« 〔9・11 「影の政府」の犯罪が明るみに〕◇ 「WTC7ビルは、われわれが爆破した」 79歳の元CIAエージェント、マルコム・ハワードさんが死の床で、証言! ―― 「トップからの命令で動く」 その名も「新世紀作戦」。爆破の成功を確証するCIAの爆破支援細胞(4人のチーム)に所属 / BBCの「20分前、フライング報道」のあと、箝口令 ★ 「ブッシュ排除(チェイニー政権樹立?)の革命(クーデター?)が起きると思っていたが、起きなかった!」 | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「トリチウム未処理、垂れ流し、すでに決定済み」 /川村新会長がメディアに明言! / ★ 東電、仏の世界的な水企業、「ヴェオリア」の傘下に入った「キュリオン」社のトリチウム分離除去技術を、コストがかかり過ぎるので採用せず、安上がり投棄を選択か? 「ヴェオリア」への日本の水道(下水道)利権の譲渡が、自治体の抵抗で進まず、キュリオン技術使用料を水道利権に転移させて東電負担を軽減する政府主導のモクロミの失敗が背景にあるのでは? »

2017-07-19

〔「影の政府」権力による電磁波マインドコントロールを許してはならない〕◇ 米国北西部、オレゴン州内陸部の都市、ユージン(人口15万人)で1978年、ひと晩のうちに数十人が理由もなく(dozens of people with no apparent cause)自殺! / 北カリフォルニアのディクソンからOTHレーダー (超水平線レーダー)で、マイクロ波を照射 / 実験成果を「HAARP」のマインドコントロール攻撃に利用!―― ◎  米国の地球物理学者、ローレン・モレット女史が、無差別自殺誘導攻撃を批判!

 ★ わたしの周辺でも、なぜか、若い人の自死が続いた!

  オレゴン・ユージンでの実験で有効性が実証された軍事技術が、40年経って、日本の闇組織にも流れ、使われているのではないか?

Screenshot6982

Screenshot6984

Screenshot6985

Screenshot6983

………………………………………………………………………………………

 ★ モレット女史は、米国のローレンス・リバモア研究所が、カリフォルニア州立大学デイビス校でのサル実験結果を受け継ぎ、「セーフハウス」という秘密の実験施設で人体実験で行ない、HAARPによるマインドコントロール技術が完成された、と述べている。

          *

 ★ わたしはモレット女史のHPで、この文章を読んで、ちょっと驚いた。

 もちろん、あくまで憶測にすぎないが、仙台でマイクロ波によるとみられる「音声送信」攻撃を受けていたとき、「彼ら」はわたしに、しきりに「オレゴン」「オレゴン」と連呼し、「早く死ね」と畳み掛けていたからだ。

 もしかしたら、電磁波を使ってターゲットを極度の鬱状態に追い込み、自殺へと誘導する技術(あるいは周波数)を、「彼ら」は「オレゴン」という隠語で呼んでいるのかも知れない。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://leurenmoret.info/currents/fukushima-impact-of-fallout.html

          *

 1978 Mysterious Suicide Epidemic in Oregon Traced To Navy Transmitter And HAARP Frequencies for Mind Control Carried on HAARP Over the Horizon Radar (OHR)

 In the quiet little town of Eugene in southern Oregon, a sudden overnight suicide epidemic in 1978 ended the lives of dozens of people with no apparent cause. After investigations involving the media, the Feds, FCC, researchers, and locals, it was determined that the town was inundated with microwave transmissions carried on Over the Horizon Radar (OHR) at frequencies that could be used for mind control and to modify human behavior.

  Federal officials identified the source of the transmissions as the Soviets (a coverup since the Soviets were secretly codeveloping HAARP with the U.S. at the Livermore nuclear weapons lab for the US Navy), but a second Federal agency, the FCC traced it to a Navy transmitter in Dixon, California.

Dixon is the more likely antenna location identified as the cause by the F.C.C.. The FCC owned the farmland and huge antenna array surrounding the safe house in Livermore where the HAARP mind control technology was tested on humans after transfer from the U.C. Davis monkey colony.

Posted by 大沼安史 at 07:39 午後 7.ケムトレイル・HAARP |