« 〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕◇ 気圏(大気中)へのケム撒き行為は条約違反の国際犯罪だ! 安倍政権はどうして取り締まらないのか? 自衛隊機はどうしてケム撒き機に対してスクランブルをかけないのか? ―― ◎ 日本も国連の「環境改変兵器禁止条約(ENMOD)」を批准していた! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「放射能に汚染された埃(ダスト)が家屋内に集積し、呼吸・皮膚接触・消化被曝の恐れ」 ―― ◎ 米国のマルコ・カルトーフェンさんとアーニー・グンダーセンさんによる「フクイチ・ホットパーティクル」論文について、環境問題のグローバル・メディア《EnviroNews》が国際社会に詳報! ★ 日本政府は、被曝地の住宅内部除染を徹底して行ない(繰り返し)、「住宅内被曝」のリスクを除去する責任がある! »

2017-08-01

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕【重要】◇ ≪ 〔滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中にある〕「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」は、世界41ヵ所に設置された《HAARP(電離層ヒーター)》のうちのひとつ! ≫ ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が著書で明らかに! ★ 日本国内にもHAARPがあった!? 人工地震、気象変動、マインドコントロールになども応用できると言われているHAARPがあった!? ジャーナリストのみなさんは事実関係の確認を!

Screenshot5417

Screenshot5418

Screenshot5419

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Elana Freeland、さん著 Chemtrails, HAARP, and the Full Spectrum Dominance of Planet Earth (ペーパーバック版59頁を参照

Screenshot7087

Screenshot7086

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 米国の地球科学者、ローレン・モレットさんが「日本にもHAARPがある。写真を見た」と書いていたので、「京大MUですか?」とメール(彼女のHP経由)で紹介したことがある。

 しかし、その問い合わせメールはなぜか「迷子メール」になって戻って来ていた!

          *

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報 2017-03-26〔ハイテク軍事研究・実験の闇 〕◇ 米国の地球科学者 ローレン・モレット女史(「モレ」とも表記)が航空写真で確認したという、「京都大学が運用する日本のHAARP」はどこにあるのだろう? 滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中に、「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」というのがあるが、これだろうか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/post-76e9.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 同 同 2017-02-09〔ハイテク軍事研究の闇〕◇ 日本国内にも「HAARP(人口地震・気象・電磁波兵器?)」施設 / 京都大学が運用 / 航空写真で確認!――と、米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が驚愕の指摘! ◆ 大阪大学の「第4世代の核兵器開発」も確認、とも言明! ★ モレット女史は2004年にジャパン・タイムズで、日本で原発惨事が起きると警告した人だ(2006年には来日している)。日本にもHAARP、日本でも新型核兵器開発……聞き捨てならない警告ではある!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-97de.html

Posted by 大沼安史 at 10:45 午前 7.ケムトレイル・HAARP |