« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ フクイチ2号機の格納容器内の推定空間線量、毎時650シーベルトは、あのチェルノブイリの溶融核燃の表面線量、「毎時100シーベツト超」のなんと6倍もの恐るべき線量だったことが判明! ―― ◎ V・G・フローピン・ラジウム研究所〔サンクトペテロブルク〕のボリス・ブラコフ研究室長が2・3日、福島県広野町で開かれた「第2回 福島第一廃炉国際フォーラム」での発表で明らかに! | トップページ | 〔フクイチ・核惨事 7年目の7月に〕◆ 北朝鮮のミサイル、「東京のど真ん中に落とした方がよっぽどいい」―― 原子力規制委員会の田中俊一委員長が6日、高浜原発のある福井県高浜町での意見交換会で発言! ★ 若狭湾の「原発銀座」を狙われたくない気持ちが分かるが、それにしても……。これでは「東京オリンピック」も危うい! »

2017-07-05

〔フクイチ・メガ核惨事〕<ENENEWS> ◆ 地下水観測孔「NO1」で過去最大のグロス・ベータ線量(24,000,000 Becquerels per cubic meter) / 同「NO3-5」では過去最大のトリチウム(190,000 Becquerels per cubic meter)を検出(6月22日採水) ―― ◎ 6月27日発表の東電資料に記載 ★ フクイチは地下で臨界暴走しているのではないか!?

Screenshot6860

Screenshot6861

………………………………………………………………………………………

Screenshot6862

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ エネニュース Record radiation detected at Fukushima nuclear plant — Multiple locations register highest levels ever measured — “Radioactive materials in groundwater toward the ocean”
 (3日付け)⇒ http://enenews.com/record-radiation-detected-at-fukushima-nuclear-plant-multiple-locations-register-highest-levels-ever-measured-radioactive-materials-in-groundwater-toward-the-ocean?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ENENews+%28Energy+News%29

Posted by 大沼安史 at 11:06 午後 |