« 2017年7月 | トップページ

2017-08-22

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ ロサンゼルスの女性弁護士宅を狙って、その家にだけ降り注ぐ「ピンポイント超局所雨」! 監視カメラ(12チャンネル)で確認! 化学物質が混入された雨の疑い! 救急治療を受ける! / 屋根の煙突を狙って上空から光線! 指向性エネルギー兵器(DEW)照射被害に立ち向かっているドイツ人物理学者、キャサリン・ホートン博士が「レーザー攻撃」と判定!

 ★ 近隣の家には降らず、この弁護士宅だけに降り注いだ「毒雨」。

 米国ではついに化学戦が、治安対策に!

 おそろしいテロ国家と化したUSA!

 しかし、日本も負けてはいない。

 滋賀県日野町でケムトレイルのウォッチングを続けている方の家にも、「そこだけ雨」が降ったそうだ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot7336

Screenshot7337

………………………………………………………………………………………

 ★ 山口県の元高専教授のA先生の場合と同じで、ハイテク軍事・諜報兵器の実験(実証)の実験・演習をかねて、攻撃をしかけているのだろう!

 生活環境を破壊し、そこに生きる人を攻撃して平気な、このセンス!

 現代の731部隊だ!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ アクティヴィスト・ポスト Chemical Weapons Allegedly Used Against Political Target in Los Angeles
 (16日付け)⇒ http://www.activistpost.com/2017/08/chemical-weapons-used-political-target-los-angeles.html

Screenshot7335

Posted by 大沼安史 at 09:26 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 山口県周南市で中性子線や毒ガスなどによる攻撃にさらされている元高専教授のA先生(工学者)が、自宅内での「腰痛」と「電磁波」の相関を突き止める! ★ わたしの「体験」とまったく同じ現象なので、驚いている! 痛みとは電位差、自宅を離れると腰痛がどんどん消えていく! 

◎ A先生のツイッター報告 ⇒ https://twitter.com/knp12/status/899562098975399936

 ★ A先生は科学実験の対象にされ、中性子線照射を受けているところを中性子線専用測定機で運よく気づき、警察に訴えたが、それ以降、なぜか(おそらくは「口封じ」で)攻撃がエスカレートし、地下経由での毒ガス噴霧攻撃さえ受けるようになった!

 さまざまなハイテク攻撃! 「現代の731部隊」の演習? ( こちら 関連 ⇒ http://79516147.at.webry.info/201708/article_203.html )

 なんということだ!

 この国は科学界まで狂い始めているのか?

………………………………………………………………………………………

Screenshot7333

………………………………………………………………………………………

 ★ 昨年4月以降、音信(ツイッター)がストップしている岡山県真庭市の物理学者、中西孝充先生(元岡山大学)のことも気がかりだ。

 以下は、中西先生のユーチューブ報告のひとつ。
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=kMSHLxnwToo&t=164s

Screenshot7334

          *

 1987年から高温超伝導の研究をしています。1994年、1995年に日本物理学会の大会で一人で発表しました。すると、1995年12月下旬から、暴力団や裏組織に非常に強い放射線で狙われる様になりました。毎日、私に多量の放射線を浴びせて、私を病死に見せ掛けて殺し、私の研究を盗もうとしています。以下に発表した研究の一部のタイトルを示します。

 (1)中西:イオン半径の動的変化による振動を用いた超伝導モデル、日本物理学会講演概要集 第49回年回 第3分冊 28p-PSA-9  p.329, 1994年3月 
 (2)中西:高温超伝導体のTcとデバイ温度の関係(Ⅱ)、日本物理学会講演概要集 第50回年回 第3分冊 28p-PSA-38  p.374, 1995年3月
 (3)中西:高温超伝導体のTcとデバイ温度の関係(Ⅲ)、日本物理学会講演概要集 第56巻第1号(第56回年次大会)第3分冊 28pPSB-1 p.533, 2001年3月

 中性子線が物質に当たるとベータ線やガンマ線が発生します。それは、放射化現象として知られています。中性子線で狙われると、ベータ線の測定値やガンマ線の測定値が高くなることから間接的に検出できます。

 この映像は、現在住んでいる自宅(岡山県真庭市久世2723)で日立アロカメディカル製のTGS-133を用いて天井(上方向)から飛んで来るベータ線・ガンマ線を測定しているビデオ映像で、人工衛星からの中性子線による攻撃を調べているものです。正常値(自然界の放射線の平均値、バックグラウンドと言う)は約55カウント/minです。測定器の音は、ベータ線またはガンマ線を計測した音(計数音)です。ベータ線またはガンマ線を一つ計測すると、一回"ピィ"と鳴ります。多数計測すると連続音になります。測定レンジは100カウント/minで、時定数は30秒です。

 多くの製品に中性子線源が仕掛けられており、リモートコントロールで中性子線を発生して標的の人を狙います。特に電柱(ガイシや街灯等)や街灯、投光器、その他の照明器具、光ケーブルの取り込み口の箱(成端箱)、車、バイク、スクーター、自転車、人工衛星等に中性子線源が仕掛けられており、大変危険です。人工衛星は空から狙って来ます。車で走行中に前後の車から狙われ、特に後の車からよく狙われます。また、停車・駐車しているときに、前後左右の車やバイク・スクーターからよく狙われます。

 放射線を用いた犯罪が日本全国で行われています。暴力団や国家公務員、地方公務員、幼・小・中・高・大学の教員・職員、独立行政法人の職員・研究者、警察官、医者・医療関係者、電力会社、ガス会社、NTT、JR、土木建設関連企業、大企業、寺、タクシー等が放射線を用いた犯罪を行っています。 放射性物質(ガンマ線源・中性子線源)は米粒の半分ほど有れば人を攻撃できる為、偽物の携帯電話や携帯ゲーム機、ノートパソコン等の電子機器の中に入れて持ち歩き、液晶画面を見ながら操作して人を攻撃します。また、リモートコントロールで攻撃することも有ります。偽物の携帯電話や携帯ゲーム機等にはガンマ線源が、ノートパソコンやカメラには中性子線源が入っていることが多く、電車の中や駅のホーム、教室等で近距離からよく狙われます。頭が狙われると急に頭がクラクラします(放射線宿酔)。

 日本では2000年頃から放射性物質の製造を民間企業(千代田テクノル)が行っています。そして何処からか暴力団や裏組織に放射性物質が横流しされていると思われます。

 原因不明の痛みや痺れ、めまいに苦しんでいる方は要注意です。中性子線で狙われている可能性が高いです。

 詳細は以下を御覧ください。

 私の Twitter: https://twitter.com/tthdt960?lang=ja
 私のホームページ 
http://www.geocities.jp/tthdt960/

Posted by 大沼安史 at 08:46 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔田中宇さんの深層=真相解説〕◇「バノン辞任と米国内紛の激化」 / バノンは、トランプが政権を維持し、覇権放棄や軍産退治を進めることも願っており、辞任に応じることにしたのだろう。

 ◎ (21日付け)⇒ http://tanakanews.com/170821bannon.htm

Screenshot7327

………………………………………………………………………………………

          *

 ◇ 8月18日に、政権のアフガニスタン占領政策の今後を決める重要な会議があり、その会議の前に、アフガンへの米軍増派を望む軍産としては、アフガンからの撤退を主張するバノンを追放したかった。

 ◇ トランプは、バノンが立てた戦略を放棄することにして、バノンを辞めさせたのか。そうではないだろう。覇権放棄と経済ナショナリズムを組み合わせた米国第一主義によって、米国と世界の軍産支配を壊しつつ、リベラル主義の席巻で政治的に疎外されてきた、大都会でなく地方に住む、中産階級や貧困層の白人の支持を集めて政治力を維持するバノンの戦略を、トランプはまだ必要としている。覇権放棄・軍産退治・反リベラルは、16年夏にバノンを起用する前からのトランプの姿勢だった。

 ◇ 共和党主流派は、米国の金融界や大企業、金持ちの代理人であり、金融財政の混乱を好まない。トランプ自身、大金持ちの財界人の一人だ。トランプがバノンを辞めさせる代わりに、共和党が赤字上限の引き上げや税制改革などを議会で通すという合意が交わされた可能性がある。バノンは、金融界や大企業による支配を敵視している(彼も元ゴールドマンサックスだが)。しかしその一方でバノンは、トランプが政権を維持し、覇権放棄や軍産退治を進めることも願っており、辞任に応じることにしたのだろう。

 ◇ 右派メディアのブライトバードの主催者に戻ったバノンは、再び盛り上がっていくリベラルvs右派の対立軸の中で、親トランプな右派の旗振り役となり、リベラル軍産・マスコミ・民主党との戦いという、彼が最も好む戦場で活躍できる。

 ◇ すでに右派のトランプ政権の就任後、リベラルや軍産が席巻する議会との対立で、国家的な意思決定ができない状態だ。トランプは大統領令を乱発し、覇権放棄をやっている。リベラルが強いカリフォルニア州では、トランプが権力を持つ米連邦からの分離独立を問う住民投票を行う政治運動が拡大している。米国内が分裂するほど、欧州など同盟国が米国に見切りをつけて中露を敵視しなくなり、米単独覇権が崩れて多極化が進む。

Posted by 大沼安史 at 08:01 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-21

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◆ 本日(21日)午後5時半すぎ 快晴なのに白濁化した夕空! 例によって喉が痛い! 昨夜もマスクをして就寝するも、口中に異様な味がするので、起き出してウガイ! 安倍政権下、この国は国民に対して平気でケム撒きする「ケムトレイル・テロ国家」になり果てたわけか!?

 ★ この白濁した空! 

 バリウム、アルミニウム? 

 ひどい、それにしてもひどい!

Screenshot7326

Posted by 大沼安史 at 06:07 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 3号機格納容器内を探査した潜水式ロボット「ミニマンボウ」が、「高放射線量耐性光合成菌の営巣地」をカメラにとらえていた! ―― ◎ 画像解析の岩田清さんが分析! ★ 米国のサバンナ・バレー核施設の「使用済み核燃料」貯蔵タンク内でもミステリアスな「バクテリア」が生息していたことが確認されている! サバンナ・バレーでは殺菌して取り出している。フクイチでも万が一の感染に備え、殺菌処など対策が必要ではないか! 

Screenshot7316

Screenshot7317

Screenshot7319

………………………………………………………………………………………
 ◆ サバンナ・バレーのバクテリアが付着した使用済み燃料醸造タンク内。

Screenshot7318

………………………………………………………………………………………

 ★ 岩田清さんが3号機水中探査で「高放射線量耐性光合成菌」が営巣していると画像分析したことを裏付ける生命現象が、サバンナ・バレーでも確認されていたことが分かった!

 サバンナ・バレーでは(万一に備え)殺菌の上、水中バキュームで回収したそうだが、フクイチでも廃炉作業のなかで、こうした放射能に耐性を持ったバクテリア対策を進める必要がある。

 有毒なバクテリアならたいへんなことだし、無毒であっても放射能を蓄積しており、殺菌処理せずに放置してはならない。

          *

 ★ 岩田さんの言うように、「高放射線量耐性光合成菌」が死の灰をえさにしているとすると、増殖すれば汚染水の除染にも使えるかも知れない。

 微生物学者のみなさんの出番ではないか?

 知恵をしぼって廃炉という不可能性に挑戦しなければならない。

 ◎ 岩田清さんのツイート (7月22日付け)⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/888720649321144320/photo/1

 ◎ ヨミウリ・オンライン(動画も) 「燃料デブリ」広い範囲に付着 福島第一3号機」(7月25日付け)⇒ http://sp.yomiuri.co.jp/stream/?id=06837&ctg=3

          *

 ◎ アイケン・スタンダード紙 : Bacteria 'cobwebs' removed from SRS cooling tanks Mystery bacteria found at SRS
 (2013年5月3日付け)⇒ http://www.aikenstandard.com/news/bacteria-cobwebs-removed-from-srs-cooling-tanks-mystery-bacteria-found/article_2360c0c0-0b0d-540c-bd2d-5a5f01e4bf38.html

 ・ Scientists at both facilities determined that the cobwebs were made up of a broad variety of bacteria and a few other types of microbes, according to the press release. The cobwebs were then monitored for growth patterns and changes.

 ・ The bacteria was killed before being sent to the lab for testing. At the time, it was determined the cobwebs would be removed from the fuel bundles by underwater vacuuming for a corrosion precaution and to improve fuel bundle identification.

Posted by 大沼安史 at 05:35 午後 | | トラックバック (0)

〔空から歌が聴こえる〕 ♪ Unfinished Business

Screenshot7314

………………………………………………………………………………………

 アイルランドのシンガーソングライター(ギタリスト)、Paul Bradyさん(69歳)が、同世代に歌いかける。日本の団塊世代にも!

 ♪ あのころの、やりかけたことが、えっ、どうしていま、ここで甦るんだ?

 意外に息が長いんだな、思い出というのは。

          * 

 人生って、まだ、終えていないことだらけだけれど、でも、やり通す努力だけはしなくちゃ!

 わたしたちがまだ終えていないビジネス……それは、この国をまともな国にして、次の世代に遺すことだ。

 世直しすることだ!

          * 

 ◎ BBCスコットランド イアン・アンダーソンさんのショー 
 (開始35分38秒~)
 ⇒ http://www.bbc.co.uk/programmes/b0910lb5

 ◎ ユーチューブ https://www.youtube.com/watch?v=Z5Sgj6aSuL4

 ◎ 歌詞 ⇒ http://www.paulbrady.com/unfinished-business/#01

 (サビ) Days go by
But memories have a longer life
Keep my heart pre-occupied
Show up in the strangest places

Now I’m lying here with you
And you ask what’s on my mind
It’s just some old unfinished business
From an unforgotten time

………………………………………………………………………………………

 ◎ ポール・ブレイデイさん ⇒ http://plankton.co.jp/paul/

Posted by 大沼安史 at 10:36 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-20

〔梶村太一郎さんのベルリン写真報告 Photo:Taichiro KAJIMURA〕 ◇ 2017年8月15日火曜日 / ◎ ベルリンでの従軍「慰安婦」警告集会写真報告 「ここベルリンのブランデンブルグ門前のパリ広場では2013年以来続けられている元日本軍従軍「慰安婦」の警告追悼集会も今年の8月14日で5度目となりました」

Screenshot7312

 ⇒ http://tkajimura.blogspot.jp/2017/08/fotoberichte-zum-gedenketag-fur-die.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7310

Screenshot7311

Screenshot7313

Posted by 大沼安史 at 10:15 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 多核種除去設備(ALPS)から、推定50ミリ・リットルの高濃度汚染水漏れ / ベータ線を出す放射性物質を1リットル当たり2200万ベクレル検出! / 協力企業の作業員が16日午後2時15分ごろ、一部から水滴が垂れているのを発見。応急措置としてテープを巻いて補修 ★ 海外メディアのツイートで、遅まきながら知った! 下請けの人が発見し、テープ巻きで応急措置! 被曝しなかったのだろうか? これが安倍首相のいう「アンダー・コートロール」の現実!

Screenshot7305

 

 

………………………………………………………………………………………

★ それにしても、東電正社員や経産省の役人や、規制委メンバーや福島県庁の担当者らが、こういう漏洩事故を発見・被曝の危険をおかしながら、体を張って「補修」した例って、あるのだろうか?

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ オキュパイ・フクシマ ツイート
  ⇒ https://twitter.com/fukushima_actu/status/898394898243637248

          *

 ◎ 英文毎日 : Highly radioactive water leak at Fukushima No. 1 nuke plant
 (18日付け)⇒ https://mainichi.jp/english/articles/20170818/p2a/00m/0na/001000c

Screenshot7306

 

         *

 ◎ 毎日新聞 : 福島第1原発 高濃度汚染水漏れ 東電「外部漏出ない」 ★ ちゃんと「外部」に出ているのではないか!
 (17日付け)⇒ https://mainichi.jp/articles/20170818/k00/00m/040/110000c

          *

 ◎ 東電 多核種除去設備 (ALPS)
  ⇒ 多核種除去設備 (ALPS)

Posted by 大沼安史 at 08:23 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 中国の大同市(山西省北部)に、「パンダ太陽光発電所」が登場! 250エーカー(1平方キロ)/ 50メガワット (最終的にはもう一匹、増やし100メガワット規模に)◎ 中国の17歳の高校生のアイデア! 「Panda Green Energy Group」が建設! 100匹を目指す! / カナダ、オーストリア、ドイツ、イタリアへも進出 ◎ 南太平洋のフィジーでは、一足死早く、この5月にミニ・パンダ(太陽光発電所)がデビュー! 

★ 「死の灰まみれ」の「安倍・再稼働政権」の輩に聞かせてやりたい話だ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot7301

Screenshot7302_2

Screenshot7303

………………………………………………………………………………………

 ★ 7月下旬に世界に流れたニュース。

 気づかなかった!

          *

 ★ 日本にも、ぜひ!

 名称はきっと「燦々(サンサン)」になるはずだ!

          *

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎NDTV : Paw Power: China Opens Panda-Shaped Solar Power Plant 
 (7月28日付け)⇒ http://www.ndtv.com/offbeat/paw-power-china-opens-panda-shaped-solar-power-plant-1730400

          *

 ★ フォーブス : China Just Built A 250-Acre Solar Farm Shaped Like A Giant Panda
 (7月25日付け)⇒ https://www.forbes.com/sites/trevornace/2017/07/25/china-just-built-250-acre-solar-farm-shaped-giant-panda/#28dce01c4685

 ・ This is just the first of 100 panda-shaped solar plants planned across China and Asia in the coming years. This past May, Fiji announced a smaller panda shaped solar farm.

          *

………………………………………………………………………………………

 ★ 日経新聞 中国山西省の「巨大パンダ」、実は50MWの太陽光パネル 
 (7月19日付け)⇒ http://www.nikkei.com/article/DGXMZO18961350Y7A710C1000000/

Screenshot7304

Posted by 大沼安史 at 07:57 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◆ バリウム(銀白色)微粒子を上空に撒いて、HAARPなどののために電磁波を通す「バリウム・鉄=アンテナ」群を創出 ―― その一方で、バリウムは人間の免疫システムを破壊。高空で「地球温暖化」を促進! ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が著書で警告! 

Screenshot7087

Screenshot7086_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 女史によれば、バリウムはアルミニウム、ストロンチウムとともに、ケムトレイル撒布される金属ケムの代表的なものだそうだ。

 バリウムはアルミニウムといっしょになって、電荷を強化・拡散するという。

 アルミニウムも銀白色。

 空中で拡散し、快晴の空を白濁化している犯人ケムは、バリウムとアルミニウムではないか?

          *

 それにしても、ケム撒きされているバリウムは、大気中の電磁波を通しやすくするためのもの、であるとは。

 そうやって、マイクロ波パルス攻撃の「回路」がつくられているのか?

 

……………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 女史の著書 Chemtrails, HAARP, and the Full Spectrum Dominance of Planet Earth (142~146頁参照)
 ⇒ https://www.amazon.com/Angels-Dont-Play-This-Haarp/product-reviews/0964881209/ref=pd_lpo_sbs_14_cr_0?ie=UTF8&refRID=4SX52M6B4YBMYYCZJCZK

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 08-17 ◆ 特定周波数の電磁波を伝導するよう予めチューニングされた微少なポリマーを。バリウムを撒いた空に散布して、オーバー・ホライゾン(地平の彼方)のターゲットへ、電磁波を照射できる「ダクト」(導管)を形成―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が、これがケムトレイル撒布目的のひとつであると指摘! ★ なるほどケム撒きは、 HAARP、あるいは地上TETRAなどを使った電磁波マインドコントロール/心身照射攻撃用でもあるわけか?!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/post-a45c.html

 ◎ 関連 2017-07-29 ◇ 「ケムトレイルといわれるものは、すでに数10年にわたって続いている生物化学戦争BC/CW)のフィールド実験のグローバルな展開です」―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-346b.html

 ◎ 関連 2017-07-30 ◇「HAARPテクノロジーはイオン化されたケムトレイルと一体化し、グローバル規模のDEW(指向性エネルギー兵器)を構成している」 ―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-6618.html

 ◎ 関連 2017-07-31 ◇「わたしたちの頭上で続くエアロイゾル空中撒布が秘密にされているのは、史上初めて、わたしたちがこれまでの人類がエンジョイした空ではなく、プラズマ“電池”といったケミカル化した大気のなかで生活を強いられているからだ」 ―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-7f39.html

 ◎ 関連 2017-08-01【重要】◇ ≪ 〔滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中にある〕「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」は、世界41ヵ所に設置された《HAARP(電離層ヒーター)》のうちのひとつ! ≫ ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が著書で明らかに! ★ 日本国内にもHAARPがあった!? 人工地震、気象変動、マインドコントロールになども応用できると言われているHAARPがあった!? ジャーナリストのみなさんは事実関係の確認を!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/post-ea57.ht

Posted by 大沼安史 at 07:23 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル日記〕◆ 本日(20日)午後6時半ごろ、夕空にケムトレイル! ★ ほぼ「定位置」への散布! きょう昼過ぎ、湖南市内のスーパー休憩コーナーで、小さな男の子を2人連れたお母さんと一緒になった。咳き込むのでマスクを着けさせているのだという。わたしたちも昨夜、室内で、喉に痛み! 何を撒いているんだ! ケム撒き実行組織は「空の悪魔」どもだ! 彼らは極刑に処さねばならない!

Screenshot7298

Screenshot7299

 ………………………………………………………………………………………

 ★ 滋賀県日野町(甲賀の隣)で、ウォッチングを続けている方の、20日のツイート報告 ⇒ https://twitter.com/November11_2015/status/899210587116232704

Screenshot7307

………………………………………………………………………………………

 ★ 関連 甲賀に隣接する滋賀県日野町でウォッチングを続けている方の、昨日(19日)のツイート報告!⇒ https://twitter.com/November11_2015/status/898848747135696897

Screenshot7300

Posted by 大沼安史 at 06:54 午後 7.ケムトレイル・HAARP |

2017-08-18

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎ ≪東京新聞≫ ◆ ロボットの開発など1~3号機の原子炉格納容器内調査費だけで、なんと88億4000万円! ―― 「フクイチ」廃炉対策に、国民の血税、1172億6000千万円、すでに注入(発注ベース)! ★ 東電、凍土遮水壁(357億8000万円)ばかりか、「被曝死」した探査ロボット代までも、国民にツケ回し! 

Screenshot7296

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 東京新聞 福島第一 廃炉に税金1000億円超 7月まで本紙集計
 (14日付け)⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017081402000112.html

Screenshot7297

Posted by 大沼安史 at 05:52 午後 |

〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◎ ≪cmk2wl≫ ◆ 16日午後1時過ぎ、福島第一ライブカメラ(4号機側) 水蒸気が大量に。アメダス降水量ゼロ ★ 濃霧警報も出ておらず! 「トリチウム霧」の発生場面ではないか!?

〔★は大沼〕 ◎ ≪cmk2wl≫ さん ツイート ⇒ https://twitter.com/cmk2wl/status/897675676991594500

 ◎ 福島県 注意報・警報 ⇒ http://agora.ex.nii.ac.jp/cgi-bin/cps/warning_list.pl?acode=070000

Screenshot7295

Posted by 大沼安史 at 05:38 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 2号機の原子炉格納容器内「水素濃度」 8月15日に、突然、急上昇! ★ 地下の核燃料ジルコニウム被覆が溶け、水素ガスが発生した、ということではないか? ライブカメラでの「閃光」多発現象とも関係していることかも知れない。

〔★は大沼〕 ◎ 東電 福島第一原子力発電所2号機 原子炉格納容器内水素濃度計測状況
 ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/plantdata/unit2/hyd_index-j.html 

Screenshot7292

Screenshot7293

Screenshot7291

………………………………………………………………………………………

Screenshot7294

Posted by 大沼安史 at 10:52 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-17

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 米西海岸、シアトルMPのガンマ線量、今月(8月)初め以来、上昇! ―― ジェット気流のもとをたどると、そこには「フクイチ」が! ◎ ベルギー人ブロガーが警告!

Screenshot7289

Screenshot7285

………………………………………………………………………………………

Screenshot7286

Screenshot7287

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Allegedly Apparent Blog : Quick look at wind over Pacific (F1 -> Seattle ?)
 (12日付け)⇒ https://allegedlyapparent.wordpress.com/2017/08/12/quick-look-at-wind-over-pacific-f1-seattle/

Screenshot7288

Posted by 大沼安史 at 08:22 午後 | | トラックバック (0)

◆ 滋賀県湖南市(甲賀の里)の自宅室内で本日(17日)午後も、異常な線量を計測! (最高記録は0・5μSv/h)。山口県で中性子線照射を浴びている高専元教授のご教示では、中性子線and/orX腺の恐れ! 自宅上空のケムトレイルに加え、このありさま! この国は「テロ国家」と化しているのか!

★ 0・2マイクロ台後半の測定値が継続!

 腹部に痛み!

 浴槽、台所で、異様な体感。細いビームを浴びたあとのような火傷も負うので、これはDEW(電磁波ビーム・パルス)のようなものではないか、と想像しています。

 風呂に入れず、台所仕事もできない事態が続いています!

 最悪の事態に備え、記録として残します。

 ご理解を!

            *

 さきほど――(夜)9時10分ごろ、自宅上空を超低空飛行の爆音!

 また、ケムトイレルを撒いているのだろう。

 なんという国!

 

Screenshot7284

Screenshot7283

 ★ 昨日夕の自宅頭上のケムトレイル(高空に鱗雲 低空にケムトレイル)

 本日は曇り空。2度、低空飛行の爆音!

Screenshot7272_2

 

Posted by 大沼安史 at 07:53 午後 |

〔空から歌が聴こえる〕 ♪ When Love Goes Right

Screenshot7280

………………………………………………………………………………………

 ★ ボストンのシンガーソングライター(ボストンのバークリー音楽院教授)、Susan Cattaneo さんの新アルバム収録曲だそうだ。

 BBCスコットランドのイアン・アンダーソンさんが流してくれた!

          *

 ★ すばらしいラブソング!

 日本の権力者たちに、こういう愛はあるのか?

 ケムトレイルを撒かせている人たちに、こういう心はあるのか?

 以上でも以下でもない、正しい愛!

          *

◎ BBCスコットランド イアン・アンダーソンさんの音楽番組 (13日放送分) 1時間32分11秒から 
 ⇒ http://www.bbc.co.uk/programmes/b0910l8v

          *

◎ ユーチューブ ライブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=M5r_j_yvGKE

          *

◎ スーザン・キャタネロさんのオフィシャル・サイト ⇒ http://susancattaneo.com/

Posted by 大沼安史 at 04:06 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 15日午前2時51分02秒 2号機の上の「緑のダブル閃光」を、海外の東電ライブカメラ・ウォッチャーがスクショ ◆ 14日午後8時過ぎから同50分過ぎまでの間に、19発の閃光をカウント(1号機側カメラ) ★ フクイチ 真夏の夜の「悪夢」なら、それでよいのだが……真夏の夜の「閃光」花火大会状態じゃないか!

〔★は大沼〕 ◎ #19 WEBCAM August 2017
 ⇒ http://caferadlab.com/thread-2063.html

Screenshot7277

………………………………………………………………………………………

Screenshot7278

Screenshot7279

Posted by 大沼安史 at 02:26 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎ 「日本女医会」(前田佳子会長)が、甲状腺がんの子どもたちを支援している「3・11甲状腺がん子ども基金」(崎山比早子・代表理事)に寄付 ★ 日本の女医さんたちが「フクイチ甲状腺癌」の子どもたちを支援! もしかしたら、お亡くなりになった厚労省の北島智子さん(日大医学部出身)も、女医会のメンバーだったのではないか! 

Screenshot7275

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 「日本女医会」が3・11甲状腺がん子ども基金に寄付
 まさのあつこさん (5日付け)
⇒ https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20170805-00074175/

………………………………………………………………………………………

 ★ わたしは北島さんの事件に関し、マインドコントロールの可能性を疑っている。

          *

 ◎ 東スポ ⇒ http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/732363/

 ・ 北島さんは日大医学部を卒業後、埼玉県庁を経て1988年、厚生省に入省。主に医療福祉畑を歩んだ。オウム真理教事件時は、教団の富士山総本部があった山梨県の厚生部健康増進課長として対応に追われたことも。

 2011年には新潟県副知事、13年からは精神・障害保健課長を歴任。14年には環境省に出向し、東京電力福島第1原発事故の影響による福島県民健康調査に関する山本太郎参院議員からの質問に政府参考人として答弁する姿もあった。マトリで有名な麻薬取締部も所管する関東信越厚生局の局長には7月に就任したばかりだった。

 精神・障害保健課長時代には入省者向けパンフレットに「精神科病院の長期入院患者の地域生活への移行が最大の課題だと思っています。今年は、こうした患者さんたちの地域の受け皿づくりについて具体的に検討する予定です」などとメッセージを寄せていた。

          *

 ◎ 「3・11甲状腺がん子ども基金」⇒ http://www.311kikin.org/

 ◎ 日本女医会 ⇒ http://www.jmwa.or.jp/

Posted by 大沼安史 at 12:45 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕◆ 特定周波数の電磁波を伝導するよう予めチューニングされた微少なポリマーを。バリウムを撒いた空に散布して、オーバー・ホライゾン(地平の彼方)のターゲットへ、電磁波を照射できる「ダクト」(導管)を形成―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が、これがケムトレイル撒布目的のひとつであると指摘! ★ なるほどケム撒きは、 HAARP、あるいは地上TETRAなどを使った電磁波マインドコントロール/心身照射攻撃用でもあるわけか?!

Screenshot7087

Screenshot7086

………………………………………………………………………………………

 ★ 名神高速を滋賀県から愛知まで走り、ケムトレイルをチェックして分かった。

 ケムトレイルが一定間隔で、「平行」して撒布されていたことだ!

 フリーランド女史のいう「ダクト」とは、こういう種類のケムトレイルかも知れない。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 女史の著書 Chemtrails, HAARP, and the Full Spectrum Dominance of Planet Earth (139~140頁参照)
 ⇒ https://www.amazon.com/Angels-Dont-Play-This-Haarp/product-reviews/0964881209/ref=pd_lpo_sbs_14_cr_0?ie=UTF8&refRID=4SX52M6B4YBMYYCZJCZK
 

          *

 ◎ 関連 2017-07-29 ◇ 「ケムトレイルといわれるものは、すでに数10年にわたって続いている生物化学戦争BC/CW)のフィールド実験のグローバルな展開です」―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-346b.html

 ◎ 関連 2017-07-30 ◇「HAARPテクノロジーはイオン化されたケムトレイルと一体化し、グローバル規模のDEW(指向性エネルギー兵器)を構成している」 ―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-6618.html

 ◎ 関連 2017-07-31 ◇「わたしたちの頭上で続くエアロイゾル空中撒布が秘密にされているのは、史上初めて、わたしたちがこれまでの人類がエンジョイした空ではなく、プラズマ“電池”といったケミカル化した大気のなかで生活を強いられているからだ」 ―― ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が警告!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-7f39.html

 ◎ 関連 2017-08-01【重要】◇ ≪ 〔滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中にある〕「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」は、世界41ヵ所に設置された《HAARP(電離層ヒーター)》のうちのひとつ! ≫ ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が著書で明らかに! ★ 日本国内にもHAARPがあった!? 人工地震、気象変動、マインドコントロールになども応用できると言われているHAARPがあった!? ジャーナリストのみなさんは事実関係の確認を!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/post-ea57.html

Posted by 大沼安史 at 12:24 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◆ 昨日(16日)夕、自宅上空(真上)に、太さ超ド級のケムトイレル! 周辺の空の定位置(?)にも、例によってケムトレイル群! ★ 所用で県境を超え、伊賀市(三重県)を訪ね、帰宅して、とんでもない空の状態に驚愕!

 ★ 高空にウロコ雲。その下に(低空に) ケムトレル! わが家の頭上に!

Screenshot7271

Screenshot7272

………………………………………………………………………………………

Screenshot7273

Screenshot7274

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………
 ◆ 昨日(16日)の伊賀地方の空は澄み渡っていた! 日野町など甲賀・周辺部の近江の空は、やはりケムトレイルの演習場なのか!

Screenshot7269

Screenshot7270

Posted by 大沼安史 at 11:50 午前 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

2017-08-16

〔甲賀の里(滋賀県湖南市) ケムトレイル日記〕◆ 14日夕 6時過ぎ

Screenshot7267_2

Screenshot7266

………………………………………………………………………………………
 ★ 近隣 滋賀県日野町からの報告 ⇒ https://twitter.com/November11_2015/status/897076460954845184

Screenshot7268

Posted by 大沼安史 at 10:41 午前 7.ケムトレイル・HAARP |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◆ 変異させたフザリウム(カビ)などを装填した微少な「陽イオン・ポリマー」を大気中に撒布し、強力なマイコトキシン(カビ毒)をまきちらす! 地上の人びとに呼吸器疾患などを引き起こす ―― ◎ 米国のポリマー科学者、マイケル・キャッスルさんが収集サンプルの検査結果をもとに警告! ★ 米国での話だが、ケムトレイル撒布下に生きる、甲賀在住のわたしたちも、同じような出血を含む呼吸器疾患に苦しめられている。同じようなケム撒き実験(攻撃?)のターゲットにされているのか?

Screenshot7265

Screenshot7264

………………………………………………………………………………………

 ★ お盆中、2日ほどケム撒きは中断していたが、一昨日から、再開した!

 ケムトイレルについて調べていたら、キャッスルさんの警告文に行きあたった。

          *

〔★は大沼〕  ◎ Rense.com : Chemtrails - Bio-Active
Crystalline Cationic Polymers

(2003年7月14日付)⇒ http://www.rense.com/general39/vat.htm

 ・ What I have found, after receiving samples retrieved around Seattle, WA., is a cationic reaction polymer that has an unidentified bio-active material within it.

 ・ Trillions of Fussarium/virus mutated spores fill the air we breathe and secrete a powerful mico-toxin.

Posted by 大沼安史 at 10:00 午前 7.ケムトレイル・HAARP |

2017-08-11

〔電磁波コントロール/テクノ・ファシズムの脅威〕◇ 米シアトルの元セキュリティー企業のスペシャリストが内部告発 / V2K(脳内音声送信)などのテクノロジーを使ったソーシャル・エンジニアリングが全米で進行中 / ターゲットの「見たもの」「聴いたもの」を回収し、コンピューターに記憶・蓄積 / ターゲットの思考や感情、筋肉運動を操作 / ホームレスや貧困者らで実験…… ★ 軍事諜報テクノロジーが社会操作に使われている。日本も同じような状況になりつつあるのではないか!

Screenshot7260

………………………………………………………………………………………

 ★ 同じ「電磁波照射被害者仲間」のカレン・スチュアートさん(元NSA・言語スペシャリスト、人事不正を告発したことで、DEW=指向性エネルギー兵器による照射を受け続けている)のツイッターで、「ジャスティン」さんという男性(元セキュリティー・スペシャリスト)が内部告発していることを知った。

 ジャスティンさんがつとめていたセキュリティー企業は、米国の大企業と契約していたそうだ。

 ただし、米国では連邦政府、諜報機関、警察なども、ソーシャル・エンジニアリングのハイテクを利用しているという。

 日本の場合、大企業などがセキュリティー企業ではなく闇組織を使って、自分たちに都合の悪いターゲットつぶしに使っているような気がする。

 それにしても、恐ろしい時代になったものだ。

          * 

 もしかしたら、「ヒトラーが降りてきた」とか言う、あの植松聖という若者も、こうしたテクノロジーで操られていたかも!

          *

 

〔★は大沼〕 ◎ Security Industry Specialist Tells All.speaker.com
⇒ https://twitter.com/i/cards/tfw/v1/894686477359218692?cardname=player&autoplay_disabled=true&forward=true&earned=true&edge=true&lang=ja&scribe_context=%7B%22client%22%3A%22web%22%2C%22page%22%3A%22profile%22%2C%22section%22%3A%22profile%22%2C%22component%22%3A%22tweet%22%7D&bearer_token=AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAPYXBAAAAAAACLXUNDekMxqa8h%252F40K4moUkGsoc%253DTYfbDKbT3jJPCEVnMYqilB28NHfOPqkca3qaAxGfsyKCs0wRbw#xdm_e=https%3A%2F%2Ftwitter.com&xdm_c=default6160&xdm_p=1

 ⇒ https://twitter.com/i/cards/tfw/v1/894686477359218692?cardname=player&autoplay_disabled=true&forward=true&earned=true&edge=true&lang=ja&scribe_context=%7B%22client%22%3A%22web%22%2C%22page%22%3A%22profile%22%2C%22section%22%3A%22profile%22%2C%22component%22%3A%22tweet%22%7D&bearer_token=AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAPYXBAAAAAAACLXUNDekMxqa8h%252F40K4moUkGsoc%253DTYfbDKbT3jJPCEVnMYqilB28NHfOPqkca3qaAxGfsyKCs0wRbw#xdm_e=https%3A%2F%2Ftwitter.com&xdm_c=default6160&xdm_p=1

Posted by 大沼安史 at 11:36 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「ふくいち周辺環境放射線モニタリング・プロジェクト」が作成した浪江町の最新放射能汚染マップが、日英対訳の解説記事つきで世界拡散開始! 海外の有力ネットメディアが次々、告知報道 ――「想像を絶する汚染地帯の浪江町には人権は存在しないのでしょうか?(No human rights in terrifyingly contaminated Namie in Fukushima )」★ 安倍政権の住民帰還政策の非道さが、国際社会の知るところに! 

Screenshot7257

………………………………………………………………………………………

 ◇ 福島の人々から、「福島は日本なのか?」「私たちは国から見放された棄民ではないのか?」という声が聞こえるのは当然のことと言えるでしょう。

 This is one of the reasons why many people from Fukushima ask themselves: “Is Fukushima really a part of Japan?” or “Are we the people abandoned by the State?”

          *

 ★ ナガサキのヒバクシャに続き、浪江をはじめとするフクイチ被曝地の人びともまた、安倍首相に対し、「あなたはどこの国の総理ですか?」と問い詰めたくもなろう!

 

………………………………………………………………………………………

 ◇ 浪江町の放射能汚染はこの数値をはるかに超えるものです。土壌採取と測定がなされた全314ポイントでの 土壌汚染密度の平均は 858,143Bq/m²、最大が 6,780,000Bq/m²で、最少でも 31,400Bq/m²です。

          *

〔★は大沼〕 ◎ Fukushima 311 Voices : No human rights in terrifyingly contaminated Namie in Fukushima
 (7月31日付け)⇒ https://fukushima311voices.wordpress.com/2017/07/31/no-human-rights-in-terrifyingly-contaminated-namie-in-fukushima/

………………………………………………………………………………………

 ◎ Fukushima 311 Watchdogs (7月31日付け)⇒ https://www.facebook.com/fukushima311watchdog/posts/1369715716460056

          *

 ◎ nuclear-news ⇒ https://nuclear-news.net/2017/07/31/no-human-rights-in-terrifyingly-contaminated-namie-in-fukushima/

          *

 ◎ Antinuclear ⇒ https://antinuclear.net/2017/08/01/no-human-rights-in-terrifyingly-contaminated-namie-in-fukushima/

          *

 ◎ Care2 ⇒ http://www.care2.com/news/member/901507364/4063704

Posted by 大沼安史 at 10:41 午後 |

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 連続爆発・メルトダウン 史上空前の核惨事の現場を化したフクイチ構内 そこにあった車両のうち、東電社員のマイカーなど約460台が構外に持ち出されていた! 一部は放射能に汚染されたまま中古車市場へ流通 ★ 東電は被曝車量の敷地外運びだしを黙認していたわけか!?

Screenshot7254

………………………………………………………………………………………

 東電は国に命じられ、3年間にわたって追跡調査を行なったそうだ。

 で――「国の基準値を超える放射線量が計測された約190台を回収したが、残り約270台は基準値を下回ったとして回収していない。2台は今も行方が分かっていない」という。

 基準値を下回った車両の転売先(現オーナー)には、被爆車として通告されているのだろうか?

 それにしても……チェルノブイリの作業員のマイカーなどが立ち入り禁止区域外に運び出され、転売された話は聞かない。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 佐賀新聞 福島原発敷地から汚染車外部へ 事故後460台、一部転売
 (9日付け)⇒ http://www.saga-s.co.jp/news/national/10201/453527

Posted by 大沼安史 at 10:15 午後 |

2017-08-10

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ 「ケム撒き」のブリーフィングに来た米政府当局者に、クルーの一人が「安全なものなら、どうして公表しない?」と聞いた。当惑顔の当局者は「一般の人は知る必要がない」と答えた。―― ◎ 米国でケムトレイル・HAARP問題を追究している市民科学者、クリフォード・カーニコムさんあてに、「(民間の)航空会社のマネージャー」が匿名で、ケムトレイル散布の実態を内部告発! ②

Screenshot7253

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ AN AIRLINE MANAGER’S STATEMENT Posted by C.E. Carnicom on behalf of the author
(May 22 2000)⇒ https://carnicominstitute.org/wp/an-airline-managers-statement/

About twenty employees in our office were briefed along with my by two officials from some government agency. They didn’t tell us which one.
They told us that the government was going to pay our airline, along with others, to release special chemicals from commercial aircraft.

When asked what the chemicals were and why we were going to spray them, they told us that information was given on a need-to-know basis and we weren’t cleared for it. They then went on to state that the chemicals were harmless, but the program was of such importance that it needed to  be done at all costs. When we asked them why didn’t they just rig military aircraft to spray these chemicals, they stated that there weren’t enough military aircraft available to release chemicals on such a large basis as needs to be done. That’s why Project Cloverleaf was  initiated, to allow commercial airlines to assist in releasing these  chemicals into the atmosphere.

  Then someone asked why all the secrecy  was needed. The government reps then stated that if the general public  knew that the aircraft they were flying on were releasing chemicals into  the air, environmentalist groups would raise hell and demand the  spraying stop. Someone asked one of the G-men then if the chemicals are  harmless, why not tell the public what the chemicals are and why we are  spraying them? He seemed perturbed at this question and told us in a  tone of authority that the public doesn’t need to know what’s going on, but that this program is in their best interests. He also stated that we should not tell anyone, nor ask any more questions about it. With  that, the briefing was over.

  All documents in our office pertaining to Project Cloverleaf are kept in
locked safes. Nobody is allowed to take these documents out of the
office. Very few employees are allowed access to these documents, and
they remain tight-lipped about what the documents say.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 08-09〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ ケム撒きのコードネーム(暗号名)は「プロジェクト・クローバーリーフ(クローバーの葉)」、米政府が関与! 1998年に実施計画のブリーフィングを受ける! ◎ 米国でケムトレイル・HAARP問題を追究している市民科学者、クリフォード・カーニコムさんあてに、「(民間の)航空会社のマネージャー」が匿名で、ケムトレイル散布の実態を内部告発! ①
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/post-8bc5.html

Posted by 大沼安史 at 07:08 午後 7.ケムトレイル・HAARP |

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ トリチウム、植物プランクトンの細胞で有機トリチウムとして蓄積 / それをムラサキイガイが捕食 / 生体濃縮の可能性 ―― ◎ ストックホルム大学(スウェーデン)の研究チームが国際学術誌に発表! ◇ 緑藻の方が藍藻より、トリチウムを吸収 ★ 植物プランクトンから二枚貝への有機トリチウム移転が確認された! 魚類への移転、生体濃縮もあり得る! 東電のトリチウム汚染水、太平洋垂れ流しは魚介類のトリチウム汚染を招くことは必至のようだ!

Screenshot7250

Screenshot7251_2

Screenshot7249_2

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼 写真はいずれのウィキ〕  ◎ Bioaccumulation of tritiated water in phytoplankton and trophic transfer of organically bound tritium to the blue mussel, Mytilus edulis
 (2013年1月)⇒ http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0265931X12001890#!

Screenshot7248

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 | | トラックバック (0)

〔「あなたはどこの国の総理ですか」〕 ◇ 長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」 ★ 安倍首相がわたしたちの前に出てくるたびに、わたしたちもまた、こう問わねばならない。「あなたはどこの国の総理ですか?」

Screenshot7245

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 長崎原爆の日 「あなたはどこの国の総理ですか」
 (9日付け)⇒ https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/040/142000c

 ◎ 同(西部本社版社会面紙面 紙面ビューアー)⇒ http://viewer.mainichi.jp/pc/2013/index_flash.html?pkg=mainichi.jp.viewer&mcd=MSM&npd=20170810&uid=f43038118db6b9ac05ae3e8efd84e53babf006bd&tkn=b87f556adee864c973d74730b79db75b6fa2ec7f&pn=0&checkidsetup=true

Screenshot7246_2

 

         *

 ◎ 首相官邸 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典参列等
  ⇒ http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201708/09nagasaki.html

Screenshot7244

          *

 ◎ 朝日新聞 長崎の被爆者、首相に「どこの国の総理か」 核禁条約で
 (9日付け)⇒ http://digital.asahi.com/articles/ASK885H4QK88TIPE029.html

 ・ 「あなたはどこの国の総理ですか。私たちをあなたは見捨てるのですか」

 9日午後、長崎市で被爆者代表の要望を首相らが聞く会合があった。冒頭、長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長(77)は首相に要望書を渡す前に強い口調で言った。

 ・ 長崎の被爆者5団体がまとめた要望書も「(条約採択の場に)唯一の戦争被爆国である我が国の代表の姿が見えなかったことは極めて残念です。私たち長崎の被爆者は満腔(まんこう)の怒りを込め、政府に対し強く抗議します」と記した。

Screenshot7247_2

Posted by 大沼安史 at 07:39 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-09

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎ 《エネニュース》が全世界拡散告知報道 ◇  ウラニウム・トリウム・ラジウム・セシウム・ストロンチウム・ポロニウム・テルル・アメリシウム入り放射能微粒子がいまなお北日本に漂っている! /微粒子のなかには、グラムあたりで1000億ベクレルもの放射能を持ったものも( Some particles reached specific activities in the MBq μg− 1 level and higher [1,000,000,000,000,000 Bq/kg]… )!

Screenshot7239
 ←  こういうのを、わたしたちは吸わさせられているわけか! 

 米国のカルトーフェンさん・グンダーセンさんの国際学術誌発表論文が国際社会に衝撃と波紋を広げる!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 《エネニュース》 Pieces of Fukushima reactor cores still floating around, new study reveals — Hot particles with over 1 Quadrillion becquerels per kilogram detected — Radioactive materials contain Uranium, Polonium, Americium
 (8日付け)⇒ http://enenews.com/pieces-of-fukushima-reactor-cores-still-floating-around-new-study-reveals-hot-particles-with-over-1-quadrillion-becquerels-per-kilogram-detected-radioactive-materials-contain-uranium-polonium

 ・  Radioactive particles of uranium, thorium, radium, cesium, strontium, polonium, tellurium and americium are still afloat throughout Northern Japan )

Screenshot7240

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報 08-01 ◇ 「放射能に汚染された埃(ダスト)が家屋内に集積し、呼吸・皮膚接触・消化被曝の恐れ」 ―― ◎ 米国のマルコ・カルトーフェンさんとアーニー・グンダーセンさんによる「フクイチ・ホットパーティクル」論文について、環境問題のグローバル・メディア《EnviroNews》が国際社会に詳報! ★ 日本政府は、被曝地の住宅内部除染を徹底して行ない(繰り返し)、「住宅内被曝」のリスクを除去する責任がある!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/environews-4664.html

          *

 ◎ 同 07-31 ◇ 日本の180サンプルから、300を超える「ホットパーティクル」を特定! セシウムのほか、アメリシウム、ラジウム、ポロニウム、トリウム、テルル、ストロンチウムを、それぞれ1%以上含有 ―― ◎ 来日調査を続ける米国のマルコ・カルトーフェンさんとアーニー・グンダーセンさんが国際学術誌に発表 ★ フクイチ被曝地が「ホットパーティクル汚染地帯」であることが、あらためて判明!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-42dc.html

Posted by 大沼安史 at 08:53 午後 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ ケム撒きのコードネーム(暗号名)は「プロジェクト・クローバーリーフ(クローバーの葉)」、米政府が関与! 1998年に実施計画のブリーフィングを受ける! ◎ 米国でケムトレイル・HAARP問題を追究している市民科学者、クリフォード・カーニコムさんあてに、「(民間の)航空会社のマネージャー」が匿名で、ケムトレイル散布の実態を内部告発! ① ★ 航空整備士の内部告発を受けて、マネージャーが暴露!

Screenshot7238

………………………………………………………………………………………

◇ 秘密保持の誓約書に署名させられる。

  秘密を暴露した場合、刑務所行きの可能性もあると告げられ!

          *

 ★ 後述の予定だが、この「プロジェクト・クローバーリーフ」は米国とカナダの共同プロジェクトとして始まった。

 軍用機でも足りず、民間の航空会社の航空機も動員されているという。

 日本の軍事・諜報・医療権力も「クローバーリーフ」に参加しているのかもしれない。

          *

〔★は大沼〕◎ AN AIRLINE MANAGER’S STATEMENT Posted by C.E. Carnicom on behalf of the author
(May 22 2000)⇒ https://carnicominstitute.org/wp/an-airline-managers-statement/

Posted by 大沼安史 at 07:14 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市) ケムトレイル情報〕 ◇ 9日(本日)午後6時半 台風一過の空に、ケムトレイルの筋 飛行機雲(コントレイル)とはちがってリボン状に拡散 あるいは途切れとぎれに噴霧 ★ 地上のこどもたちも呼吸する空気だ! 空を見上げ、ケム機を確認したら、ケータイ・スマホで撮影しよう! 

Screenshot7237

Screenshot7236

Posted by 大沼安史 at 06:49 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ 「ケムトレイルによる人口選別削減! 知っていますか? 政府によって意図的に大気を汚染されているということを…」 ―― 米国の元政府科学者が公共図書館のパソコンを使って、匿名内部告発!

Screenshot7234

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ ブログ「違うことこそ素晴らしい be different what great」  / このケムトレイル問題は世界の人口を4.5億~5億人に減らす計画と関連しています。
 (2011年1月8日付け)⇒ http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/47116f54d0cc8cbe0cdc3ae775c59858

 ◎ ブログ「違うことこそ素晴らしい be different what great」  / ケムトレイルによる人口選別削減!~政府系科学者の内部告発(覚書)
 (2011年10月20日付け)⇒ http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/1e37dbcff1a766df8bb15a8106a4f208

          *

 ◎ ≪neko-aji≫さんのツイッター ⇒ https://twitter.com/neko_aii/status/893779656393998336

 

Screenshot7235

………………………………………………………………………………………

 ◎ ブログ「原発問題」/ ケムトレイルによる人口選別削減!~政府系科学者の内部告発 ”航空機から、致死性の高いウィルス散布”
 (2012年11月6日付け)⇒ 
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4466122a79f46a6513607ef769136868

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市) ケムトレイル情報〕◇ 北海道からの情報 ◆ こどもの間でRSウイルスが「ものすごく」流行っている / O157感染、30代男性死亡

 ⇒ https://twitter.com/Liliumoon/status/895058543203631105

 ⇒ https://twitter.com/hokkaidonponet/status/895057533429202944

Screenshot7233

Screenshot7232

Posted by 大沼安史 at 09:10 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-08

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ダストモニタ計測値 4日午前0時ごろから、連夜未明に急上昇 ―― そして4日午前11時47分、MP4付近のダストモニタで「高警報発生」! ★ 計測値上昇は他の7ヵ所のダストモニタでも同じ! 異常事態ではないか? 4日午前3時50分台には「フクイチ閃光」が2発、スクショ確認されている! 閃光が放射能ダストの発光現象だとすると、フクイチでは放射能ダストがかなり飛んでいることになる!

Screenshot7226

………………………………………………………………………………………

 ★ 4日午前3時50分台に発生した「フクイチ閃光」(2発)

Screenshot7228

Screenshot7227_2

…………………………………………………

Screenshot7230

Screenshot7229

………………………………………………………………………………………

 ★ なぜ真夜中前後から計測値が上昇するのか?

 東電が移動式稀ガス処理装置から、真夜中に排ガスを放出しているとしたら、謎は謎でなくなる!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 東電 福島第一原子力発電所敷地境界付近でのダストモニタ計測状況
  ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/dustmonitor/index-j.html

 ◎ 同 福島第一原子力発電所のモニタリングポストNo.4付近連続ダストモニタ高警報発生について
 (4日付け)⇒ http://www.tepco.co.jp/press/mail/2017/1447611_9013.html

          *

 ★ 参考 ◎ WEBCAM August 2017  #8
  ⇒ http://caferadlab.com/thread-2063.html

 ★ 関連 ◎ 岩田清さん 新たな目眩まし! 東電が「稀ガス処理装置建屋」の破壊を知られたくない真の理由は何?
 (2011年12月7日=最終更新)⇒ http://sophy.org/!/111207.htm

Screenshot7231

Posted by 大沼安史 at 07:55 午後 | | トラックバック (0)

2017-08-07

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 2014年以降の尿検で、福島県のこどもたちの「7割」から放射性セシウムを検出 / 最大値は0.3Bq/L 最頻値は0.16~0.2Bq/L/ 2014年にはセシウム134の検出も / 2015年以降は、セシウム137のみ / 福島県で尿検ごとにセシウム137の濃度が高まった女子も / 西日本のこどもたちからは未検出 ―― ◎ 神戸大教授らが研究論文を発表 ★ 「3・11」から3年後からの尿検で、このありさま。日本政府はフクイチ全被曝地で、放射能尿検を実施すべきだ!

Screenshot7220

Screenshot7221

Screenshot7222

………………………………………………………………………………………

 ★ お子さんの尿検に協力したお母さんたちは、「日常的に汚染や食品に気をつけている」人たちで、実態の平均像よりも低い尿中セシウム濃度が出ている可能性がある、という。

 ということは、気をつけていても、これだけの――「7割のこどもが内部被曝」という状況が続いているわけである。

 もしかしたら、家庭では気をつけていても、給食で内部被曝をこうむっている恐れもなしとしない。

 日本政府、あるいは各自治体は、徹底したフォローアップ調査に乗り出すべきだ。

          *

〔★は大沼〕  ◎ (7日付け)⇒ https://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/files/2017/08/SaitouYmauchicesiruminUrine.pdf

………………………………………………………………………………………

Screenshot7219

Posted by 大沼安史 at 08:33 午後 | | トラックバック (0)

〔ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ〕◇ 「ニューディリー放送」は(1945年)8月3日、原子爆弾第1号として8月6日広島に投下することが決定し、投下後どうなるか詳しい予告を3日はもちろん、4日も5日も毎日つづけて朝と昼と晩の3回延べ9回の予告放送をし、長崎原爆投下も2日前から同様に毎日3回ずつ原爆投下とその影響などを予告していた! ―― ◎ 『東愛知新聞』(豊橋市)がコラムで、隠された史実を明らかに!

Screenshot7218

………………………………………………………………………………………

 ★ わたしは原発投下については、ジュネーブ・ルートで日本の指導部に事前情報が流れていたのではないか(湯川秀樹博士も知っていたのではないか、との証言もある)、と疑ってきたが、インドの「ニューディリー放送」が事前警告を行なっていたとは知らなかった。

 「ニューディリー放送」は戦時謀略放送のひとつだろうが、それにしても、誰がなぜ、事前警告を行なったのか?

 いずれにせよ、当時の日本の指導層が敗戦を受け入れず、最悪の事態を迎えたことだけは事実だ。

 フクシマも、似ている。

 

 このまま、最悪の結末にならなければよいが。

 

〔★は大沼〕  ◎ 『東愛知新聞』 「ヒロシマとフクシマ」浮かび上がる無責任の体系(取締役統括本部長 山本正樹さんによるコラム)
 (6日付け) ⇒ http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1442

 ・ 原爆投下については、第五航空情報連隊情報室に所属していた黒木雄司氏も自著「原発投下は予告されていた!」(光人社)中で下記のようにはっきり書いている。

毎年八月六日、広島原爆忌の来るたびに、午前八時に下番してすぐ寝ついた私を、午前八時三十二分に田中候補生が起こしに来て、「班長殿、いま広島に原子爆弾が投下されたとニューディリー放送が放送しました。八時十五分に投下されたそうです」と言ったのを、いつも思い出す。(253頁)

 このニューディリー放送では原爆に関連して、まず昭和二十年六月一日、スチムソン委員会が全会一致で日本に原子爆弾投下を米国大統領に勧告したこと(158頁)。次に七月十五日、世界で初めての原子爆弾核爆発の実験成功のこと(214頁)。

 さらに八月三日、原子爆弾第一号として八月六日広島に投下することが決定し、投下後どうなるか詳しい予告を三日はもちろん、四日も五日も毎日つづけて朝と昼と晩の三回延べ九回の予告放送をし、長崎原爆投下も二日前から同様に毎日三回ずつ原爆投下とその影響などを予告してきた。

 ・ そして、2011年の東日本大震災でも、日本政府は放射線予測システムSPEEDI(スピーディ)の情報を福島原事故直後から、把握していて米軍には提供していたにも関わらず、一番必要な時に公開しなかった。

 震災翌日、福島原発に向かう際に管直人首相は、自分自身の生命や健康に影響が出ないことをSPEEDIにより確認したうえで現地に赴いたとも言われている。

 つまり、政府・高官はSPEEDIのデータを自らのために使いはするが、国民に対しては隠蔽し続けたということである。その結果、本来は被曝する必要がなかった多くの人が放射能を浴びてしまったのである。

 また、フクシマ原発事故以来、継続する放射能汚染について、本当に正確な情報を東電、政府は国民に提供してきたかも甚だ疑問なところである。

 このように「フクシマとヒロシマ」には、国民の命よりも自分たちの立場を守るために政府は、本当のことを知らせないという奇妙な符合が見えてくる。あまりに残念なことだが、底なしの無責任の体系が70年近い年月を経ても浮かび上がってくることを忘れてはならない。

Posted by 大沼安史 at 07:56 午後 |

〔中性子線や有毒ガスを使ったストーカー組織による攻撃を受けている山口県周南市在住の元高専教授、A先生(工学者)を守ろう!〕◆ 「グーグル・アース」の「地図」から、「侵入路」のほかに――攻撃拠点と見なし得る隣家の「増築部分」も消える! ―― ◎ A先生がツイッターで報告! ★ A先生に対する攻撃が、ここに来て一段とエスカレートして来た! 「彼ら」は、A先生の訴えが広がりだしたことから、決着を急いでいるのかも知れない! 撤退・証拠隠滅の準備も始まった? 

 ★ それにしても、山口県警はA先生の訴えに応え、どうして動き出さないのだろう? 

 今治や詩織さん事件と同じような構図なのだろうか?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ A先生のツイート 

  ⇒ https://twitter.com/knp12/status/894479151737970688

  ⇒ https://twitter.com/knp12/status/894208199393370113

          *

Screenshot7216

Screenshot7215

 

 

………………………………………………………………………………………

◎ A先生のブログでの訴え ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/a4c168e41156543e45de0cc6e28eb733

 

Screenshot7217

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 本ブログ既報 -08-05〔中性子線や有毒ガスを使ったストーカー組織による攻撃を受けている山口県の元高専教授、A先生(工学者)を守ろう!〕◆ A先生は自宅敷地内の地下を経由した有毒ガスの注入攻撃を疑い、念のため、ボーリング調査を行なったところ、「深さ2.5mと4mの地点に不審埋設物が存在することを確認」、不審物の方向を「グーグル・アースの衛星写真」で推理し、ブログで公開していた。⇒ ⇒ ⇒ と、その「グーグル・アース」の「地図」から、なんと、現場に至る「取り付け道路」が(何者かによって)消滅!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/08/post-b02b.html

Posted by 大沼安史 at 07:25 午後 |

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 《沖縄タイムス》が報道! ―― ◇ 原子力規制委員会の更田豊志委員長代理が4日、フクイチ現場を「視察」! / 4号機原子炉建屋の高度放射能汚染水と周辺地下水の水位が逆転し、汚染水が漏れ出す恐れが出ていたことについて、連絡の遅れは東電の姿勢に関わる問題だ。水位の逆転は最も恐れていることの一つだ」と東電を厳しく批判! ★ これは「視察」なんて甘いものじゃない! 新委員長就任予定者直々による監督行為だ! 異変が進行中?

Screenshot7213

………………………………………………………………………………………

 ★ 更田委員長代理は、「凍土遮水壁」の有効性について疑義を呈していた人だ。

 もしかしたら、今回の4号機周辺での流入地下水・水位低下は、凍土遮水壁海側の4号機部分が温度上昇による凍結不能で「決壊」し、地下水を食い止める機能が低下しているためではないか?

 より深刻な事態を疑えば、最近、フクイチ港の白濁現象がウォッチャーによって指摘されていることを考え合わせると、海側遮水壁の下部からフクイチ港海底部にかけて、溶融デブリが再臨界を断続的に起こし、遮水壁の凍結が効かなくなっている事態も想定される。

 更田氏の現場入りも、そうした危機感から発したものではないか?

          *

〔★は大沼〕 ◎ 沖縄タイムス 規制委更田氏、東電を厳しく批判 第1原発の地下水位低下公表遅れ
 (4日付け)⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/123191

Posted by 大沼安史 at 06:25 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ 伊勢神宮の日の丸の警告

Screenshot7208

………………………………………………………………………………………

 ヒロシマの日に、伊勢神宮の内宮へ参拝した。

 五十鈴川にかかる橋。

 上流、向かって右側の森のポールに、日の丸が掲げてあった。

          *

 その日の丸の赤が、洗いざらしを繰り返したような、枯淡の赤。

 それを見ているうちに、わたしは故郷の浜辺を思い出した。

          *

 「9・11」の前年、2010年の春から秋にかけ、わたしは自転車で、仙台市内から、荒浜(深沼)海岸に、なんども通った。

 荒浜は子どもの頃、海水浴をした海。学生時代には、空から歌が降りて来た海だ。

 大事な人生の場所。

          *

 60歳で帰郷したわたしは、もう居ても立ってもいられなくなって、ペダルを漕いで片道1時間の荒浜詣でを始めたのだった。

          *

 防波堤の上に自転車をおいて、浜辺を閖上方面に歩く。

 海水浴場の外れの砂の上に、磯舟が一艘。

 その舟の上で、遊泳禁止の赤い旗が潮風に、無言の警告のようにはためいている。

 あの旗の色。

          *

 風と光にさらされ、色褪せた分、清らかな赤だった。

 伊勢神宮の日の丸と同じ。

 同じ色なものだから、思い出したわけだ。

          *

 神宮の日の丸にも、時間の流れのなかで、何かを待ち受けるような、同じ静けさがあった。

 翌年、津波が襲うことになる荒浜の旗と同じ静けさ。

 無言の警報なのだろうか?

 このまま行くと、この日本に、あの「3・11」以上の困難が襲いかかるかも知れないという――。

          *

 しかし、この日の伊勢神宮は晴れ渡り、真夏の光に輝いていた。

 汗が自律神経を回復させ、身も心も浄化されていく。

 ひさしぶりに、こどものころ覚えた、あの真夏の感覚がよみがえった。

          *

 ところで――、わたしもまた伊勢神宮の神とは太陽神であると信じている一人だ。

 ただ、その先がちょっと違っていて、それが、この国、明治以来の国家権力が縛り上げた日本を超えた、日高見の国、本来の日本=原日本の根源的な神である、と考えている一人だ。

          *

 橋上から色褪せた日の丸をながめながら、最近、読んで知った、太陽と地球(の人と)の間を「マグネティック原子」の波が行き交っていると考えた(らしい)イタリアの異端(?)の科学者、Pier Luigi Ighinaさん(1908~2004年)のことを思い浮かべた。

 太陽から届いたものを陽として受け取り、逆に、太陽に陰として投げ返す。

 わたしがいま、伊勢神宮で浴びている日の光とは、かの「君知るや南の国」にも降り注ぐ、陽性の太陽ではないか、と。

          * 

 そう思うのも当然(?)。

 伊勢へ向かう国道沿いの棕櫚の樹。「ハワイは意外と近い 6キロ先」というパチンコ屋の看板。そして道路沿いの「Motel」に「べんきょう部屋」と名付けるセンス。 

  La vita è un festival. La vita è bella.
  
          *

 この国にこの先、どんなことがおきようと、伊勢の太陽は、明るい南国の太陽として在り続ける。

 また昇り、いのちを燃え立たせる太陽。

 そういう太陽神であるからこそ、現代日本人のハワイ詣でのように、昔の人はお伊勢さんにお参りしたのではないか。

          *

 伊勢神宮がこの国を生かして来た太陽神であるなら、この国の日の丸は、太陽と交流して生きる、この国の民草すべての象徴であると言えるだろう。

 その神宮の日の丸が、いま警報を発している!

          *

 政治腐敗は正さなければならない。

 民草による世直しのときだ。  

Posted by 大沼安史 at 12:05 午後 |

2017-08-06

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)日記〕◇ きょう(6日)、伊勢神宮にお参りしてきた。空には大きな龍体の雲。ケムトレイルは見えない。「伝言、伝言、放射能で殺す」といった「マイクロ波パルス」照射の威嚇攻撃も届いて来ない、静かな時空間―。この国の太陽神に、ゲスどもを粛清・排除するようお願いし、世直しによる再生と再建を祈った!

Screenshot7205

Screenshot7206

Screenshot7207

Posted by 大沼安史 at 07:09 午後 |

〔8・6 ヒロシマ 原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)〕◇ 松井一実市長が平和宣言で核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「核保有国と非保有国との橋渡しに本気で取り組んでほしい」と訴えたとき、会場に座って目をつぶっていた安倍首相は右目を薄く開け、怯えたような表情で、周囲の様子をうかがっていた! ★ 憲法上、核兵器の保有は許されると閣議決定し、国連の「核兵器禁止条約」をボイコットした安倍首相は、どの面さげて平和記念公園に列席したのだろう?

〔★は大沼〕  ◎ 風を読む~日本の「核」意識~20170806sundaymoring
 ⇒ http://www.dailymotion.com/video/x5w22mt

Screenshot7192_2

………………………………………………………………………………………

Screenshot7194

Posted by 大沼安史 at 06:20 午後 |

2017-08-05

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 台風5号 川内 ⇒ 伊方 ⇒ 若狭湾(原発銀座+もんじゅ) 連続直撃コースに ★ まるでHAARPによる狙い撃ちのようなコース取りだ! ジェット気流など上空気象が改変されているのではないか?

 〔★は大沼〕 ◎ ヤフー 台風情報 ⇒ https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1

Screenshot7190

Posted by 大沼安史 at 09:30 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 原発再稼働に狂奔し、核武装さえ狙っているようにみえる安倍政権(経産省)が、≪ 核のごみ最終処分場 東北は太平洋岸中心に「好ましい特性」≫と発表! またも「東北」に犠牲を強いようとしている!? ★ 「トイレなきマンション(原発)」をつくり続けてきたのは、自民党だから、安倍総裁は自分の選挙区に高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場をつくるべきだ!

Screenshot7189

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 河北新報 : <核のごみ>最終処分場 東北は太平洋岸中心に「好ましい特性」
 (29日付け)⇒ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170729_71023.html

 ★ 「東北皆敵」と密書にしたため、奥羽越列藩同盟を強引につぶしにかかったのは、長州の世良修蔵だった。それが発覚し、福島の宿で遊女と寝ていたところをとらえられ、阿武隈河畔で斬首!

 「東北」と「新潟」は、会津藩士の追放先の「下北」を核基地化したあげく、フクイチ核惨事を起こし、いまなお柏崎・刈羽再稼働を虎視眈々と狙い、東北に核のごみの最終処分地をつくろうとしている、「中央」の権力者たちを許しはしない!

Posted by 大沼安史 at 08:36 午後 |

〔中性子線や有毒ガスを使ったストーカー組織による攻撃を受けている山口県の元高専教授、A先生(工学者)を守ろう!〕◆ A先生は自宅敷地内の地下を経由した有毒ガスの注入攻撃を疑い、念のため、ボーリング調査を行なったところ、「深さ2.5mと4mの地点に不審埋設物が存在することを確認」、不審物の方向を「グーグル・アースの衛星写真」で推理し、ブログで公開していた。⇒ ⇒ ⇒ と、その「グーグル・アース」の「地図」から、なんと、現場に至る「取り付け道路」が(何者かによって)消滅!

 ★ グーグルの「地図(マップ)」に工作を加える!

 よほどの組織力と工作力だ。

 取り付け道路(衛星写真では白いライン。地図では赤いライン)が「地図」から消された!

………………………………………………………………………………………

 ◎ A先生のツイート報告 ⇒ https://twitter.com/knp12/status/893764897506336768

Screenshot7187

………………………………………………………………………………………

 ということは、グーグルを頼りに、現場を訪ねて確認する人が出るのを恐れている連中がいるということではないか?

 わたしは、ハイテク機器などを装備した工作員組織が、A先生に中性子線攻撃、あるいは毒ガス攻撃を、専用測定機などで見破られたことから、なんとしてもA先生を口封じしようと躍起となっており、現場への通路である取り付け道路の存在をグーグルの「地図」上から抹消したのも、そのための布石ではないかと心配している。

          *

 A先生は自宅周囲の攻撃拠点を特定されているようで、そのことを詳しく、ブログに書いている。

 ぜひ、お読みになっていただきたい。

………………………………………………………………………………………

 ◎ 正当防衛権1-2:地下経由で自宅へ侵入、有毒ガス・電磁波・中性子線攻撃をなしうる攻撃拠点はこの家 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/a4c168e41156543e45de0cc6e28eb733

          *

 上記記事のなかで、A先生は、こうお書きになっている。

 先にも示したが、警察の秘密活動はもはや手の付けられない野放図な状態、いわば狂気状態にある。彼らが指令すれば、上は内閣総理大臣から下は我々一般国民まで、誰でも殺すことは可能である。武器を持たない我々を武装組織が命を脅かすことによって、国会も、内閣も、マスコミも、弁護士など識者も警察の秘密活動に抑圧されているというのが実態であり、これを国民が跳ね返せなければ、この国は官僚・警察権力に完全に牛耳られ、憲法から国民主権も、9条も消えて、国民は戦前と同じ軍人・警察に生命・生活を操られる悲惨な時代を迎えることになる。(自公政権はこれらの官僚・警察権力の操り人形であるという実態が国民には分かりにくくされている)

日本のジャーナリズムや弁護士制度が正常に機能するなら、これだけの証拠を提示すれば、これらの不法行為には光があてられると思うが、残念ながら、沈黙というのが実態である。
国民がこの沈黙に従えば、この国は警察と軍部が蹂躙していく国になることは、読まれた皆さんにはお分かりのことと思う。

Posted by 大沼安史 at 07:45 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕 ◎ ケムトレイル機の「機内写真」を、米オレゴン州のラジオ・サイトが公開! ―― ◇ 内部告発者が匿名で提供 ★ 日本にも、現れよ! 地上のこどもたちを、地上の同胞を守ろうする内部告発者よ、現れよ!

〔★は大沼〕 ◎ EXPOSED! Photos From INSIDE Chemtrail Planes Like You’ve NEVER Seen Before!
 (2016年3月7日付け)⇒ http://tradcatknight.blogspot.jp/2016/03/exposed-photos-from-inside-chemtrail.html

Screenshot7184_2

Screenshot7186

Screenshot7185

………………………………………………………………………………………

Screenshot7178

Screenshot7177

………………………………………………………………………………………

Screenshot7180

Screenshot7179

Screenshot7183

Screenshot7181

Screenshot7182

Posted by 大沼安史 at 07:04 午後 7.ケムトレイル・HAARP |

〔祝 梶村太一郎さんのベルリン報告 復活!〕 ◎ ベルリンからのアイヌ遺骨返還に関するドイツの報道(DW  Volker Witting記者)の梶村さん訳「頭骨RV 33の日本への返還」

〔★は大沼〕 ◎(2日付け)
 ⇒ 
http://tkajimura.blogspot.jp/2017/08/rv-33.html

Screenshot7173

Screenshot7174

Posted by 大沼安史 at 12:00 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-04

〔フクイチ・メガ核惨事〕 ★ 「4号機」原子炉建屋地下に高濃度放射能汚染水が存在していた! 周辺井戸の水位低下で発覚! 一時、危機的事態に! 原子炉破壊の可能性も? ◆ 東電 「汚染水漏れ、確認できず」(ということは、漏洩した可能性も?!) ★ 定期点検中の4号機の原子炉で、何が行なわれていたのだろう? 核燃が秘密裡に持ち込まれ、極秘作業が進められていたのではないか? そして原子炉の破壊、地下水の流入にまで進んでのではないか?

 ★ 東電の「4号機」事故の説明! これだと原子炉の密封は保たれていたわけだから、地下水が流入したとしても、高濃度汚染水化することはないのでは?

Screenshot7172_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 4号機の原子炉は「3・11」当時、「定期点検中」(のはず)で核燃は装填されていなかったことになっている。

 東電の発表によると、4号機では原子炉内の核燃溶融もなければ、核燃プールでの溶融もなかった! 

 わずかに3号機からの流入水素が爆発しただけ! 

 ならば、建屋地下に、1~3号機のような高濃度汚染水があるわけがない!

 4号機の核燃プールも無傷だった(ことになっている)わけだから。

 4号機炉地下に高濃度汚染水が存在する――ということは、定期点検中の4号機の原子炉にも核燃料がなぜか存在し、それが爆発して炉が破損、そこに地下水が流入している、ということではないか! 

 4号機をめぐる真相究明は、これからだ!

 とてつもないスキャンダルの暴露につながる可能性も否定できないところだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 東京新聞 : 福島第1汚染水一時漏えいの恐れ 地下水位が低下
 (3日付け)⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017080301001815.html

 ・ 4号機の原子炉建屋地下には放射性物質を高濃度に含む汚染水がたまっているが、建屋地下から漏れ出すのを防ぐため、周辺の井戸を使って地下水位を汚染水より1m程度高くなるよう調節している。

 東電によると、2日午後6時半ごろ、4号機建屋の井戸で水位が約2m低下したとの警報が鳴った

          *

 ◎ NHK 福島第一原発 地下水の水位が一時低下 汚染水漏れ確認されず
 (4日付け) ⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170803/k10011086581000.html

 ・ 東京電力福島第一原子力発電所の事故があった建屋の周辺で2日、地下水の水位が一時、急激に下がっていたことがわかりました。地下水の水位が下がると、建屋内から汚染水が漏れ出すおそれがありますが、東京電力は水位が下がったのは一部で、汚染水の漏えいは確認されていないとしています。

 ・ 東京電力によりますと、2日午後6時半ごろ、福島第一原発4号機の原子炉建屋からおよそ11メートル南西にある、地下水をくみ上げる井戸で水位計の値が急激に下がり、一時、建屋内にたまっている汚染水の水位より1メートルほど低い値を示しました。
 水位はその後23分で元の水位より高い位置まで回復したということです。

          *

 ◎ 東電による「4号機事故の経過」 ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/outline/2_10-j.html

 
 原子炉建屋内の変化(4号機)

 定期検査中で運転を停止していた4号機もまた、地震により外部電源を喪失しました。津波の襲来後は、非常用ディーゼル発電機も使えなくなり、全ての電源を失いました。電源の喪失に伴い冷却機能や水の補給機能が失われたことで、燃料を貯蔵していた使用済燃料プールの水の蒸発による水位の低下が心配されましたが、3月下旬までは燃料が水面上に露出することはないと予想していました。このため、対応にはある程度の時間的余裕があると確認されていましたが、3号機のベントに伴い、ベントラインから4号機の原子炉建屋に水素が流入したことにより、原子炉建屋で水素爆発が発生しました。

Posted by 大沼安史 at 07:39 午後 |

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎ 「わたしは妹は肺炎で、病院にかかれず、家で亡くなった。わたしがいま、腎臓がんと闘うことができるのも保険があるからだ」――福島出身、ハワイ移民の日系・米連邦上院議員、メイジー・ヒロノ(広野慶子)さんの心揺さぶる涙の演説が「オバマケア」を守る! / トランプの廃止法案を僅差で否決! ★ ヒラノ上院議員は子どもの頃、母親に連れられ、ハワイに移民。貧しく、小学校には裸足で通ったそうだ。そしてアジア系初の上院議員に!

Screenshot7170

Screenshot7169

………………………………………………………………………………………

 ★ ヒラノさんは(1947年、福島県伊達郡睦合村・現在の桑折町生まれ)は、福島の誇り、日本の誇りだ!

 安倍政権の前復興大臣は「ふるさとを捨てることはかんたんだ」と言ってのけたが、ふるさとを出ることはつらいことだ。

 まして、移住先で――それも外国を、第二の故郷として生きることは。

 出るも人生、残るも人生。

 わたしたちも、ヒロノさんに見習って、どの道を歩もうと、断固生き抜かねばならない!

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 羅府新報(ロサンゼルス) Battling Cancer, Hirono Pleads for Compassion Ahead of ACA Vote
 (7月29日付け)⇒ https://www.rafu.com/2017/07/battling-cancer-hirono-pleads-for-compassion-ahead-of-aca-vote/

 ◎ メイジー・ヒロノ(広野慶子)さん ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%8E

 メイジー・ケイコ・ヒロノ(英語: Mazie Keiko Hirono、日本名: 広野 慶子(ひろの けいこ)、1947年(昭和22年)11月3日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。ハワイ州下院議員、ハワイ州副知事、連邦下院議員を務め、2013年1月から連邦上院議員。日本生まれの日系アメリカ人で、アメリカ史上初のアジア系女性上院議員となった。夫は弁護士のレイトン・キム・オオシマ。学位はJ.D.。

          *

 ◎ 産経新聞 米上院、「オバマケア」限定的な廃止法案も否決 唯一の選択肢も失敗、政権に打撃
 (7月28日付け)⇒ http://www.sankei.com/world/news/170728/wor1707280022-n1.html

 ・ 【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領が公約に掲げる医療保険制度改革(オバマケア)改廃に関連し、米上院は28日未明、オバマケアを限定的に廃止する法案を採決し、49対51の反対多数で否決した。同法案は上院で可決の可能性がある唯一の選択肢とされてきたが、可決に失敗したことでトランプ政権にとって大きな打撃となった。

 採決では民主党の全議員に加え、共和党からもマケイン、コリンズ、マカウスキーの3議員が反対。法案を主導した共和党のマコネル上院院内総務は採決後、「非常に失望した」と述べた。

 ・ 採決では民主党の全議員に加え、共和党からもマケイン、コリンズ、マカウスキーの3議員が反対。法案を主導した共和党のマコネル上院院内総務は採決後、「非常に失望した」と述べた。

 同法案はオバマケアが定めた個人の保険加入義務の廃止や医療機器への課税の先送りなどを決める内容。一方、その他多くの規定には手をつけずに存続を認めており、「スキニー(骨と皮ばかり)な廃止法案」と称されていた。

 しかし個人の保険加入義務を廃止すれば、健康な若年層が保険加入から遠ざかることは確実。病気になるリスクが高い保険加入者の割合が高くなり、保険料の上昇は必至とみられていた。このため上院案には共和党内からも「保険料上昇を招き、オバマケアの問題を解決することもない法案」との批判が出ていた。

Posted by 大沼安史 at 06:07 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 : ケムトレイル情報〕 ◆ 甲賀の空に、ケムトイレル2本 / 飛行機の爆音 しばらくして空を見上げたら、ごらんの通り!(本日=4日午後1時半過ぎ撮影) / 「大気汚染テロリスト」ではないか! 自衛隊機はなぜスクランブルをかけない!

Screenshot7166

Posted by 大沼安史 at 01:44 午後 7.ケムトレイル・HAARP |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 : ケムトレイル情報〕 ◆ ケムトレイルの先進国(始発国?)、アメリカの大空 使用前(過去 1999年以前) ⇔ 使用後(現在 1999年以後) ―― ◎ HAARP&ケムトレイル問題を研究・告発している米国の市民科学者、クリフォード・カリニコムさんが「記録写真集」をネットで公開! ★ 日本の空と空気を守るため、わたしたちもケム・ウォッチを始め、証拠写真を積み上げて行こう!

〔★は大沼〕 ◎ Then and Now Clifford E Carnicom June 28 2013
 ⇒ 
http://www.carnicominstitute.org/articles/thenandnow.htm

Screenshot7161

Screenshot7164

………………………………………………………………………………………

Screenshot7165

Screenshot7163

Posted by 大沼安史 at 10:02 午前 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 : ケムトレイル情報〕 ◆ ニューヨーク・タイムズに「ケムトレイル」がもともと軍事利用目的のものであることを示す(?)貴重な写真(2001年12月撮影) ―― アフガニスタンの快晴の大空に、米軍機がケム撒き ★ 生物化学兵器? それとも通信傍受? 同じようなケム撒きが日本でも行なわれている。国内の治安ターゲットを攻撃か?

〔★は大沼〕 ◎ NYT In Long Pursuit of Bin Laden, the ’07 Raid, and Frustration
 (2011年5月5日付け)⇒ 
http://www.nytimes.com/2011/05/06/world/asia/06binladen.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot7160

Posted by 大沼安史 at 09:36 午前 7.ケムトレイル・HAARP | | トラックバック (0)

2017-08-03

〔アメリカ ディープ・ステートの闇〕◆ 米大統領予備選で、ウィキリークスに米民主党全国委員会(DNC)の内部情報をリークしたのは、昨年7月、凶弾に倒れたDNCスタッフのセス・リッチ氏であることの証拠を、FBIがゲット! ―― ◎ 米国の調査報道の第一人者、シーモア・ハーシュさんが確認 

Screenshot7159

………………………………………………………………………………………

 ★ ウィキリークスへのリーク(内部告発)は、中立を保つべきDNCが、サンダース氏と指名争いをしていた、ヒラリー氏の側に立って動いていたことを明るみに出し、ヒラリー離れを加速化させたといわれる。

 セス・リッチさん(27歳)は2016年7月10日日曜日の未明、ワシントン郊外、ブルーミングデールの自宅アパートの近くで、銃殺された。スポーツパブからの帰りだった。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ユアニュースワイア FBI Confirms Seth Rich Is The DNC Leaker
 (3日付け)⇒ http://yournewswire.com/fbi-seth-rich-dnc/

          *

 ◎ シーモア・ハーシュさん ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5

Posted by 大沼安史 at 03:27 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事  ◎ 被曝地の汚染水浄化へ応用も!〕◇ 汚染水をナノチューブで石英繊維(クオーツ・ファイバー)に通すと、コバルト、カドミウム、水銀など金属の99%を濾過・除去! / 石英繊維は酢で洗えば、なんども使える! ―― ◎ 米国のライス大学のアンドリュー・バロンさんが高校生(プロジェクト開始時)のペリー・アラガッパンさんとともに開発に成功!/ 《Nature》が論文掲載!

 フクイチ核惨事クラスの水汚染にも対応できるそうだ! 

  フクイチ被曝地での水道水・農業用水浄化に活用できるのでは!

 ★ 写真は、浄化前の石英繊維。は浄化後で、ごらんのように真っ黒に! 酢で洗えば、何度も使えるそうだ! 写真は、ナノチューブを装填した石英繊維の電子顕微鏡写真。

Screenshot7157

Screenshot7158

………………………………………………………………………………………

 ★ 安倍政権は責任逃れで、フクイチ被曝地の汚染問題を「問題なし」で押し通そうとしている。

 だから、放射能除去に対しても及び腰である!

 それではいけない!

 

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕  ◎ インヴァース・イノベーション : Incredible Filter Can Clean Water in Fukushima-Like Disasters
 (7月28日付け)⇒ https://www.inverse.com/article/34748-filter-clean-water-in-fukushima-disasters

          *

◎ リサーチゲート New, reusable filter cleans heavy metals from water
 (7月27日付け)⇒ https://www.researchgate.net/blog/post/new-reusable-filter-cleans-heavy-metals-from-water

          *

◎ NATURE サイエンティフィック・レポート : Easily Regenerated Readily Deployable Absorbent for Heavy Metal Removal from Contaminated Water
 (7月27日付け)⇒ http://www.nature.com/articles/s41598-017-06734-7
 

Screenshot7156

Posted by 大沼安史 at 08:41 午前 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 山本太郎・参院議員が追究 / 2017・4.24 参院決算委 「農家の被ばくを華麗にスルーする国」 ◆ 福島・中通りでの調査で、162ヵ所中161ヵ所が、平方メートル当たり4万ベクレルを超える「放射線管理区域」! 「こういう地域で働かれている、農業されている方々、逆に言えば、原発の施設内とかで働いた方が安全だという話ですよ」

Screenshot7155

………………………………………………………………………………………

 ◆ 一方の法律では放射線管理区域でしっかりと管理されなきゃいけないというルールの下に原発とかいろんなところでは守られていながら、農業者はほったらかしですか。本当に何て言えばいいのか分からない、こんなの。こんなの国ないのと一緒ですよ。無政府状態って言いません、こういうの。

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチ被曝地は、被曝労働の危険性において、原発の構内より安全ではない、ということになる!

 ★ こういうことを続け、平然としている! 

 これが安倍政権の「アンダー・コントロール」政策の精華?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 山本太郎さんの「国会活動」報告 / 2017.4.24 決算委員会「農家の被ばくを華麗にスルーする国」
 ⇒ http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7149

Posted by 大沼安史 at 08:05 午前 | | トラックバック (0)

〔福田元首相、安倍政権を批判 「国家の破滅ちかづく」〕◇ 福田康夫元首相が2日、東京都内で共同通信のインタビューに応じ、「加計学園」の獣医学部新設計画や「森友学園」への国有地払い下げなどを踏まえ、安倍政権下の「政と官」の関係を批判! ★ ついに保守本流からレッドカード!

Screenshot7154

………………………………………………………………………………………

  ☆ 「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」と述べた。2014年に発足した内閣人事局に関し「政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」との認識を示した。

          *

Deqt2jhu0aavqcv〔★は大沼〕 ◎ (2日付け)⇒ https://this.kiji.is/265433769627074564

Posted by 大沼安史 at 07:21 午前 | | トラックバック (0)

2017-08-02

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「フクイチで続くトリチウムの放出が霧や蒸気を(水の水素原子をトリチウムで置換する)トリチウム化(tritiation)させているのではないか?」 ―― ◎ フクイチ・ウォッチャーのマジア・ナデサンさん(アリゾナ州立大学教授)が「フクイチ・フォッグ〔霧〕」をライブカメラでウォッチしながら、問題を提起! ★ 日本の科学者のみなさんも、勇気を持って発信してほしい!

★ マジアさんがスクショした、7月29日午前3時5分23秒のライブカメラ(1号機側)画面

Screenshot7152

Screenshot7153

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕  ◎ Majia's Blog : Stormy Weather at Fukushima Daiichi
 (7月30日付け)⇒ 
http://majiasblog.blogspot.jp/2017/07/stormy-weather-at-fukushima-daiichi.html

 ・ Perhaps the fog that billowed near the plant for a brief period is a result of ordinary interactions between heat and precipitation, but the visual spectacle is jolting in its suggestiveness...

Would Fukushima's ongoing tritium releases change the properties of the fog and steam surrounding the plant through tritiation?

 Tritiation is a known process, as described here by Wikipedia:

 Tritiated water is a radioactive form of water where the usual hydrogen atoms are replaced with tritium. In its pure form it may be called tritium oxide or super-heavy water. Pure T₂O is corrosive due to self-radiolysis.

Posted by 大沼安史 at 04:29 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ 8月になっても、甲賀の空は「ケムトレイルの空」! ◎ 1日夕方、湖南市上空のケム空を撮影! 夜、喉に変調! 地上では夏休みの子どもたちが遊んでいるのに! すやすや眠っているのに! 

Screenshot7148

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 ⇒ https://twitter.com/November11_2015/status/892316161492213760

Screenshot7151

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

                                                                                                              Screenshot7149

Screenshot7150

Posted by 大沼安史 at 03:28 午後 |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)発 ケムトレイル情報〕◇ 米連邦議会下院のデニス・クシニッチ下院議員が、上程した「宇宙保護法」案(HR2977)のなかで、禁止すべき新兵器のひとつとして「ケムトレイル」を明記! ★ 米国では、あえなく廃案になったものの、「ケムトレイル禁止」が盛られた法案が連邦議会に提案されていた! 日本の国会にも、現れよ、「日本の大空と空気」を守る議員が!

Screenshot7145

………………………………………………………………………………………

Screenshot7144

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ H.R.2977 - Space Preservation Act of 2001 ⇒ https://www.congress.gov/bill/107th-congress/house-bill/2977/text

………………………………………………………………………………………

 ★ クシニッチ下院議員による法案には、「ケムトレイル」だけでなく、「電子・精神電子・情報兵器」や「高空超低周波兵器システム」「プラズマ・電磁波・音速・超音速兵器」の禁止も盛られている。

………………………………………………………………………………………

Screenshot7147

Posted by 大沼安史 at 03:17 午後 |

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 山口県の自宅で中性子線照射攻撃を受けている元高専教授の工学者、A先生が車で外出中、追尾車両、現る! 後方に密着して照射。A先生の車内に、ややピンクのシンチレーション。パルス状に振動。ビーム状の中性子線! ★ 山口県警は犯行グループをただちに検挙すべきだ!

Screenshot7138

Screenshot7131

Screenshot7132

Screenshot7140

Screenshot7139

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot7129

………………………………………………………………………………………

 ★ A先生がビデオ撮影したユーチューブ動画を見ると、運転席のすぐ後ろに男がいて(助手席には乗っていない)、運転している男の左の肩口から、照射しているのが分かる。

 照射光源に注意。

 照射した男は、運転席の後ろに身を隠し、照射を続けたような気がする。

 そして、照射カーの後ろに警察の交通事故処理車が出現。

 男はその後、なぜか後部座席の中央に移動(警察車両が現れたので、何かを箱に入れるなどして、隠そうとしたようにも見てとれる)。

 照射カー、離脱!

          *

〔★は大沼〕  ◎ A先生のツイッター報告 ⇒ https://twitter.com/knp12/status/892374249393971204

Screenshot7136

………………………………………………………………………………………

          *

 ◎ A先生による後方撮影動画 ユーチューブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=9HCSqP2t3PY&feature=youtu.be

          *

 ◎ A先生のアピール 「権力による弾圧ストーキング」被害者です/国民に対するストーキング攻撃の即時停止を求めます / 要請署名にご協力をお願いします
 ⇒ 
http://barometer3.web.fc2.com/

Screenshot7137_2

Posted by 大沼安史 at 11:58 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2017-08-01

〔フクイチ・メガ核惨事 ライブカメラ・ウォッチング〕◇ 7月25日午後9時過ぎ ◎ 浜通りには濃霧注意報、発令されず / 天候も曇り ―― ★ なのに、この海側から幕のように吹き募る、白いの霧のようなものは何だ! フクイチ港の港内から噴き出しているのでは?

Screenshot7125

Screenshot7123

Screenshot7124_2

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ 2017.07.25_21.00-00.00.Unit1side
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=h7p6a1abY3g

………………………………………………………………………………………

 ◎ 警報・注意報 ⇒ http://agora.ex.nii.ac.jp/cgi-bin/cps/warning_list.pl?acode=070000

Screenshot7126

………………………………………………………………………………………

 ◎ 浜通り(小名浜)の天気 ⇒ https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/7/3620.html

Screenshot7127

Posted by 大沼安史 at 06:09 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「日本政府に告ぐ! 放射能汚染水を太平洋に投棄することなかれ!(Tell the Japanese government: don’t dump nuclear waste into the ocean!)」―― ◎ 《東電が「トリチウム垂れ流し」を計画》報道を受け、グローバル・ネット署名運動、始まる! ◆ 『シーシェパード』のワトソン船長らも署名! すでに21万人以上に!

Screenshot7121

………………………………………………………………………………………

 ★ 東電ではなく、日本政府に対しての「垂れ流すな」署名運動だ!

 安倍政権は責任をとらねばならない!

 東電に垂れ流させればいい、では済まない!

          *

 ★ トリチウム汚染水の投棄が始まれば、東京オリンピック・ボイコット運動に発展するだろう!

          *

〔★は大沼〕  ◎ ⇒ https://actions.sumofus.org/a/japan-stop-tepco-dumping-nuclear-waste-in-the-pacific/

Posted by 大沼安史 at 05:46 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「放射能に汚染された埃(ダスト)が家屋内に集積し、呼吸・皮膚接触・消化被曝の恐れ」 ―― ◎ 米国のマルコ・カルトーフェンさんとアーニー・グンダーセンさんによる「フクイチ・ホットパーティクル」論文について、環境問題のグローバル・メディア《EnviroNews》が国際社会に詳報! ★ 日本政府は、被曝地の住宅内部除染を徹底して行ない(繰り返し)、「住宅内被曝」のリスクを除去する責任がある!

Screenshot7120

………………………………………………………………………………………

 ◆ 風で放射能に汚染された表土が舞い上がり、不運にも呼吸被曝する可能性も。

 ◆ 理論的な恐れではなく実生活の危険。子どもた若者はとくに注意すべき。

 ◆「ホットパーティクル被曝」の正確なリスク評価を提言!

………………………………………………………………………………………
 

〔★は大沼〕  《EnviroNews》: Study: Radioactive Hot Particles Still Afloat Throughout Japan Six Year After Fukushima Meltdowns
 (7月29日付け)⇒ http://www.environews.tv/072917-study-plutonium-hot-particles-still-afloat-throughout-japan-six-year-fukushima-meltdowns/

………………………………………………………………………………………

  ・  The study points out, “Contaminated environmental dusts can accumulate in indoor spaces, potentially causing radiation exposures to humans via inhalation, dermal contact, and ingestion.”

 ・ The study also explains, “Given the wide variability in hot particle sizes, activities, and occurrence; some individuals may experience a hot particle dose that is higher or lower than the dose calculated by using averaged environmental data.” For example, a person living in a contaminated area might use a leaf blower or sweep a floor containing a hefty amount of hot particle-laden dust and receive a large does in a short time, whereas other people in the same area, exposed to the same background radiation and environmental averages, may not take as heavy a hit as the housekeeper that sweeps floors for a living. People exposed to more dust on the job, or who simply have bad luck and haphazardly breathe in hot radioactive dust, are at an increased risk for cancer and disease. High winds can also randomly pick up radioactive surface soil, rendering it airborne and endangering any unsuspecting subject unlucky enough to breath it in.

 ・ Some isotopes, like plutonium, only pose danger to an organism inside the body. As an alpha emitter, plutonium’s rays are blocked by the skin and not strong enough to penetrate deep into bodily tissue. However, when inhaled or ingested, plutonium’s ionizing alpha rays twist and shred cells, making it one of the most carcinogenic and mutagenic substances on the planet.

 ・ “We weren’t trying to see just somebody’s theoretical average result,” Kaltofen continued in the press release. “We looked at how people actually encounter radioactive dust in their real lives. [By] combining microanalytical methods with traditional health physics models… we found that some people were breathing or ingesting enough radioactive dust to have a real increase in their risk of suffering a future health problem. This was especially true of children and younger people, who inhale or ingest proportionately more dust than adults.”

 ・ “Individuals in the contaminated zone, and potentially well outside of the mapped contaminated zone, may receive a dose that is higher than the mean dose calculated from average environmental data, due to inhalation or ingestion of radioactively-hot dust and soil particles,” the study says in summation. “Accurate radiation risk assessments therefore require data for hot particle exposure as well as for exposure to more uniform environmental radioactivity levels.”

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報 2017-07-31 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ 日本の180サンプルから、300を超える「ホットパーティクル」を特定! セシウムのほか、アメリシウム、ラジウム、ポロニウム、トリウム、テルル、ストロンチウムを、それぞれ1%以上含有 ―― ◎ 来日調査を続ける米国のマルコ・カルトーフェンさんとアーニー・グンダーセンさんが国際学術誌に発表 ★ フクイチ被曝地が「ホットパーティクル汚染地帯」であることが、あらためて判明!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/07/post-42dc.html

Posted by 大沼安史 at 05:11 午後 | | トラックバック (0)

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕【重要】◇ ≪ 〔滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中にある〕「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」は、世界41ヵ所に設置された《HAARP(電離層ヒーター)》のうちのひとつ! ≫ ◎ 米国のエラナ・フリーランド女史が著書で明らかに! ★ 日本国内にもHAARPがあった!? 人工地震、気象変動、マインドコントロールになども応用できると言われているHAARPがあった!? ジャーナリストのみなさんは事実関係の確認を!

Screenshot5417

Screenshot5418

Screenshot5419

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Elana Freeland、さん著 Chemtrails, HAARP, and the Full Spectrum Dominance of Planet Earth (ペーパーバック版59頁を参照

Screenshot7087

Screenshot7086

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 米国の地球科学者、ローレン・モレットさんが「日本にもHAARPがある。写真を見た」と書いていたので、「京大MUですか?」とメール(彼女のHP経由)で紹介したことがある。

 しかし、その問い合わせメールはなぜか「迷子メール」になって戻って来ていた!

          *

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報 2017-03-26〔ハイテク軍事研究・実験の闇 〕◇ 米国の地球科学者 ローレン・モレット女史(「モレ」とも表記)が航空写真で確認したという、「京都大学が運用する日本のHAARP」はどこにあるのだろう? 滋賀県甲賀市信楽町神山2746番地の山中に、「京都大学生存圏研究所信楽MU観測所」というのがあるが、これだろうか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/post-76e9.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 同 同 2017-02-09〔ハイテク軍事研究の闇〕◇ 日本国内にも「HAARP(人口地震・気象・電磁波兵器?)」施設 / 京都大学が運用 / 航空写真で確認!――と、米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が驚愕の指摘! ◆ 大阪大学の「第4世代の核兵器開発」も確認、とも言明! ★ モレット女史は2004年にジャパン・タイムズで、日本で原発惨事が起きると警告した人だ(2006年には来日している)。日本にもHAARP、日本でも新型核兵器開発……聞き捨てならない警告ではある!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-97de.html

Posted by 大沼安史 at 10:45 午前 7.ケムトレイル・HAARP |

〔甲賀の里(滋賀県湖南市)ケムトレイル情報〕◇ 気圏(大気中)へのケム撒き行為は条約違反の国際犯罪だ! 安倍政権はどうして取り締まらないのか? 自衛隊機はどうしてケム撒き機に対してスクランブルをかけないのか? ―― ◎ 日本も国連の「環境改変兵器禁止条約(ENMOD)」を批准していた!

Screenshot7119

………………………………………………………………………………………

★ 第4条に、こうある! 

 (第4条)締約国のとるべき措置[編集]

 本条約において締約国は、「自国の憲法上の手続に従い、その管轄又は管理の下にあるいかなる場所においても、この条約に違反する行為を禁止し及び防止するために必要と認める措置をとること」を誓約する。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ウィキ 「環境改変兵器禁止条約(ENMOD)」
 ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%B9%E5%A4%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E6%95%B5%E5%AF%BE%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

Posted by 大沼安史 at 09:52 午前 |