« 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ★ 10日夜 フクイチの空に、欠けはじめた月の光が …… そして、いつもの、不気味な「閃光」がきらめく! ◎ 海外ウォッチャーが東電ライブカメラ映像をスクショ! / 午後10時前後、閃光が2発! / そして、このあと、いつもの霧が! 福島に濃霧注意報、発令! | トップページ | 〔ケムトレイル、許すまじ!〕◎ 米国カリフォルニア州のネバダ・シティー(Nevada City, CA )が、上空を「ケムトレイル・フリー・ゾーン(Chemtrail-Free Zone)」化 / 世界初 / 北カリフォルニアの人口3000人の町が宣言! ★ 日本でも滋賀県の日野町・竜王町・湖南市一帯などで、ケムトレルが観測が相次いでいる! ネバダ・シティーに続け! »

2017-07-12

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎「決して許されることのない大罪だから、謝罪の旅に終着点などない。体力が続く限り巡礼を続ける」―― 1987~89年までフクイチの副所長をつとめた元東電社員の増田哲将(ますだ・のりまさ)さん(80) 、が自らを「大罪の共犯者」として核惨事の責任を引き受け、5年の修業を経て山伏になり、東北で謝罪と鎮魂の行脚! ★ わたしは海外のソーシャル・メディアで、英文毎日の記事を知った。世界の人びとも、増田さんに心を寄せ、救われた思いでいるのではないか!

Screenshot6914

 ◎ 自宅のラジオで事故を知った時、体質が変わっていないと痛感した。「1号機という一つのボールにチーム全員が群がる子供のサッカーのようだった」。優先順位を自ら判断し、2号機や3号機を守るために人を割り振れば、事態悪化は防げたと感じている。

 これまでに福島県いわき市や宮城県気仙沼市、岩手県釜石市を歩いた。行脚の途中、海辺で犠牲者のために手を合わせ、冥福を祈って般若心経を唱える。被災者に出会うと経歴を明かし、頭を下げる。7月には青森県を巡礼する予定だ。「決して許されることのない大罪だから、謝罪の旅に終着点などない。体力が続く限り巡礼を続ける」

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 ひと 増田哲将さん=謝罪行脚を続ける元福島第1原発副所長
 (6月30日付け)⇒ https://mainichi.jp/articles/20170630/ddm/008/070/069000c

          *

 ◎ 英文毎日 Former TEPCO worker turned monk on remorse-driven pilgrimage
(7月1日付)⇒ https://mainichi.jp/english/articles/20170701/p2a/00m/0na/027000c

Posted by 大沼安史 at 02:56 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65524700

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◎「決して許されることのない大罪だから、謝罪の旅に終着点などない。体力が続く限り巡礼を続ける」―― 1987~89年までフクイチの副所長をつとめた元東電社員の増田哲将(ますだ・のりまさ)さん(80) 、が自らを「大罪の共犯者」として核惨事の責任を引き受け、5年の修業を経て山伏になり、東北で謝罪と鎮魂の行脚! ★ わたしは海外のソーシャル・メディアで、英文毎日の記事を知った。世界の人びとも、増田さんに心を寄せ、救われた思いでいるのではないか!: