« 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ 仏語サイト「Nos Voisins Lointains 3.11(3・11 遠き隣人)」が「空間線量率だけを見ていては、特に今回の火災のような場合には、放射能防護には重要な不備があります」と警告!―― ◎「ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト」の小澤洋一さんのコメントを仏訳し、国際社会に拡散! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ 10日午後3時過ぎ、馬場有町長が「鎮火した」と宣言! / 林野庁推定で、およそ75ヘクタール(浪江町の山林がおよそ22ヘクタール、隣接する双葉町の山林がおよそ53ヘクタール)を焼く/ 陸上自衛隊福島駐屯地の第44普通科連隊も消火に出動! »

2017-05-10

〔監視・監獄国家化を許してはならない〕◇ 米カリフォルニア州オークランドの警察が、FBIから支援を受け、スーツケースの大きさのデバイス、「スティングレイ」で、盗聴活動 / 裁判所が提出を命じた警察の記録文書で明るみに! ★ ≪StingRay≫ は、米社がもともと軍事・諜報用に開発したものだそうだ。いわば、「ポータブル携帯無線局」! 安倍政権はこういう諜報デバイスの導入も進めようとしているのではないか!集団ストーカーや工作員グループが、すでに使用の恐れも!

★ 写真はウィキ(英文)の「概念図」。

 要は、「携帯無線局無」だ。

Screenshot6513

………………………………………………………………………………………

 スーツケース・サイズ。

 ということは、車に積んで持ち運びできる。

 ターゲットの事務所や本部の近くに駐車するだけで、「盗聴」が可能になる!

          *

★ 日本では、もしかしたら集団ストーカーや工作員グループが、資金力にmのをいわせ、すでに入手しているかも知れない。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 英紙ガーディアン Stingray documents offer rare insight into police and FBI surveillance
 (2016年8月26日付け)⇒ https://www.theguardian.com/us-news/2016/aug/26/stingray-oakland-police-fbi-surveillance 

Screenshot6512

Posted by 大沼安史 at 09:52 午後 4.電磁波被曝問題 |