« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「フクイチの、(東電がALPSでトリチウム以外の放射能核種を除去したという)放射能汚染処理水貯蔵タンクの全てをひとつずつサンプリングし、トリチウムだけでなく、セシウム、ストロンチウムといったその他の核種の残留具合を「独立検査」したいものだ」―― ◎ 米ウッズホール海洋研のケン・ベッセラーさんが米政府放送(メディア)「VOA(アメリカの声)」で言明  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事(関連)/ ハリケーン、テキサス原発を襲う! 日本の御用メディア、例によって沈黙!〕◇ 超大型ハリケーン「ハービー」、米テキサス州を直撃し、「破局的洪水(Catastrophic flooding )」被害 ◆ 「サウス・テキサス原発」での「フクイチの二の舞(In the wake of Fukushima)」を懸念 ★ 気象激変下、日本列島の「再稼働原発」が「台風カタストロフ」に至る恐れ、ますます現実のものに! »

2017-08-28

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ いったん北大西洋を北極海へ北上して周回、その後、南下して北米沖を通過し、20年でバミューダ(水深3000M)に到達。今後さらに南下を続け、世界的に拡散の見通し ―― ◎ 英国のセラフィールド、フランスのラ・アーグから海洋に放出された放射性物質の流れを、カナダのベドフォード海洋研が「ヨウ素129」マーカーで追跡調査 ★ 東電の垂れ流しも、この「ヨウ素129」マーカーで追跡され、太平洋全域の汚染ルートに続き、インド、大西洋への拡散具合が解明・確認されることだろう! 

Screenshot7357

………………………………………………………………………………………

 ◇ 上記図は、北極海への北上・周回ルートマップ

………………………………………………………………………………………

 ★ ヨウ素129の反撃は1570万年。

 東電は放射能残留廃液を垂れ流し、太平洋各地で汚染被害が発生すれば、この「ヨウ素129」マーカーで因果関係を証明され、賠償請求を受けることになろう!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Phys.org : 129I waste used to track ocean currents for 15,000 km after discharge from nuclear plants
 (16日付け)⇒ 
https://phys.org/news/2017-08-129i-track-ocean-currents-km.html#jCp

          *

 ◎ Fukushima 311 Watchdogs : Iodine-129 waste used to track ocean currents for 15,000 km after discharge from nuclear plants
 (18日付け)⇒ 
https://dunrenard.wordpress.com/2017/08/18/iodine-129-waste-used-to-track-ocean-currents-for-15000-km-after-discharge-from-nuclear-plants/

Posted by 大沼安史 at 06:41 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65721618

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ いったん北大西洋を北極海へ北上して周回、その後、南下して北米沖を通過し、20年でバミューダ(水深3000M)に到達。今後さらに南下を続け、世界的に拡散の見通し ―― ◎ 英国のセラフィールド、フランスのラ・アーグから海洋に放出された放射性物質の流れを、カナダのベドフォード海洋研が「ヨウ素129」マーカーで追跡調査 ★ 東電の垂れ流しも、この「ヨウ素129」マーカーで追跡され、太平洋全域の汚染ルートに続き、インド、大西洋への拡散具合が解明・確認されることだろう! :