« 〔ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ〕◇ 「ニューディリー放送」は(1945年)8月3日、原子爆弾第1号として8月6日広島に投下することが決定し、投下後どうなるか詳しい予告を3日はもちろん、4日も5日も毎日つづけて朝と昼と晩の3回延べ9回の予告放送をし、長崎原爆投下も2日前から同様に毎日3回ずつ原爆投下とその影響などを予告していた! ―― ◎ 『東愛知新聞』(豊橋市)がコラムで、隠された史実を明らかに! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ダストモニタ計測値 4日午前0時ごろから、連夜未明に急上昇 ―― そして4日午前11時47分、MP4付近のダストモニタで「高警報発生」! ★ 計測値上昇は他の7ヵ所のダストモニタでも同じ! 異常事態ではないか? 4日午前3時50分台には「フクイチ閃光」が2発、スクショ確認されている! 閃光が放射能ダストの発光現象だとすると、フクイチでは放射能ダストがかなり飛んでいることになる! »

2017-08-07

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 2014年以降の尿検で、福島県のこどもたちの「7割」から放射性セシウムを検出 / 最大値は0.3Bq/L 最頻値は0.16~0.2Bq/L/ 2014年にはセシウム134の検出も / 2015年以降は、セシウム137のみ / 福島県で尿検ごとにセシウム137の濃度が高まった女子も / 西日本のこどもたちからは未検出 ―― ◎ 神戸大教授らが研究論文を発表 ★ 「3・11」から3年後からの尿検で、このありさま。日本政府はフクイチ全被曝地で、放射能尿検を実施すべきだ!

Screenshot7220

Screenshot7221

Screenshot7222

………………………………………………………………………………………

 ★ お子さんの尿検に協力したお母さんたちは、「日常的に汚染や食品に気をつけている」人たちで、実態の平均像よりも低い尿中セシウム濃度が出ている可能性がある、という。

 ということは、気をつけていても、これだけの――「7割のこどもが内部被曝」という状況が続いているわけである。

 もしかしたら、家庭では気をつけていても、給食で内部被曝をこうむっている恐れもなしとしない。

 日本政府、あるいは各自治体は、徹底したフォローアップ調査に乗り出すべきだ。

          *

〔★は大沼〕  ◎ (7日付け)⇒ https://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/files/2017/08/SaitouYmauchicesiruminUrine.pdf

………………………………………………………………………………………

Screenshot7219

Posted by 大沼安史 at 08:33 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65633329

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 2014年以降の尿検で、福島県のこどもたちの「7割」から放射性セシウムを検出 / 最大値は0.3Bq/L 最頻値は0.16~0.2Bq/L/ 2014年にはセシウム134の検出も / 2015年以降は、セシウム137のみ / 福島県で尿検ごとにセシウム137の濃度が高まった女子も / 西日本のこどもたちからは未検出 ―― ◎ 神戸大教授らが研究論文を発表 ★ 「3・11」から3年後からの尿検で、このありさま。日本政府はフクイチ全被曝地で、放射能尿検を実施すべきだ!: