« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「フクイチ」被曝地に野積みされたまま放置されている「除染フレコンバッグ」の山、有機物からのメタンガスで自然発火の恐れ! 落雷発火も! 放射能を再拡散! ◎ 「フェアウィンズ」のアーニー・グンダーセンさんが警告 ★ 放射能山火事だけでなく、除染放射能フレコンバッグ火災の防火対策も必要だ! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 「桑ちゃん」さんのことし初めのFB報告、「「フクイチ」から希ガス(クリプトン85)が大量発生」について報じた本ブログ(『机の上の空』)が、国際社会の有力ネットメディア『AGR』(5月30日付)の英訳報道で、世界拡散開始! »

2017-06-02

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕★ 5月の初め、ハワイの海岸にカニ(蟹)の幼生とみられる海洋生物の死体が(数マイルにわたって)大量に打ち揚げられる/ オアフ島モクレイア・ビーチ/ 降雨のあとの異変 / ナマコも ◇ 中旬(15~18日)、ホノルルのガンマ線観測・放射能モニタリングポスト(MP)が中断 ★ ハワイは「フクイチ」プルームを乗せたジェット気流のコースのひとつとされる。「浪江町・十万山山火事」との関係が気になる。 

Screenshot6573

Screenshot6572

Screenshot6575

………………………………………………………………………………………

 ◎ ハワイ異変 ◆ エネニュース TV: Millions of dead sea creatures wash ashore in Hawaii — Carcasses found along miles of beach — “That should trigger some alarm” — “I don’t know what’s going on over there… I’ve never seen anything like this” (VIDEOS)
 (5月26日付け)⇒ http://enenews.com/tv-millions-of-dead-sea-creatures-wash-ashore-in-hawaii-carcasses-found-along-miles-of-beach-that-should-trigger-some-alarm-i-dont-know-whats-going-on-over-there-ive-nev 

 ◆ ハワイ・ニュースNOW Tens of thousands of crustaceans wash ashore along miles of Mokuleia beaches
 (5月4日付け)⇒ http://enenews.com/tv-millions-of-dead-sea-creatures-wash-ashore-in-hawaii-carcasses-found-along-miles-of-beach-that-should-trigger-some-alarm-i-dont-know-whats-going-on-over-there-ive-nev

 ・ The state Department of Land and Natural Resources ays they appear to be baby shrimp.

“ The eggs spawn at sea and the hatched larvae return with the tide to the shore where they will settle on the reef," said DLNR spokeswoman Deborah Ward. "Sometimes storms happen when the larvae are returning, the larvae get caught in the water turbulence and die. The returning tides bring these dead larvae to shore where they wash up on the beaches."

 The DLNR said the rain over the weekend is what caused the die-off.

 ・ Environmentalist Carroll Cox he found about a dozen dead sea cucumbers washed up on shore as well. He believes the creatures are baby crabs.

          *

 ◎ ハワイ・ホノルルMP中断 ⇒ https://allegedlyapparent.wordpress.com/2017/05/28/us-turns-off-radiation-monitors-baseline-shift-hawaii-other-radnet-graphs-us-epa-radnet-end-may-2017/

Screenshot6576

          ◇

 【参考】◎ 2017-02-23〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ ことし1月第2週から月末にかけ、欧州の広い範で「ヨウ素131」検出されが、それに先行するかたちで、1月4日~28日の期間、アラスカ・フェアバンクスの米政府・ラドネット・モニタリングポストのデータが消されていた。(続報その1)/ 「フクイチ」上空のジェット気流、ハワイ・アラスカ経由で欧州へ! / ホノルルMPでもデータ・ブラックアウト ★ やはり「フクイチ再臨界プルーム」か?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-4fbe.html

          *

 ◎ 2017-04-04 ◎ 「3・11」後、フクイチ・放射能雲(プルーム)はハワイも襲い、ハワイ島の都市、ヒロ(Hilo)では牛乳から、なんとストロンチウム89と90が検出されていた! 骨・骨髄に集中する「ボーン・シーカー(bone-seekers)」と呼ばれるSrが、楽園の島のミルクに! ◆ また、ハワイ在住の医師、コンラッド・ミラーさんは、米連邦政府の基準の6倍(600%)のヨウ素と8倍のセシウム134、6.33倍のセシウム137を、ハワイのミルクから検出、と警告!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/04/hilobone-seeker.html

Posted by 大沼安史 at 09:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕★ 5月の初め、ハワイの海岸にカニ(蟹)の幼生とみられる海洋生物の死体が(数マイルにわたって)大量に打ち揚げられる/ オアフ島モクレイア・ビーチ/ 降雨のあとの異変 / ナマコも ◇ 中旬(15~18日)、ホノルルのガンマ線観測・放射能モニタリングポスト(MP)が中断 ★ ハワイは「フクイチ」プルームを乗せたジェット気流のコースのひとつとされる。「浪江町・十万山山火事」との関係が気になる。 :