« 〔電磁波・中性子線 ハイテク犯罪を許さない!〕☆ The Global TI Survey Launch ( TI  <ターゲッティド・インディヴィジュアル = 電磁波など照射被害に遭っている個人> グローバル調査、スタート)〕/ 米NSAの内部告発者、ウイリアム・ビニーさんとカーク・ウィーブさんが全面支援を表明! ★ 日本を含む、世界的な電磁波拷問/マインドコントロール実験・演習攻撃の実態が、元諜報機関メンバーの専門家の協力で明らかになりそうだ! | トップページ | 〔東電柏崎・刈羽原発事故(2007・7・16) 10周年へ ◎ 岩田清さんが遂に、画像解析で「決定的な真実」を究明〕◎「新潟県中越沖地震」で、世界最大、柏崎・刈羽原発は、1~7号機のすべてで噴煙を発していた! / 外部「変圧器」の「黒煙」ばかりがクローズアップ報道された「3号機」からは、他を圧する、巨大(長大)な白い噴煙が!  / 定期点検で稼働していかったはずの「1号機」からも煙! ★ わたしたちは結局、だまされ続けて来た、ということなのか! »

2017-06-26

〔フクイチ・グローバル・メガ核惨事〕◇ フクイチ放射能で、北米に約163兆ベクレル(163 TBq)が降下(うち米国95兆、カナダ40兆)/ ヨーロッパには14兆ベクレル(大半がロシア欧州部、スウェーデン、ノルウェーに)、アジアには47兆ベクレル(大半がロシア・アジア部、フィリピン、韓国)/ 北極地方には69兆ベクレル / アフリカ、オセアニア、南極にも拡散 ――◎ 4月23~28日、ウィーンで開かれたEGU(欧州地球科学連合)の2017年総会で、ノルウェー、フランスの合同研究チームが発表 

 ★ フクイチ・メガ核惨事は、全地球規模の放射能汚染を引き起こしていたことを、あらためて確認! 

Screenshot6794_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 極東ロシアばかりか、韓国、フィリピンまで汚染してしまっていた!

   謝罪すべきではないか!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ EGU General Assembly, EGU2017, proceedings from the conference held 23-28 April, 2017 in Vienna, Austria / Global transport of Fukushima-derived radionuclides from Japan to Asia, North America and Europe. Estimated doses and expected health effects
 ⇒ http://adsabs.harvard.edu/abs/2017EGUGA..19.6605E

          *

 The earthquake and the subsequent tsunami that occurred offshore of Japan resulted in a serious accident at the nuclear facility of Fukushima. A large number of fission products were released and transported worldwide. We estimate that around 23% of the released 137Cs remained into Japan, while 76% deposited in the oceans. Around 163 TBq deposited over North America, among which 95 TBq over USA, 40 TBq over Canada and 5 TBq over Greenland). About 14 TBq deposited over Europe (mostly in the European part of Russia, Sweden and Norway) and 47 TBq over Asia (mostly in the Asian part of Russia, Philippines and South Korea), while traces were observed over Africa, Oceania and Antarctica. Since the radioactive plume followed a northward direction before its arrival to USA and then to Europe, a significant amount of about 69 TBq deposited in the Arctic, as well. An attempt to assess exposure of the population and the environment showed that the effective dose from gamma irradiation during the first 3 months was estimated between 1-5 mSv in Fukushima and the neighbouring prefectures.

Posted by 大沼安史 at 08:31 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65461368

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・グローバル・メガ核惨事〕◇ フクイチ放射能で、北米に約163兆ベクレル(163 TBq)が降下(うち米国95兆、カナダ40兆)/ ヨーロッパには14兆ベクレル(大半がロシア欧州部、スウェーデン、ノルウェーに)、アジアには47兆ベクレル(大半がロシア・アジア部、フィリピン、韓国)/ 北極地方には69兆ベクレル / アフリカ、オセアニア、南極にも拡散 ――◎ 4月23~28日、ウィーンで開かれたEGU(欧州地球科学連合)の2017年総会で、ノルウェー、フランスの合同研究チームが発表 :