« 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ≪cmk2wl≫ ◇ 25日未明 午前2時40分、フクイチ・ライブカメラ 「ここしばらく沈静化していた福島原発ですが、また火がついたようです。視界ゼロ」―― ★ 「フクイチ怪霧」が断続的に発生しているようだ! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 溶融核燃ほったらかし状態で 東京オリンピックの狂気〕◇ 元スイス大使、村田光平さんのIOCバッハ会長あてメッセージ(アーニー・グンダーセンさんの「日本政府のフクイチ難民に対する非人道行為はゾッとする」批判を紹介)を、国際的に有名な米国の女医、Rima E. Laibowさんが国際社会に拡散! »

2017-07-25

〔フクイチ・メガ核惨事 溶融核燃ほったらかし状態で 東京オリンピックの狂気〕◇ NHKが「東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集」大本営発表報道! ★ 国民に無償提供を迫るなら、「月額報酬・最高200万円」という五輪組織委の幹部も無償ボランティアで、お国のために働くべきだ! ★ 木材は被災地の復旧にこそ役立てるべきだ!

Screenshot7060

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK 東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集
 〈25日付け)⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011072751000.html

          *

 ◎ 五輪組織委 報酬規程 ⇒ https://tokyo2020.jp/jp/organising-committee/finances/data/201401-stipulation-a.pdf

Screenshot7059

 

 ◎ 役員一覧 ⇒ https://tokyo2020.jp/jp/organising-committee/structure/officer/

          *

 ★ NHK御用報道の歴史的資料として、記事本文を書きうつします。

          *

 東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、選手村の交流施設を作るための木材を、無償で提供する自治体を全国から公募し、大会後は東京オリンピックのレガシー=遺産として各自治体に活用してもらう取り組みを始めることになりました。

 東京・中央区の晴海に建設される選手村には、大会の期間中、選手が家族などと交流できる施設として「ビレッジプラザ」と呼ばれる仮設の施設が建設されます。

 大会の組織委員会は、この施設の屋根や壁などに使う木材を全国の自治体から無償で提供してもらい、大会後は各自治体で東京オリンピックのレガシー=遺産として活用してもらう取り組みを始めることになりました。

 木材は、製材であれば種類は問わず、自治体名を明記できるということで、組織委員会は全国の木材を使うことで多様性と調和を表現したいとしています。

 木材を提供してもらう自治体は、9月11日から公募し、10月上旬に45の自治体を決めたいとしています。

 組織委員会は「木材を全国から募ることで大会機運の醸成につなげ、コスト削減と大会の記憶が残る取り組みにしていきたい」と話しています。

Posted by 大沼安史 at 06:20 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65579435

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 溶融核燃ほったらかし状態で 東京オリンピックの狂気〕◇ NHKが「東京五輪 選手村の交流施設を作る木材 全国から無償で募集」大本営発表報道! ★ 国民に無償提供を迫るなら、「月額報酬・最高200万円」という五輪組織委の幹部も無償ボランティアで、お国のために働くべきだ! ★ 木材は被災地の復旧にこそ役立てるべきだ!: