そうなると、「尖閣」周辺での、《中国「領海侵犯」漁船、大量拿捕》による緊張エスカレートくらいしか「切り札」は考えられない。安倍政権は「保身」が第一?!! 何を「やる」か知れない! 要警戒だ!

 ★ ニューヨークの国連会議に飛び立つ、この男の、この顔を見よ!

 まともな判断ができるような状態ではない!

 そういえば、3年前のダボス会議で、この男は、日中対立をあおるだけあおった!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7517

………………………………………………………………………………………

◎ 参考 本ブログ既報 2014-01-23〔世界経済フォーラム(ダボス会議)〕 安倍首相、英紙フィナンシャル・タイムズに 「いまの日・中関係は、第一次世界大戦前の英・独関係に似ている」 と驚愕の発言! (★ これは安倍首相自身が、「日中戦争」が「一触即発」だと言っているようなものだ! なんということ! 当事国である日本の首相が――平和を守るのが第一の責務であるべき首相が、他人事のような評論家的・無責任発言をすべきではない!)
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/post-a189.html

 ★ 要はこの男は、まるでマインド・コントロールされたように、まともな判断力をなくしている、ということだ!

          *

◎ 参考 本ブログ既報 2014-01-23〔世界経済フォーラム(ダボス会議)〕 ロイターが報道 「アベがダボスに来たことで、日中間の緊張が会議の主舞台に立った」/ 安倍首相がアベノミクス「擁護」基調講演で発言 「われわれはアジアにおける軍拡を抑制しなければならない」⇔ 中国・復旦大学のウー・シンボー(Wu Xinbo) 教授が指摘 「アベは何をしでかすかわからないトラブルメーカー。北朝鮮の金正恩のようだ」「アベの残りの任期の日中関係は、冷たいものから凍りついたものになるだろう」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/wu-xinbo-f992.html

Posted by 大沼安史 at 08:01 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・核惨事 7年目の秋に〕◇ 近くの火山が噴火すれば、川内原発、玄海原発、伊方原発、美浜原発、大飯原発の5つの原発(原子炉計8機)の冷却システムが停止する恐れ ―― ◆ 原子力規制委員会が言明! ◎ ジャパン・タイムズが英語で詳報! / 火山灰、想定の100倍以上の濃度に達し、非常用発電機のエア・フィルターが目詰まりに! ★ 阿蘇カルデラ大噴火、白山火山帯噴火を想定しているのだろう! 人工地震兵器が使用される可能性も否定してはならない! 廃炉・脱原発しかない! 火山/原子炉、連動ハルマゲドンの脅威

Screenshot7514

………………………………………………………………………………………

 ・ The five plants are Kyushu Electric Power Co.’s Sendai and Genkai plants in Kagoshima and Saga prefectures, respectively, the Mihama and Oi plants, both in Fukui Prefecture and run by Kansai Electric Power Co., and the Ikata plant in Ehime Prefecture run by Shikoku Electric Power Co.

          *

〔★は大沼〕 ◎ ジャパン・タイムズ Cooling systems at five NRA-cleared nuke plants could fail if nearby volcanoes erupt
 (Kyodo, JIJI)(19日付け)⇒ https://www.japantimes.co.jp/news/2017/09/19/national/cooling-systems-five-nra-cleared-nuke-plants-fail-nearby-volcanoes-erupt/#.WcDfH7n_oqQ

………………………………………………………………………………………

 ★ 東京大学地震研究所火山噴火予知研究センターの中田節也教授は、北海道の泊原発も危ないと警告している。
 ⇒ https://dot.asahi.com/wa/2013021200006.html

 1989年に営業運転を始めた泊原発は、北海道西部の積丹半島の付け根にある。南東に目を移すと、2008年にサミットが開かれた洞爺湖がある。この風光明媚な湖こそが、超巨大噴火を起こしてできた洞爺カルデラだ。

 約11万年前の噴火で、洞爺カルデラからは、東京ドーム約12万個分にあたる150立方キロの噴出物が出た。このときの火砕流は、60キロ離れた泊原発まで届いたと考えられる。……

Screenshot7515

 

………………………………………………………………………………………

         *

 ★ 「カ・アッキード隠し(?)総選挙」の、この国が直面する「実存の危機=争点」は、「脱原発」をめぐるものになる!

 

Posted by 大沼安史 at 06:28 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・核惨事 7年目の秋に〕◇ 菅野完さんのツイッター・アカウントが永久凍結 / 「10年ほど運用し、フォロワー数6万4千ほどになっていたTwitterのアカウントが永久凍結されました。TwitterJapanは何が原因か一切開示してくれていません」 ★ フクイチ言論アンダーコントロールがモリカケ言論アンダーコントロールへ、エスカレート!? 国会解散・総選挙を前にした「仕事人」たちの仕業か?

 「丁寧な説明」が得意の「仕事人」たちは、選挙戦中、菅野氏が「爆弾ツイート」をするのを怖がっているのではないか!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 菅野完さんFB(10時間前)⇒ https://www.facebook.com/noiehoie/posts/768882206629816?pnref=story

 ◎ 同ツイッター ⇒ https://twitter.com/account/suspended

 ★ 菅野完さんのこの指摘が広がるのを恐れての仕業かもしれない!

 不信任案提出→否決→内閣信任→自分を信任した議会を自ら解散? 

 安倍晋三さん! 議会を解散したら、「丁寧な説明」もできなければ、「仕事人内閣」の「御用始め」もできませんよ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7513

………………………………………………………………………………………

Screenshot7511

Posted by 大沼安史 at 05:24 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・核惨事 7年目の秋に〕◇ 岩手県一関市舞川地区 タケノコ、「いまだ出荷停止」続く / 「市によると、タケノコ、ワラビ、ゼンマイなど山菜類の残留セシウムが低減する兆しは見られず、出荷再開は全く見通せないという」/ 使えなくなったシイタケ原木約8万本と、表層土1トンを詰めた袋500個が、所有する山林内に置かれたまま。

Screenshot7506

………………………………………………………………………………………

 ◆ 「処理の当てもなく雑草に覆われたシイタケの原木の山が、行政の役割を問い掛けていた」/ 「このまま腐食が進めば搬出も難しくなる」――

 ★ 「行政」ではなく、「東電と国」の責任だ! 柏崎再稼働? 東京オリンピック? 冗談はよしてくれ! 被曝汚染を処理してから言いなさい!

〔★は大沼〕 ◎ 河北新報 <一関市長選>原発事故汚染で「山の恵み」再生遠く 対策示せるか
(17日付け)⇒ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170917_33001.html 

Posted by 大沼安史 at 10:01 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕《沖縄タイムス》 ◇ 火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 ★ 非常用ディーゼル発電機の火山灰で目づまり 

〔★は大沼〕 ◎ 沖縄タイムス 〈18日付け)⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/144010

………………………………………………………………………………………

Screenshot7504

Posted by 大沼安史 at 09:17 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-16

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ 超巨大ハリケーン「イルマ」の直撃をうけた米フロリダの2原発(ターキー・ポイント)、セント・ルーシー)は原子炉を計3機、シャットダウンし、最悪の事態に備えた! ★ 日本も台風シーズン! フクイチではとくに排気塔(筒)の強風による倒壊が心配だ! 伊方など再稼働原発では、予防的原子炉シャットダウンを実施するのだろうか?

Screenshot7495

 ★ 関連 / 3連休は大荒れか、台風18号列島縦断へ

 ⇒ https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-105530/

Screenshot7496

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ TCpalm / Florida Power & Light Co. nuclear reactors still down, but unharmed by Hurricane Irma
 (12日付け)⇒ http://www.tcpalm.com/story/weather/hurricanes/2017/09/12/florida-power-light-co-nuclear-reactors-still-down-but-unharmed-hurricane-irma/658227001/

 ・ FPL officials declined to disclose when they would power up three of its nuclear reactors — one at the St. Lucie plant on South Hutchinson Island in Fort Pierce and both at Turkey Point plant, south of Miami — which were shut down before and after Irma struck.

Posted by 大沼安史 at 10:53 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◎《田中龍作ジャーナル》 ◇ 11日、プラカードもノボリも持たず、手ぶらで「原発再稼働反対」を唱えながら経産省外周の歩道を歩いていた男性が警察に逮捕された。東京都公安条例違反(無届デモ)の現行犯だった。★ これぞ、究極の不法逮捕! 日本は無法国家と化したのか? 追い込まれた権力者たちの(側の)「恐怖」を感じる!

 〔★は大沼〕 ◎ 田中龍作ジャーナル 原発再稼働と反対派逮捕 東電に翻弄され
 (14日付け)⇒ http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016632

………………………………………………………………………………………

Screenshot7494

………………………………………………………………………………………

          *

 ……今夕、(留置所番号)「103号」氏が拘束されている警視庁本庁舎前には、原発再稼働に反対する人々約50人が集まった。

 「原発要らない」「再稼働やめろ」「不当逮捕糾弾、ただちに釈放しろ」・・・参加者たちは“桜田門”に向かって抗議の声をあげた。

 事故を起こした福島第1原発からわずか1.2㎞の双葉町に住んでいた女性がマイクを握った。

 「テントのおかげで皆に支えられ励まされて、ここまでやってこれた。『103号さん』には一番お世話になりました。早く出てきて下さい。ビールを用意して待っています」。

Posted by 大沼安史 at 10:07 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-15

〔東京・真っ黒オリンピック 招致買収疑惑が再浮上〕◇ 安倍首相の「フクイチ・アンダーコントロール誘致」のかげで…… ◆ ブラジル検察当局がフランス検察の捜査資料をもとに、「東京開催への賛成票」買収のための支払い(payments)が行なわれた可能性がある、と結論 ―― ◎ 英紙ガーディアンが国際社会に告知報道! 

 ◆ (当時、IOCの委員で国際陸連会長だった〕ラミン・ディアク氏(セネガル)の息子の)『パパ・マッサタ』氏、リオでの「東京決定」の前後、フランスの宝石店で数十万ユーロ(hundreds of thousands of euro )の宝石買い!」

 ★ 日本の検察はなぜ捜査しないのか? 

 誘致買収に、日本国民が納税した血税がこっそり使われた可能性はないのだろうか?

 まさか官房機密費や復興予算、あるいは年金資金がワイロに使われたわけではあるまいな!?

………………………………………………………………………………………

Screenshot7492

………………………………………………………………………………………

 ★ ガーディアン紙は昨年、「東京オリンピック誘致チーム」から、「パパ・マッサタ」氏とつながる口座名「ブラック・タイディング(黒い知らせ)」との銀行口座(シンガポールのスタンダード・チャータード銀行)に「7桁の金、170万ユーロの支払い」が行なわれたことを暴露報道している。
 (Last year the Guardian exclusively revealed a seven-figure payment from the Tokyo Olympic bid team to an account named Black Tidings, linked to Massata Diack, during Japan’s successful race to host the 2020 Games. Those payments were made in two instalments. The transactions, amounting to around €1.7m, occurred a few weeks before and after the city’s selection by the IOC on 7 September 2013 in Buenos Aires.)

 フランス検察当局の捜査にもとづくブラジル検察のドキュメントには細かな送金事例も記載されており、2013年11月8日には、シンガポールのスタンダード・チャータード銀行の「ブラック・タイディング」口座から、パリの会社(宝石店)に8万5000ユーロが送金されたそうだ。その金は「パパ・マサタ」による宝石店での貴金属・宝石買いに使われたという。 (The prosecutors’ office documents based on the French investigations allege that shortly after the second payment, on 8 November 2013, Black Tidings transferred €85,000 from its account held at the Standard Chartered Bank in Singapore to a company in Paris in order to pay for the purchases of luxury goods and jewellery made in its shop by Massata Diack.)

………………………………………………………………………………………

 ・ The Brazilian federal prosecutors office, which compiled the documents based on French prosecutors’ investigations, drew the conclusion that payments could have been made to Massata Diack by Rio 2016 and Tokyo 2020 “with the intention to buy votes and the support of Lamine Diack, who held particular influence within the IOC”.

 ・ The Guardian has seen documents which allege that Papa Massata Diack, the son of the disgraced former IOC member Lamine Diack, spent hundreds of thousands of euro in French jewellery shops around the time of the Rio and Tokyo campaigns.

          *

◎ 共同通信 (14日付け)◇ 東京、リオ五輪で買収と結論 / 英紙報道、招致不正疑惑
 ⇒ https://this.kiji.is/281001472756302945

Screenshot7493

Posted by 大沼安史 at 06:58 午後 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◇ 本日(15日)夕方、自宅上空に、空の悪魔、「ケムトレイル」がなんと12本も! / 同じ方向に平行して撒布 2ヵ所でXクロス / これまでにない最悪のケム撒きだ /路上で近所の方と一緒に空を見上げる ★ 空自は日本の空を守るため、ケム撒き機に対し迎撃スクランブルをかけてほしい! 地上では、こどもたちも呼吸している!

Screenshot7489

★ ケム機、またも登場!

Screenshot7491

Screenshot7490

………………………………………………………………………………………

 ★ 電磁波の「体感」もこれまでにない激しさ! おまけにパートナーともども、そろって頭が痛い! 2重マスクで防護!

 路上で一緒に見上げた主婦に、「ケムトレイル」について、ミニ・レクチャー。

          *

 ★ アルミニウム、バリウム、ストロンチウムが主に撒かれている、との米国の内部告発あり。

 アルミは記憶の消去、バリウムは電磁波の透過性増大のため。(ストロンチウムはよくわからない。単純に地上のターゲット住民を放射能被曝攻撃するためか?)

 これは単なる思い付きだが、もしかしたらケム撒きしている連中は、アルミとバリウムで、電磁波TETRA照射網によるマインド・コントロール(判断力・分析力の奪取)を狙っているのかも知れない(政治的・社会的な関心の狭窄・忘失)。

          *

 ★ もうひとつの可能性は、米国の文献にあるように、超微小ポリマーのなかに悪性細菌を仕込み、大気中にばらまいていることだ。

 わたしは「オー157」について、この可能性も疑うべきだとさえ、思う。

          *

 ★ 何のために?

 もっとも考えられるのは、「今治スピン」である。

 甲賀の里上空に巻かれた「ケムトレイ群」を見上げているうちに、「忘れろ」「忘れろ」という、日本のビッグブラザーどもの声が聴こえてくるような気がした(あくまで文学的?な表現です。念のため)。

Posted by 大沼安史 at 06:10 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ロシア沿海州で、口が2つついた(のどの下にもうひとつ、口がついた)奇形魚が捕獲されるる ―― ◎ 英大衆紙『ミラー』が報道! ◆ ネットでは「フクシマの爆発のせいで、こういうことはみんな起きる」の声も! ★ 国際社会の懸念にこたえるためにも、フクイチ汚染水の海洋投棄は許されない!

Screenshot7485

Screenshot7486

………………………………………………………………………………………

 ・ It was caught somewhere in the Primorsky Krai region of south-eastern Russia.

 ・ 'Motzkal’ added: "This is all possible thanks to Fukushima explosion."

〔★は大沼〕 ◎ 『ミラー』 Fukushima effect? Mutant fish with 'two mouths' captured in Russia as fishermen dub it a 'monster'
 (13日付け)⇒ http://www.mirror.co.uk/news/world-news/fukushima-effect-mutant-fish-two-11161011

          *

Screenshot7487

          *

 ◎ 参考 2016-05-05 〔フクイチ核惨事 6年目〕★ フクイチ海洋プルームの一部が北太平洋の西部を循環、日本に還流 / 鹿児島沖、富山沖、秋田沖など日本海側を含む日本列島周辺海域の海水から、最高1立方メートルあたり2ベクレルのフクシチ・放射性セシウムを検出 / 昨年11月~今年2月にかけて採水 5年近くで、日本の海をブーメラン汚染―― ◎ 福島大環境放射能研究所の青山道夫教授がウィーンの国際学会で発表 ★ フクイチ・トリチウムを放出すれば、ブーメラン汚染はさらに拡大・増幅する!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/05/post-776c.html

Posted by 大沼安史 at 10:01 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-11

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の原発危機〕◇ ハリケーン「イルマ」、フロリダ直撃 ―― ◇ (ブログ再掲)フクイチ型の外部電源喪失・洪水核惨事が懸念されている「ターキー・ポイント原発」は、ハリケーンによる高潮(storm surge )の激化による、フクイチ型の水没被害も想定された要注意原発だった! ★ フクイチは強風による排気塔の倒壊も懸念される! 高浜などは後背地の土砂崩れが心配だ! 

Screenshot7470

Screenshot7471

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 2015-12-24〔地球温暖(暑熱)化で臨海原発が危ない〕◆ 米国の海岸線に立地する、すくなくとも4ヵ所の原発、2050年までに高潮の激化で危機に陥る恐れ! ほかの9ヵ所(軽13ヵ所)の原発も、海面上昇で(稼働終了後)、水没の可能性 ◇ すでに2012年時点で、海温上昇で取水できず、運転停止に追い込まれる「現実的な危機」も発生! ★ 臨海原発だらけの日本も、廃炉後を見通すなど長期的な視野で対策を採るべきだ! 先送りは(ここでも)許されない! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-9c3e.html

          *

 ・ 突発的な高潮被害は別として、海面上昇による水没の恐れがある原発として、ナショナル・ジオグラフィック誌のレポートが最初に挙げているのが、フロリダのターキー・ポイント原発だ。

 ターキー・ポイント原発は2032年まで運転予定だが、それを過ぎたいずれかの時点で、敷地の大部分が海面下に没する。

          *

 海面上昇ではなくハリケーン(台風)などのよる高潮(storm surge )の激化による、フクイチ型の水没被害も想定されている。

Posted by 大沼安史 at 11:37 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の原発危機 ★ UPDATE中〕◇ ハリケーン「イルマ」、ターキー・ポイント、セント・ルーシー両原発のあるフロリダを直撃 ◆ 風速160キロ! 送電網ダウン 400万世帯に停電拡大 復旧まで数週間の恐れも ★ 原発も外部電源喪失?? 気象激変で台風が超弩級化している! フクイチをはじめ日本の原発は耐えることができるのか?

………………………………………………………………………………………

★ 「憂慮する科学者同盟」のエド・ライマン博士が警告! ――「ターキー・ポイント原発」に2基、設置されている「非常時注入用冷却水貯蔵タンク(condensate storage tanks)」が「イルマ」暴風で損壊の恐れ!
 ⇒ http://allthingsnuclear.org/elyman/floridas-nuclear-plants-and-hurricane-irma

Screenshot7477

 

・  To give just one example, its strategy to keep the two reactors cool if there is a total loss of electrical power (both offsite and on-site back-up power) includes initially drawing water from two water supply tanks (so-called condensate storage tanks), running the water through the reactors’ steam generators, and dumping the steam that is produced by the heat of the nuclear fuel in the reactor cores into the atmosphere (when the plant is operating, the steam is used to generate electricity).

 But here’s the rub: These tanks were not designed to withstand objects thrown about by the high winds occurring during tornadoes or hurricanes.

          *

 ★ ライマン博士によると、「ターキー・ポイント原発」が内・外部電源を失ったとき、テネシー州メンフィスの原子力業界が設置した「全米安全強化対応センター(National SAFER Response Centers)」から救援危機・人員が派遣されることになっているそうだ。 

 そういう事態にならないことを祈る。

 航空機・ヘリでの機材・人員の投入になるが、現地の空港が使えないとなると、重大に危機に陥る。

          *

 「対応センター」からの機材・人員投入先のひとつとされたマイアミ国際空港が閉鎖された!

 ハブになっているような国際空港も閉鎖! 

 となると、もうひとつの搬入先である、至近の地方空港はすでに使えない状態にあるとみるのが妥当なところだ!

 救援ルートが途絶えたということではないか?

 こうなると、米軍が出動せざるを得なくなることにも!

 ターキー・ポイント原発はいまどんな状態にあるのか?

………………………………………………………………………………………

★ マイアミの日本総領事館は早々と、7日以降、臨時閉館 ⇒ http://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

Screenshot7478

………………………………………………………………………………………

Screenshot7472

 

◎ CNNアップデート ⇒ http://edition.cnn.com/2017/09/09/us/hurricane-irma-florida-latest/index.html

………………………………………………………………………………………

 ★ シャーロット・ハーバーで、ハリケーン「イルマ」による「引き潮」が起き、海岸の底が剥き出しになる!

 低気圧のため? 強風のため?

Screenshot7483

………………………………………………………………………………………

 ★ マイアミで、強風がアパートメントの屋根をはがす。

Screenshot7482

………………………………………………………………………………………

 ★ (日本時間午後3時57分付け)  フロリダ州デイトナ・ビーチ 女性レポーターが吹き飛ばされそうになりながら、立ちレポ! 「暴風なんてものじゃない!('Winds are beyond ferocious')」

 「イルマ」はカテゴリー1へと勢力を弱めたとされるが、猛烈な暴風は収まっていない。

 ( 気象操作で気圧差が故意につくりだされているのかも?……)

 

Screenshot7479

………………………………………………………………………………………

★ フロリダ停電、400万世帯に拡大! 

 Nearly 4 million without power in Florida

 As of 1 a.m., Florida's power companies had 4 million customers without power:

 Florida Power & Light – 3,563,220

 Orlando Utilities – 104,328

 Tampa Electric – 275,763

………………………………………………………………………………………

 ★ フロリダ・キーウエストを襲った高波。

Screenshot7475

Screenshot7474

Screenshot7476

 

………………………………………………………………………………………

★ 風速160キロ! 猛烈な暴風雨!

 September 10, 2017 11:59pm EDT

 What you need to know now
 • The strength: Irma is currently a Category 2 with sustained winds of 100 mph.

  100mph= 160.9344kph

………………………………………………………………………………………

 ★ マイアミが洪水! 街路が川の流れに!

Screenshot7473

………………………………………………………………………………………

   ◇ フロリダのジュノ・ビーチで 風速  83mph= 133.5756kph 

  クリアウオーター・ビーチで風速 78mph= 125.5288kph を記録!

 

An unofficial observing station in Clearwater Beach, Florida, just measured a wind gust of 78 mph.

The Juno Beach Pier recently reported a wind gust of 83 mph.

    風速125キロの恐ろしい暴風が吹いた!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ウォールストリート・ジャーナル Irma Knocks Out Power to 3.5 Million Customers in Florida
 (8分前)⇒ https://www.wsj.com/articles/irma-knocks-out-power-to-more-than-1-6-million-customers-in-florida-1505066681

………………………………………………………………………………………

Screenshot7469

………………………………………………………………………………………

★ 以下の写真は米国のメディアから。

Screenshot7466

Screenshot7468

Screenshot7467

Posted by 大沼安史 at 11:03 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-10

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ NHK福島放送局が報道! ―― ◎ 「乳製品の消費拡大へ福島市で催し」 / 《 福島市から4歳の娘と訪れた40代の女性は、「原発事故の直後は大丈夫かなと心配していましたが、今は十分に安心できるので、これからも子どもたちに県産の牛乳を飲ませてあげたい」と話していました。》

Screenshot7465

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK福島 乳製品の消費拡大へ福島市で催し
 (10日12時33分)⇒ http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053687721.html

          *

 ★ NHKはすぐ「消して」しまうので、歴史の資料として、記事本文を回収・保全。

          *

 牛の乳搾りや乳製品の試食などを楽しめる催しが福島市で開かれ、多くの家族連れでにぎわっています。

 この催しは、乳製品の消費拡大につなげようと福島県内の酪農家で作る組合が毎年この時期に開いていて、会場のあづま総合運動公園には午前中から多くの家族連れが訪れています。

 牛の乳搾りができるコーナーでは、子どもたちが親指と人差し指でわっかを作って上から一気に絞ることなど、組合の職員からコツを教えてもらい作業を体験していました。

 また、会場には、新鮮な牛乳などを試飲できるコーナーも設けられ、多くの人たちが濃厚な味わいを楽しんでいました。

 主催した組合によりますと、福島第一原発事故の前に県内で300戸近くあった酪農家のうち、現在事業を再開できているのは190戸ほどだということです。

 この催しも原発事故などの影響で3年間開催が自粛されましたが、平成26年から再開され、年々にぎわいが戻ってきているということです。

  福島市から4歳の娘と訪れた40代の女性は、「原発事故の直後は大丈夫かなと心配していましたが、今は十分に安心できるので、これからも子どもたちに県産の牛乳を飲ませてあげたい」と話していました。

Posted by 大沼安史 at 10:26 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ NHKが「いまごろ報道」! ―― ◎ 「甲状腺がん再手術に支援強化へ」/ 「民間の基金〔3・11甲状腺がん子ども基金〕が追加の療養費を支給するなど支援を強化することになりました」 ★ 同「基金」の旗揚げは昨年7月。NHKは今回の報道になかで「ことし3月」の「基金」の会見の様子も映像で報じている! 一応、取材だけはしていたようだ。これまで、どうしてスルーして来たのだろう! 甲状腺癌のこどももいる家庭から受信料をとっておきながら! 恥ずかしくはないのだろうか!

Screenshot7459

………………………………………………………………………………………

Screenshot7463

Screenshot7461_2
Screenshot7462

………………………………………………………………………………………

◎ NHK福島 甲状腺がん再手術に支援強化へ
 (10日午後5時02分)⇒ http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053806201.html

          *

◎ NHK 原発事故後の甲状腺がん 民間基金が再発に追加支援 (★ このニュースは全国的にどの範囲で流されたか不明
 (10日午前10時46分)⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170910/k10011133891000.html

          *

◎ グーグル検索 「3・11甲状腺がん子ども基金 NHK」結果 ⇒ https://www.google.co.jp/search?source=hp&q=%EF%BC%93%E3%83%BB%EF%BC%91%EF%BC%91%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E5%9F%BA%E9%87%91+NHK&oq=%EF%BC%93%E3%83%BB%EF%BC%91%EF%BC%91%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E5%9F%BA%E9%87%91+NHK&gs_l=psy-ab.3..35i39k1.1208.1208.0.1750.2.2.0.0.0.0.177.272.1j1.2.0....0...1.1.64.psy-ab..0.2.272.6.O8p8hu-9_KY

          *

 ★ NHKはすぐ「消して」しまうので、歴史の資料として、報道全文を回遊・保全。

          *

 東京電力福島第一原発の事故の後、甲状腺がんと診断された子どもにがんが再発するなどして再手術するケースが出ていることから、民間の基金が追加の療養費を支給するなど支援を強化することになりました。

民間の基金、「3・11甲状腺がん子ども基金」は、原発事故後に甲状腺がんやがんの疑いと診断された25歳以下の子どもたちに1人あたり10万円の療養費の支援を行っていて、これまでに96人に支給しています。

福島県が行っている甲状腺検査でこれまでにがんやがんの疑いと診断された人は191人にのぼっていて、再発するケースも出ています。
このため基金は再発や転移した患者への支援を強化することになり、再手術を受けた福島県と県外の4人に10万円を追加で支給しました。

基金によりますと、国内の手術では、通常、機能を維持させようと甲状腺をできるだけ残す方法がとられているため、再発するケースも想定されているということです。

基金の崎山比早子代表理事は、「がんである以上、再発や転移は否定できない。精神的にも経済的にも支援の手を差し伸べていきたい」と話しています。

基金の電話番号は0120-966-544で、今月24日に医師による無料の電話相談を行う予定です。

Posted by 大沼安史 at 10:18 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 2011年の「3・11」当夜、なんとフクイチ・1・2号機排気塔(筒)から、「黒煙と炎」が噴出! ◎ 画像解析の世界特許を保有する岩田清さんが陸自空撮映像を分析して究明! ◇ 陸自空撮映像に「1分9秒」の空白! 削除された時間帯に、隠蔽されたフクイチの最初の「爆発」があった可能性を指摘! ★ 岩田さんは名古屋在住。東京新聞・中日新聞は岩田さんに取材し、画像解析が告げる「真実」を内外に報じるべきだ!

Screenshot7452

 

 

 

 

Screenshot7453

Screenshot7451

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチは「初夜爆発」を起こしていた可能性が強まった。

 岩田清さんは陸自空撮映像の分析で、最初の爆発が「2号機」だったと指摘しておられる。

 フクイチ核惨事の真相に迫る重大な指摘だ。

 岩田さんには、こんごのさらなる解析をお願いしたい。

 77歳が、ここまで、がんばってらっしゃる。

 頭が下がる!

          *
 

 ★ 上記は、岩田さんがツイッター・FBで公開した、2011年3月11日午後10時26分01秒時点での空撮映像解析画像。

 黒煙ばかりか炎も!

 しかも、この黒煙は「何回目かの黒煙」だそうだ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot7449

………………………………………………………………………………………

           *

 
〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さん ツイート報告 (7日付け)⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/905699152603971584

Screenshot7454

………………………………………………………………………………………          *

 ◎ 岩田清さんのFB (9日付け)
 ⇒ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=119084585480687&id=100021374375114&pnref=story

 ・ 自衛隊の、福一原発地震津波襲来当日の動画の極め付きの重要な所は、実は、極めて重要な視覚証拠であったあろう部分が切除されている所です。

 切除された時間が1分9秒も有る事から、私は『此の切除で失われた時間に、最大の爆発があったのではないか?』と考えます。

 そして、『此の爆発で生じたテルル132などの高放射線量微粒が、原発北側の浪江町と原発南側の富岡町とで発見されている事に由って、此の核種がいわゆる「1号機爆発以前の爆発物の核種」で、爆発で風ではなく「直達」したからこそ、原発の北側と南側とで発見されるのだ!』と見做せ、高放射線量微粒が、当初は、風よりも「直接」で飛散した事が、理論的に矛盾なく証明されます。

Posted by 大沼安史 at 10:37 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 8日朝、解体作業をしていた下請け作業員が呼吸内部被曝した「タンク」は、「原子炉建屋内の高濃度汚染水をセシウム吸着装置などで処理した後の汚染水がためられていた」(毎日新聞・大阪本社版、9日第2社会面)もので、「汚染水はすでに抜き取っていた」(同)――そうだ!

 ★ 「処理済みの汚染水」、あるいはそれを溜めていたタンクが、これほど猛烈な被曝源に! 

  ★ セシウムを除去した「処理済み」汚染水は決して「浄水」ではない!

    海洋投棄は許されない!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7448

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 抜き取った処理済み汚染水は、どう処分したのだろう?

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞電子版には、なぜか、以下の共同電が掲載されているだけだ!
 ◆ 福島第1原発 作業員が微量の内部被ばく(8日付け)⇒ https://mainichi.jp/articles/20170908/k00/00e/040/248000c

Posted by 大沼安史 at 10:04 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の9月に〕◇ ハリケーン「イルマ」、フロリダの臨界原発、「ターキー・ポイント原発」(マイアミの南42キロ、原子炉2機)、直撃へ 勢力を盛り返す ◆ ロイター通信が「米国の原発産業にとって、フクシマ後、最大の試練に」と報道! ターキー・ポイントのオペレーター(電力会社)、原子炉シャットダウン態勢で「イルマ」来襲に備える!

 

Screenshot7457

★ 日本の再稼働原発は 「気象変動・超巨大台風」 の直撃にどれだけ耐えれるものか?

………………………………………………………………………………………

Screenshot7447_2

………………………………………………………………………………………

 ★ ターキー・ポイント原発は海抜6m。

 危うい!

          *

〔★は大沼〕 ◎ ロイター通信 (米国時間9日付け)⇒ https://www.reuters.com/article/us-storm-irma-nuclear/hurricane-irma-poses-toughest-test-for-u-s-nuclear-industry-since-fukushima-idUSKCN1BJ2QG?il=0

………………………………………………………………………………………

 ★ 写真はグーグル。

Screenshot7446

………………………………………………………………………………………

◎ ワシントン・ポスト Florida nuclear plants could take a direct hit from Hurricane Irma. Plant owners say they are ready.
 ⇒ https://www.washingtonpost.com/news/energy-environment/wp/2017/09/08/florida-nuclear-plants-could-take-a-direct-hit-from-hurricane-irma-plant-owners-say-they-are-ready/?utm_term=.c93d17b5fe98

Screenshot7455

Posted by 大沼安史 at 09:43 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-09

〔新刊案内〕◇ 『世界が見た福島原発災害 6 核の地獄を超えて』(緑風出版) ◎ 14日発売です。

 ◎  緑風出版 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/09/post-f2d4.html

 【ご注意】 ただし、版元の「緑風出版」は「アマゾン」に出荷を停止しています。「アマゾン」では「新刊 予約受付中」のようですが、ご注意ください!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7445

 

………………………………………………………………………………………

緑風出版のアマゾンへの出荷停止の理由については ⇒ こちら 

          *

 

 ◎ 袖文と見出し一覧

 

 福島第一原発事故から6年、海外メディアが伝えるフクシマの核の地獄! ライブカメラが捉える建屋上空のミステリアスな「閃光」、漂う霧は何を意味しているのか? 完全防護の原発作業従事者の年間被ばく限度と同じ被曝地域を次々と避難解除し、住民を丸裸で「強制帰還」させている政府の政策は、人々を死の危険に曝す非人道的な犯罪であると、海外メディアは告発する。そして沈黙しフェイク・ニュースを流す国内メディア……
 本書は、海外メディアが伝える「フクイチ」の恐るべき現実、日本のメディアが絶対に伝えない真実を明らかにする第6弾!(2017.09)

■ 内容構成

第1章 帰還

 「被曝地への強制帰還」
 「人を欺く情報」と「経済的な強制」
 国連の人権勧告も無視して
 国際人権規約に違反
 「犯罪者のようなふるまい」
 連休の公園での自死
 「自主帰還者」にされて
 「卵が先かニワトリが先か」
 豹模様のホットスポット
 フクシマ・ロンリータウン
 ドングリ拾いも禁止
 初めにオリンピックありき
 オートラジオグラフ
 「洗剤の箱」の「死の灰」
 日本で最も美しい村
 村がひとつの原発であったなら
 神話で抵抗を抑止
 「その向こうに核の地獄がある」
 チェルノブイリとは逆方向
 「フクイチ石棺化」を封印
 「アンダー・コントロール」の虚構を死守
 帰還地に死の灰は降り注ぐ


第2章 閃光

 海外ウォッチャーが「閃光」とらえる
 「宝石」のような
 「2色スパーク」や「ペア・スパーク」も
 TBS・JNNカメラでもダブル確認
 「核の沼地」に?
 まるで「ミニ水爆」
 「黒煙」も
 「トリチウム霧」?
 地下で再臨界、続く
 「放射能霧」
 二〇キロ地点で一六七ベクレル/リットル
 「稀ガス建屋」は主噴火口か?
 「フクイチ港」が泡立っている!
 すでに「天然原子炉化」?
 首相式辞に「原発事故」なし


第3章 山火事

 放射能二次災害なのに
 放射能森林火災
 呼吸被曝のリスク
 テスト火災
 東京までの距離に匹敵
 癌死リスク
 放射能煙で食品汚染
 ロンドンにも到達
 実は欧州全域を再汚染
 微生物の死の圏域
 有機堆積物が燃料に
 火災のピークは事故の三十七年後と五十年後に
 「大規模な飛散はない」で幕引き
 ウクライナ人専門家がいるのに
 市民グループがリネン吸着法で観測
 チェルノブイリでは国連防火プロジェクトが進行
 南方熊楠、この世にありせば
 フレコンバッグ除染有機廃棄物火災の恐れ
 フレコン・アイデンティティー


第4章 フェイク
 
「ポスト真実の政治」へ
 「フェイク・ニュース」
 「フクシマ・フェイク・ニュース」
 「象の足」の五倍
 「ほぼ即死」線量
 日本政府のフェイスブックが炎上
 高校生がノーマスクで
 東電の内規を覆して
 医療学会の見学は「女性禁止」
 女性記者にはマスクと防護メガメを支給
 「東電よ、恥を知れ!」
 核惨事と向き合う人の横っ面を叩く
 閃光は高校生の見学の前日にも
 朝日新聞特報部の栄光と挫折
 調査報道を沈ませた罠
 「脱ポチ宣言」と張り出す
 「カウンター言説」を一掃
 五輪向けコントロールを強化
 人を小馬鹿にしたマヌーバー
 大リーガーは五輪に来ない?
 五輪テロは東海村を狙う
 三閣僚のイスラエル詣で
 米国NSAと諜報一体化
 ロンドン五輪を上回るセキュリティーに
 イスラエル八二〇〇部隊と提携か
 「全てを包含するハイテク諜報」


第5章 謝罪

 「わたしは巨大な犯罪の共犯者の一人」
 常務は泣きじゃくった
 「闇の中をうろうろ」
 事故調の提言も法律も無視
 地球汚染の大罪
 事故後三カ月で最大5ミリシーベルトも被曝
 ヨウ素プルー ム、欧州を襲う
 欧米モニタリング・ポストで異常値
 双頭のネズミイルカ
 ヨウ素129を検出
 海洋プルームからも
 北米西海岸の惨状
 トリチウム垂れ流しを「すでに決定」
 「認識が違っていたら申し訳ない」
 「一〇〇万年の活火山となる」
 「史上最悪の産業惨事」
 「脱原発」への巡礼

フクシマの丘から あとがきに代えて

………………………………………………………………………………………

 

★ 図書館リクエストをぜひとも、お願いします。

 

 地元の本屋さんでもぜひ!

 

 通販に頼らざるを得ないかたは、

 

   honto ⇒ こちら 

 

   紀伊国屋 ⇒ こちら 

 

   楽天 ⇒ こちら 

 などをご利用ください。

          *

 ◎ 緑風出版からの直接購入は ⇒ こちら 

Posted by 大沼安史 at 06:54 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)〕◇ 携帯(ガラケー)の「ワンセグ」受信不能区域は、本日夕方の実測の結果、自宅を中心とした「帯状の区域」と判明! ★ 折しも自宅斜め上空に白い機体の航空機が飛来し、本日5本目(?)のケムトレイルを散布! / ケム撒きは「ワンセグ」受信を不能とするほどの強烈な電磁波照射と関連か? / 某関係筋に調査を依頼!

★ 帯状ゾーン外の、自宅から300mほど離れた地点では、ごらんのように、クッキリ受信! 下は受信不能の画面。

Screenshot7440

Screenshot7439_2

………………………………………………………………………………………

★ 本日午後5時6分、自宅斜め上空にケム撒きの白い航空機が飛来!

Screenshot7442

Screenshot7441

………………………………………………………………………………………

Screenshot7443

 ★ ケム機の上に写っているのは、リボン状に散乱・拡散したケムトレイル!です

………………………………………………………………………………………

 ★ ケム筋が複数、平行して散布された!

 米国の解説では、バリウム、アルミニウム、ストロンチウムが主に撒かれているのだそうだ。

 バリウムは電磁波の透過を誘導・強化するものだという。

Screenshot7444

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ 2017-09-09〔甲賀の里(滋賀県湖南市)より、SOSアピール!〕◇住宅地の一角の自宅内で、携帯電話のワンセグが入らないことを改めて確認! ◎工作員組織によるとみられる猛烈な電磁波照射のせいで、山形の賃貸マンション内でも同じ現象が起きていた。ふだん携帯ワンセグは観ないのだが、NHKの集金の人が「ワンセグでも支払い義務がある」と訪ねて来たとき、映らないことを確かめた! それが甲賀の自宅でも! 実は数日前、中国自動車道を高速走行中、偶然、明瞭に映るのを確認したので今夜、試した次第です! かれこれ4年も、こんな状態!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/09/post-f2d4.html

Posted by 大沼安史 at 06:31 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)より、SOSアピール!〕◇住宅地の一角の自宅内で、携帯電話のワンセグが入らないことを改めて確認! ◎工作員組織によるとみられる猛烈な電磁波照射のせいで、山形の賃貸マンション内でも同じ現象が起きていた。ふだん携帯ワンセグは観ないのだが、NHKの集金の人が「ワンセグでも支払い義務がある」と訪ねて来たとき、映らないことを確かめた! それが甲賀の自宅でも! 実は数日前、中国自動車道を高速走行中、偶然、明瞭に映るのを確認したので今夜、試した次第です! かれこれ4年も、こんな状態!

 ★ 神戸近くの中国自動車道では写って、甲賀の住宅地の自宅ではまったく写らない、マイ・ガラケー!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7439

………………………………………………………………………………………

 ★ 被害はまず仙台の自宅マンションで始まりました。

 高周波・低周波の異常値測定画面の記録(写真)を持って警察の窓口に訴えたました。しかし、宮城県警は動いてくれなかった。電波管理局に言っても、ダメでした。(仙台のある警察署では、わたしたちの訴えを聴いた実直な警察官が顔を赤らめていました。国の電波監理の出先にいったとき、事務所の人たちが異様に緊張した態度だったことを覚えています。また、その際、東京の関係筋から、仙台の警察に圧力がかかっている、との情報が入ったことを覚えています)。

 仙台から避難した静岡県の袋井市では、袋井警察署の交番に、電磁波測定記録(写真つき)をつけて訴え出ると、静岡県警本部に測定記録を送るところまではしくれましたが、それ以上は、ありませんでした。

 (袋井のアパートでは、腕時計などさまざまなものがゴーストライティングで盗み出されもしました)

 その後、岡山の山中、山形市と避難を続け、昨年春から滋賀県在住。

          *

 ここ甲賀の里では、スズメたちが周辺から姿を消すなど、異変が続いています。

 ガンマ線の線量計も超異常値を出し続け、X線and/or中性子線ではないかと、友人らから警告を受けています。

          *

 見守ってください。

 それがわたしたちにとって、最大・唯一のディフェンスです。

Posted by 大沼安史 at 01:02 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「トモダチ作戦」で被曝した米海軍水兵5人の遺族も対東電訴訟に参加 ―― / 東電を相手どって、新たに157人が提起した「第2次洋上被曝訴訟」の原告のなかに、前立腺癌で死亡したルビー・ペレスさんら、すでに被曝死を遂げた5人の遺族が含まれていることが分かった” / 5人のうちの3人は昨年(2016年)に死亡! ★ ここに来て、空母「ロナルド・レーガン」乗員ら「トモダチ作戦」に参加した米兵の被曝の悲劇が続出……いや「噴出」している!

 SAN DIEGO (CN) — Families of five Navy service members who died after responding to the Fukushima nuclear meltdown have sued Tokyo Electric Power Co., blaming the deaths on radiation illnesses contracted from the March 2011 disaster.

………………………………………………………………………………………

Screenshot7438

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 米コートハウス・ニュース(CN)/ Navy Families Sue Fukushima Operators for Wrongful Death
 (8月22日付け)⇒ https://www.courthousenews.com/navy-families-sue-fukushima-operators-wrongful-death/

………………………………………………………………………………………
 

 ★ 時間の経過とともに、洋上被曝のすさまじさが明らかになってきた!

 東電がこれ以上、責任を頬被りしていると、2020年の東京オリンピックにも影響が出かねない状況だ!

          *

 The 81-page lawsuit contains few details about the five service members’ deaths, three of whom died in 2016.

 Ruby Perez, who died of ovarian cancer, is the only plaintiff whose illness is specified.

………………………………………………………………………………………

 ★ 遮るもののない海上を通過した放射能プルームによる悲劇! 米海軍が誇る原子力空母「ロナルド・レーガン」も、これにはなすすべもなかった!

 大間原発で函館市が直面する実存的な脅威とは、津軽海峡を越えてくる、この死の灰・放射能雲の直撃だ!

 函館は、このままでは大間発の「核攻撃」をモロに浴びかねない、いわば「不沈空母」である。おまけに身動きもとれない!

Posted by 大沼安史 at 12:18 午前 | | トラックバック (0)

2017-09-08

〔独誌『シュピーゲル』が世界に警告報道!〕◇ 日本の副総理がヒトラーの意図は「正しかった」と言っている! タロー・アソーは歴史から学んでいない! ―― ★ かつて「ナチスの手口をどうして学ばないんだ?」発言で国際社会を驚愕させた、安倍政権の麻生副総理の、またもトンデモ発言を、ドイツの高級誌、『シュピーゲル』は、聞き流さなかった! 

〔★は大沼〕 ◎ シュピーゲル / Japans Vizepremier nennt Hitlers Absichten "richtig"
 (8月30日付け)⇒ http://www.spiegel.de/politik/ausland/japan-vizepremier-taro-aso-nennt-adolf-hitlers-absichten-richtig-a-1165232.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7437

Posted by 大沼安史 at 11:35 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ フクイチ・たそがれ

 ◎ 東電ライブカメラ(4号機側)⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html 

………………………………………………………………………………………

Screenshot7436

………………………………………………………………………………………

Screenshot7435

Posted by 大沼安史 at 06:18 午後 | | トラックバック (0)

2017-09-07

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 北朝鮮の水爆実験・ミサイル発射をよそに、フクイチでは例によって、いろとりどりの「閃光(スパーク)」が花火のように出現 ―― ◎ 米国のフクイチ・ウォッチャーが東電ライブカメラ映像でスクショ ★ 安倍政権は、フクイチの「Jアラート」も出すべきではないか?

 ★ 写真は8月15日以降のスクショのクローズアップ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot7424

Screenshot7425

………………………………………………………………………………………

Screenshot7426

Screenshot7427

………………………………………………………………………………………

Screenshot7428

Screenshot7429

………………………………………………………………………………………

Screenshot7430

Screenshot7431

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ the Cafe Rad Lab Forum WEBCAM August 2017  
  #23~ ⇒ 
http://caferadlab.com/thread-2063-page-2.html

Posted by 大沼安史 at 10:42 午前 |

〔フクイチ・メガ核惨事 ハルマゲドン標的のフクイチ、再稼働・再稼働計画原発を放置しなから、北朝鮮ミサイル危機を煽る安倍政権〕◇ NHK・ワールドが隠岐の島の小学校での「破砕窓ガラスから身を守る」訓練を、国際社会に拡散報道! ★ フクイチからは連日、「追加的放出」の「死の灰・ミクロ核ミサイル」が次々と猛烈に発射されている! それさえ止めることのできない安倍政権が、島のこどもたちを使って! 

Screenshot7422

Screenshot7423

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHKワールド(英語) Japanese island holds missile drill
(6日付け) ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20170906_29/

          *

 ◎ 産経新聞 隠岐の島でミサイル訓練 北朝鮮の相次ぐ発射受け 2千人参加
 (6日付け)⇒ 
http://www.sankei.com/west/news/170906/wst1709060031-n1.html

 ・ 北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、島根県・隠岐諸島にある隠岐の島町と同県は6日、同町で避難訓練を実施した。県によると、約2千人が参加し、これまでに各地で実施された同種の訓練としては最大規模。離島での訓練は全国初という。

Posted by 大沼安史 at 09:56 午前 |

2017-09-05

〔北朝鮮 水爆プルーム〕◇ スイス気象台の気流予報によると、水爆・放射能プルームは7日(木曜日)朝から、九州北部をはじめとする西日本一帯に流れ込むものと見られている。要注意です。

〔★は大沼〕 ◎ スイス気象台 ⇒ http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7418

Screenshot7417

Posted by 大沼安史 at 12:42 午後 | | トラックバック (0)

2017-09-04

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 日本は1993年11月、放射性廃棄物の海洋投棄の永久禁止に賛成投票をしたことを忘れてはならない! ―― ◎ 太平洋の対岸、米国の反核・環境保護団体・個人が東電と日本の原子力規制庁に、トリチウムを含むフクイチ・汚染水の太平洋・垂れ流し投棄に反対する公開書簡!

Screenshot7413

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本は廃棄物の海洋投棄を禁じた「ロンドン条約」の批准国。

 1993年の条約会議では、海洋投棄禁止対象の物質が「放射性廃棄物およびその他の放射性物質」(「放射性廃棄物等」)に拡張された。

 安倍政権は森友や今治のように、「忘れた。知らぬ。存ぜぬ」では済まされない。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ビヨンド・ニュークリア Beyond Nuclear joins ocean and conservation groups to protest Japan dumping radioactive water into Pacific
 (8月30日付け)⇒ http://www.beyondnuclear.org/home/2017/8/30/beyond-nuclear-joins-ocean-and-conservation-groups-to-protes.html

 ◎ 公開書簡全文⇒ http://static1.1.sqspcdn.com/static/f/356082/27670083/1504052404573/Nuclear+Dumping+Letter-2.pdf?token=b5Y0JKHfpAb8lpg3cxj7HNckLHI%3D

 ・ Marine Pollution by Dumping of Wastes and Other Matter 1972 (The London Convention) is one of the first international agreements for the protection of the marine environment from human activities. The London Convention prohibits ocean dumping of all radioactive wastes and ocean dumping of all other radioactive matter with more than de minimis (exempt) levels of radioactivity, as defined by the International Atomic Energy Agency.

Over 80 countries are parties to the London Convention, including Japan. In 1993, Japan, and 36 other nations, voted to permanently bar the dumping of nuclear waste at sea.5 As a party to the Convention and a supporter of the initial ban of dumping nuclear waste, Japan should reconsider breaking the promises it has made by dumping tritium into the Pacific Ocean.

          *

 ◎ ロサンゼルス・タイムズ 37 Nations Vote to Ban Dumping of Nuclear Waste in Oceans
 (1993年11月13日付け)⇒ http://articles.latimes.com/1993-11-13/news/mn-56499_1_nuclear-waste

http://articles.latimes.com/1993-11-13/news/mn-56499_1_nuclear-waste

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事 北朝鮮のグルメ3代目が水爆実験〕◇ ≪おしどりマコさんFB≫ ◇ 北朝鮮の核実験に伴うWSEEDI-IIによる放射能拡散予測結果。1Bq/h放出したと仮定しての予測。福島第一から数万Bq/h放出されてる放射性物質の予測マップこそ欲しいんですけどね。

Screenshot7412

〔★は大沼〕◎(4日付け)⇒ https://www.facebook.com/mako.oshidori/posts/1532733696806195?pnref=story

………………………………………………………………………………………

 ★ 浪江町の十万山放射能山火事のときも、安倍政権はSPEEDI予測は出さなかった!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7411

 

 

Posted by 大沼安史 at 05:35 午後 | | トラックバック (0)

〔新刊案内 & ご注意願います〕◇ 『世界が見た福島原発災害 6 核の地獄を超えて』(緑風出版) ◎ 14日に発売です。ただし、版元の「緑風出版」は「アマゾン」に出荷を停止しています。「アマゾン」では「新刊 予約受付中」のようですが、ご注意ください!

 ★ また、改めてご案内させていただきますが、シリーズ「6巻目」をようやく書き上げ、ただいま印刷中です。

 

 緑風出版のアマゾンへの出荷停止の理由については ⇒ こちら 

 

 まちの本屋さんと出版文化を守ろうという同社の心意気に、小生も感激です!

 

          *

 

 ★ 図書館リクエストをぜひとも、お願いします。

 

 地元の本屋さんでもぜひ!

 

 通販に頼らざるを得ないかたは、

 

   honto ⇒ こちら 

 

   紀伊国屋 ⇒ こちら 

 

   楽天 ⇒ こちら 

 などをご利用ください。

          *

 ◎ 緑風出版からの直接購入は ⇒ こちら 

Posted by 大沼安史 at 01:09 午後 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ 雀の群れ、消える! 雀たちお気に入りの手作りパンや無農薬米を自宅2階ベランダや門柱の上に置いているのだが、朝からあれだけ「催促鳴き」がうるさかったのに、2ヵ月ほど前から、パタリと消え、一羽も来なくなった! 頭上の空にケムトイレルが撒かれ、室内線量がさらなる異常値を示し始めたころから!

Screenshot7410

………………………………………………………………………………………

 ★ 集団ストーカー組織の執拗な攻撃と闘っている北海道・旭川市のMさんが自宅や公園で雀たちに食パンのエサ(オリゴ糖とマーガリンを練り合わせる)をあげていると聞いて、この春から、真似して、パンや玄米をあげるようにしてきた。

 門柱はご近所の迷惑になるので、途中から2階ベランダに切り替え、糞が庭に落ちるようにして来た。

 親鳥がひなを連れてくるようになった。

 ところが2ヵ月ほど前から、ベランダの「食堂(給水つき」に雀たちが姿を見せなくなった。

 水田の新米を食べに行っているのか、と思っていた。

 ところが、旭川のMさんによると、公園の雀たちはストーカー組織のいやがらせで、農薬まじり(?)のエサで全滅したが、Mさんの自宅のほうには毎朝、雀たちが数十羽、食べに飛んできているという。

 わたしたちの場合、自宅はもとより周辺でも雀たちが姿をくらましており、カラスも出て来ない。

 おかしい!

 で、昨日昼過ぎ、こんどは門柱の上に好物のパンを置いて、食べにくるかどうか見守り続けた。

 夕方まで待ったが、来ない!

 一夜明けた、今朝になっても! 

          *

 ★ 雀たちには悪いのだが、わたしたちはこの4年間というもの、工作員組織により、猛烈な電磁波照射と中性子線あるいはX線と思われる放射線の照射攻撃を浴びているものだから、カナリア代わりにエサを食べに来てもらっていた!

 2ヵ月前といえば、わたしたちの自宅頭上に低空でケムトレイルを撒かれ始め、同時に、電磁波およびガンマ線空間線量が異常値を示し始めたころ。

 雀が姿を見せなくなった時期と重なる!

          *

 ★ 蝉も鳴かない。虫も鳴かない。

 脱原発の声をあげる、わたしたちのようなフクイチ・ヒバクシャは、生かしておけないと思っている輩がいて、いわゆるスローキル(Slow Kill)病殺攻撃を続けているらしい。

 
 うわさの「K機関」の「K」とは、Kill(殺す)のKかと想像したくもなる!

 (「K機関」 ⇒ こちら )

 死の灰にまみれ、原発再稼働の狂奔する、この安部政権下の「美しい国」は、なんとも、おそろしい国だ!

          *

 ★ 念のため、わたしたちは絶対に練炭自殺などいかなる方法によっても「自死」しないことを宣言しておく!

Posted by 大沼安史 at 11:57 午前 7.ケムトレイル・HAARP |

〔ケムトレイル情報〕◇ 8月30日午後4時半すぎ 中国自動車道(三田IC)付近上空 ◆ 快晴の空にケム機が次々に現れ、ケム撒き! 

  ★ 往路(西走)、岡山道では岡山に近づくにつれ、空が晴れ上がって、ケム筋を視認できなかった。

 以下の写真は帰路、中国自動車道での撮影!

 尻尾の先から消えていく飛行機雲(コントレイル)と違って、リボン状に広がり、拡散していくのが特徴だ!

 ★ どういうつもりなのだろう?

 ♬ 空に毒を撒き 人を殺してる 悪魔の名前は ケムトレイル …… 

 鼻歌まじりにケム撒きしている連中には、こんなクソな替え歌がふさわしい。

 日本の航空当局はなぜ見て見ぬふりしているだろう?

………………………………………………………………………………………

Screenshot7409

Screenshot7408

Screenshot7407

 

Posted by 大沼安史 at 11:28 午前 7.ケムトレイル・HAARP |

2017-09-03

〔北朝鮮核実験 スイス気象台 風向き〕◇ 放射能プルームは、火曜日(5日)の朝までは日本列島に向って来ないようだ!???

 ◎ スイス気象台
 ⇒ 
http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7404_2

Screenshot7406

Posted by 大沼安史 at 03:58 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ フクイチ港 白く泡立つ? 本日(3日)午後2時47分過ぎ ライブカメラがとらえる!

◎ 東電ライブカメラ(1号機側) ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index2-j.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7402

Screenshot7401

………………………………………………………………………………………

 ★ 午後2時42分過ぎの時点

Screenshot7398

Screenshot7400

Posted by 大沼安史 at 02:52 午後 | | トラックバック (0)

〔国民に対するテロ行為を許してはならない〕◇ 中性子線などの照射攻撃(実験・演習?)を受け続けている山口県在住、元高専教授のA先生(工学者)宅では、玄関の照明に虫たちが飛んで来ない! 蚊さえも消え、刺してこない! ★ A先生宅を通る進入路がグーグル地図から消されるなど、恐ろしい事態が進行中です。先生のツイートのフォローを! 

  先生は科学者らしく、体調が急激に悪化するなか、それが何者かによる「中性子線被曝」によるものであることをを専用測定機で検出・証明し、山口県警に訴えました。(県警は動かず!)

 そのあと、攻撃は一段とエスカレートし、いまに至っています。

 警察も手を出せない組織が、A先生の「口封じ」に躍起になっているようです。

 A先生を、見守ってください!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ A先生のツイート ⇒ https://twitter.com/knp12/status/903329712058929153

Screenshot7394

………………………………………………………………………………………

 ★ A先生は電磁波計での観察で、電磁波による「腰痛」被害を訴えてもいます。
 実は、この現象、小生(大沼)も経験しています。

 ⇒ https://twitter.com/knp12/status/899562098975399936

Screenshot7395

………………………………………………………………………………………

 ★ グーグル地図から「消された道路」については、⇒ https://twitter.com/knp12/status/898191093434429440

Screenshot7396

Posted by 大沼安史 at 08:02 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-09-01

〔田中龍作ジャーナル〕◇ 【今治発】加計誘致の自民議員(山本順三参院議員) 公共施設で秘密の国政報告会 / ≪ 「税金を使うんでしょ。あなたには説明責任がありますよ」。女性は山本議員に食い下がった。=31日夕、今治市役所駐車場 撮影:田中龍作さん= ≫

Screenshot7373
 ◎ (31日付け) ⇒ http://tanakaryusaku.jp/2017/08/00016568

Posted by 大沼安史 at 06:19 午後 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕◇ 配属先のオクラホマの米空軍基地への、「バリウム、酸化アルミニウム、ストロンチウム搬入」を確認 / 転属先のジョージアの空軍基地で、滑走路隣接居住区で自主測定・サンプリング調査をしたところ、労働安全基準を数百倍上回る異常値を検出 / 司令官に報告したところ、120日間も精神病棟に強制入院!◆ 米空軍の元女性軍曹(公衆衛生スペシャリスト)、クリスティン・メガンさんが退役から2年半経った2013年4月、米アトランタで開かれた音楽祭の場で、決意の内部告発!

 ★ 米軍によるケムトレイル撒布疑惑を確証する決定的な証言を行なう!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7372

Screenshot7369

Screenshot7371

………………………………………………………………………………………

 ★ バリウム・アルミ・ストロンチウム!

 日本のケムトレイル撒布でも、これが撒かれているのか?

          *

 ★ 日本では滋賀県日野町を中心とした地域が、ケムトレイル撒布エリア(演習場?)になっているようだ。

 メガンさんは公衆衛生の専門家としての知識を活かし、自分で基地・滑走路から1マイル内にある居住区でサンプリング調査をしたそうだ。

 日本でも心ある専門家の自主検査をお願いしたい。

          *

 ★ ケム撒きの目的だが、電磁波ダクト、選択的人口削減などの可能性が指摘されている。

          *

〔★は大沼〕  ◎ Ex-Military Bio-Environmental Engineer | Kristen Meghan | Blows Whistle On Air Force | Chemtrails
 (2013年4月11日付け)⇒ http://www.geoengineeringwatch.org/ex-military-bio-environmental-engineer-kristen-meghan-blows-whistle-on-air-force-chemtrails-2/

          *

 ◎ ユーチューブ メガンさんのカミング・アウト・内部告発スピーチ / USAF Enviromental Specialist Kristen Meghan | Blows Whistle On Air Force | Chemtrail Chemicals
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=rAxXyMAmBMs

Posted by 大沼安史 at 04:07 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔田中宇さんの国際問題解説〕◇ トランプ(米政界を支配してきた覇権派〔グローバリスト〕を無力化することを目標に、覇権放棄の戦略を持った大統領)は、転向したのではない! 「覇権勢力と取引しているということだ」―― 「トランプの苦戦」

 「トランプは「合意形成」よりも「取引」を重視する。大きな組織を信用していないので、孤立を恐れない。従来正しいとされきた常識よりも、自分の直感を重視し、自分が正しいと思えば、非難されても喧嘩腰で押し通す。誇りが高く、自尊心が強い。軍産・外交界(=覇権派)という巨大組織に包囲されて圧力をかけられるほど、トランプは闘志を燃やす。取引の結果、いったんは譲歩もするが、敗北は受け入れない。元世銀総裁で隠れ覇権放棄派(親中派)のロバート・ゼーリックは、トランプを、そんな感じで評している。」

◎(8月31日付け)⇒ http://tanakanews.com/170830trump.htm

………………………………………………………………………………………

Screenshot7362

………………………………………………………………………………………

          *

 ◇ 私は、トランプがバノンを辞めさせたり、アフガン撤退を棚上げした理由について、根本的な転向・戦略転換でなく、トランプの覇権放棄策に反対している米議会の共和党主流派との敵対を緩和するための、暫定的でうわべだけの方策だろうと考えてきた。減税や財政出動策、健康保険改革など、トランプの経済政策は、議会に次々と否決され、ほとんど実現していない。このままだと株価の急落や景気の悪化を引き起こす。それを回避する策として、トランプは7月末、4か月間の約束で、軍産・覇権派の代理人であるジョン・ケリーを大統領首席補佐官に就任させた。それ以来、ケリーは、マクマスター安保担当補佐官、ティラーソン国務長官、コーン経済担当補佐官ら、政権内の覇権派(軍産や金融界出身者)と結束し、バノンら覇権放棄派を政権から追い出し、アフガン撤退やイラン核協定離脱などの覇権放棄派の策を阻止してきた。

 こうした私の見立ては、楽観的すぎないだろうか。米マスコミは、トランプを正常な人間とみなさず、トランプの政策を理にかなったものとみていない(日本のマスコミは米マスコミの鵜呑み)。私から見ると、それはマスコミが軍産・覇権派の一部なので、公正な報道をせず、トランプ敵視に変更しているからなのだが、同時にいえるのは、報道が信用できないため、政治の動向について正確な見立てが難しくなっていることだ。今回は、最近のトランプ政権をめぐる動きの意味を、再度、分析してみる。

 ◇ 米政界を支配してきた覇権派を無力化することを目標に、覇権放棄の戦略を持って大統領になったが、政界からの大きな圧力を受けて側近群の中に覇権派を入れざるを得ず、政権中枢は覇権派と放棄派の激しい政争となり、放棄派が劣勢になっている。トランプは苦戦している。ここまでは事実と考えていいだろう。次に思いつく疑問は、トランプはバノンを切ることで、放棄派から覇権派に転向したのでないかというものだ。私は、トランプが転向したのでなく、放棄派としてやりたいことの一部をあきらめて維持派に対して(時限的に)譲歩することで、妨害されている経済政策の推進をはかる「取引」をしたとみている。

          *
 ◎(8月31日付け)⇒ http://tanakanews.com/170830trump.htm

Posted by 大沼安史 at 10:04 午前 | | トラックバック (0)