« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 昨年=2016年 6月20日 午前3時9分17秒 「フクイチ」全体が白光に包まれ、建屋、排気塔、クレーンが青紫に輝く! ◎ 海外ウォッチャーが東電「ライブカメラ」映像をスクショ記録していた! ★ そのとき、福島県には、雷注意報が出ていた! それにしても、この異様な光景は何だ!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 東電、2013年8月19日に北エリアNo.5タンクから放射能汚染水の漏洩事故を起こした「H4エリア」のタンク群(56基)の全面撤去を完了!◎ 「フクイチ」監視の《SimplyInfo.org》が問題提起 / ことし3月初めかた 「汚染土」の「回収」をしているというが、どんな回収状況かハッキリしない! ★ エリア内フランジタンクをすべて撤去した、ということは、汚染水漏洩が一つのタンクにとどまるものではなかった、ということではないか? 「エリア内全面汚染」を疑う! »

2017-06-06

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 「ほんとうのドラマは、溶融核燃が行方不明になったフクシチの地下で続いている」―― ◎ フクイチ・ウォッチングを続けている、マジアさん(Majia Nadesan 米アリゾナ州立大学教授)が、「東電ライブカメラ」での「閃光」スクショ写真とともに、最新ブログで警鐘! ★ 彼女によれば、「フクイチ」はそれでも数ヵ月前よりは、表面上、安定しているように見える。しかし「見た目にだまされてはいけない」というのが、彼女の見立てだ!

 ◆ 2号機建屋の右側空間での「閃光」をとらえたこのスクショは、1日午前0時35分09秒のもの。

Screenshot6616

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Majia's Blog Fukushima Webcam Update
 (4日付け)⇒ http://majiasblog.blogspot.jp/2017/06/fukushima-webcam-update.html

 In general, conditions on the surface look more stable than they were a few months ago. However, appearances can be deceptive and the real drama remains underground as TEPCO struggles to locate and contain missing, melted reactor fuel.

          *

 ◎ 関連 2017-04-28〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 「雨なしでも水蒸気」 ――◎ フクイチ・ウォッチングを続けている、マジアさん(Majia Nadesan 米アリゾナ州立大学教授)が、26日の観察結果を記したブログで警告! 「今日の(フクイチからの)放出、さらに悪化。これは明らかに(現場の)作業員の健康にとって良いようには思えない」/ 現場を見下ろす丘が「150μSv/h」と報じられているのが、それはつまり、「年間1314mSv」ということではないか! ★ 東電の「防護服・マスクなし」演出に対し、厳しい目が!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/04/majia-nadesanms.html

Posted by 大沼安史 at 01:36 午後 |