« 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町十万山 放射能山火事」◎ 「チェルノブイリ」30キロ圏(立ち入り禁止区域)、野火・山火事多発地帯に ◆ 放射能で「微生物死のゾーン(microbial dead zone.)」化 / 枯れ枝、倒木、枯葉、枯草の腐食進まず、乾燥して、野火・山火事の「燃料」に / 「フクイチ被曝地」の森林や耕作放棄地なででも「微生物死のゾーン」化が進んでいるのではないか? 延焼続く十万山でも! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町十万山 放射能山火事」◎ 安倍政権下の総務省消防庁 いまだに「災害情報」に載せず! ★ 山火事現場で苦闘が続く中、安倍首相はきょうもまた、朝から草刈り……いや、ゴルフを満喫! / 現地に対策本部を設置すべきではないか! »

2017-05-05

〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町十万山 放射能山火事」◎ 「チェルノブイリ」30キロ圏(立ち入り禁止区域)、野火・山火事多発地帯に ◆ 国際環境団体「グリーンピース・ロシア」、独自に消火隊を編成し、チェルノブイリ周辺での消火活動に出動 / 「チェルノブイリ森林放射能火災」、時限爆弾化して燃え上がる! チェルノブイリ核惨事から30年以上経ったいまも / 放射能を吸収した森林が、新たな放出源に!

 ★ 「フクイチ」でも、死の灰をかぶった森林地帯の山火事対策が長期的な課題となりそうだ。

 わたしたちはチェルノブイリの山火事から教訓をくみ取る必要がある。

 あとは野となれ、では済まない。

 十万山火災は、今後への警鐘である。

          *

Screenshot6442

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Radioactive Chernobyl forest fires: a ticking time bomb(「チェルノブイリの被曝森林 カウントダウン時限爆弾に)
(2016年4月15日付け)⇒ http://www.greenpeace.org/international/en/news/Blogs/nuclear-reaction/radioactive-chernobyl-forest-fires/blog/56179/

Screenshot6441

………………………………………………………………………………………

Screenshot6443

………………………………………………………………………………………

Screenshot6444

………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 11:47 午前 |