« 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町十万山 放射能山火事〕 ◇ 「鎮火」! / 「桑ちゃん」が確認ツイッター ◎ 自衛隊、消防のみなさんの奮闘に敬意と感謝!」 | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕(超重要)◇ 「3号機MOX原子炉」では、あのキノコ雲大爆発の7分後、 同じ建屋内の「3号機核燃プール」でも爆発が起きていた可能性! /「3号機核燃プール」からの発煙を可視化確認 ―― ◎ 画像解析の岩田清さんが突き止める! ★ 岩田さんの尽力で、「3号機」の大爆発が「プール」を巻き込んだ大惨事だった可能性が視覚的に確証された! »

2017-05-10

〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ ★ 福島山火事で「放射性物質飛散 コラムで陳謝」 / 「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝 / 同社の石井晃編集局長は取材に「記事によって迷惑を受けたということに対する陳謝。1週間以上消火できず、飛散を心配する人がいるのは事実で、記事内容を訂正したわけではない」と説明 ★ 紀伊民報のコラムは正しかったのでは! フクイチ被曝地の森では、粘菌も被曝し、南方熊楠氏もさぞお怒りのことだろう。

Screenshot6504

Screenshot6505_2

Screenshot6503

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 2017年5月8日 20時58分 ⇒ https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/040/055000c

 ・ 和歌山県南部の夕刊紙「紀伊民報」(本社・同県田辺市)が、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域で発生した山火事に関し、放射性物質の拡散を指摘するコラムを掲載したところ、福島県の被災者らから「風評被害を助長する」などの声が寄せられ、8日発行の9日付同欄で「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝した。

          *

 ・  問題のコラムは2日付1面の「水鉄砲」。東電元社員の情報を基に「放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという」と記述し、不安に応える政府の情報発信や報道が少ないことを批判した。被災者らから「不安をあおるな」などの意見が寄せられたという。

 同社の石井晃編集局長は取材に「記事によって迷惑を受けたということに対する陳謝。1週間以上消火できず、飛散を心配する人がいるのは事実で、記事内容を訂正したわけではない」と説明した。……

          *

◎ 関連 紀伊日報 コラム「水鉄砲」/ 「山火事と放射能」(1日発行 2日付け)
 ⇒ http://www.agara.co.jp/column/mizu/?i=332963

 ▼4月29日午後、福島の原発事故の帰還困難区域の森林で火災が起き、今も鎮火していない。放射能汚染の激しい地域で山火事が起きると、高濃度の放射線物質が飛散し、被ばくの懸念がある。東北、関東、北信越、静岡、愛知の人は最低限、次のような自己防衛の対策がオススメという内容だった。

 ▼内部被ばくしないよう換気はしない。外出時は二重マスク。家庭菜園にはしばらくビニールシートをかぶせる。雨が降ったときは必ず傘を差す。1週間ぐらいは毎日朝昼晩、みそ汁を飲む……。

  (中略)

 ▼この情報を最初にアップしたのは東京電力で賠償を担当していた元社員。現地の事情に詳しい彼によると、放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという。

 ▼原子炉爆発から6年が過ぎても、収束がままならない事故のこれが現実だろう。政府も全国紙も、この現実にあまりにも鈍感過ぎるのではないか。(石)

          *

◎ 同 同/ 「福島の火事」(8日発行 9日付け)
 ⇒ http://www.agara.co.jp/column/mizu/?i=333170

  2日付の当欄に書いた「山火事と放射能」について「いたずらに不安をあおるな」と、数多くの批判を頂いた。福島県内の農家からは「自家測定の数字には変化がない。なのにあんな記事が出ると風評被害が助長される。大変な迷惑だ」とおしかりがあった。

 ▼福島県の地方紙などからもコラムの意図について取材があった。「不安をあおる気は毛頭ない。帰還困難区域に指定され、除染のできていない山林で火災が起き、地上からの消火活動も制限されている。そういう実情がほとんど伝えられてこない状況に不安を抱いた」と記者に説明すると「よく分かりました」と納得していただけた。

 ▼しかし、福島県の発表では火災現場周辺の空間放射線量には大きな変動がなかった。火災は8日目に鎮圧され、新たな拡散は心配するほどではなかったというのだ。そうなると、僕の不安は杞憂(きゆう)であり、それによって多くの方に心配をかけ、迷惑を与えたことになる。まことに申し訳ない。陳謝する。

 ▼だが、福島第1原発の事故で汚染され、そのまま放置された地域での山林火災への対応、常に放射性物質の飛散量に気を配って生活している人たちのこと、内部被ばくリスクなどについて考えると、いまも心配でならない。そうしたことについて政府の関心が低いように見えることにも変わりがない。

 ▼こうした問題を含めて、今回の事例を糧に、より確かな情報を伝えていきたい。(石)

Posted by 大沼安史 at 05:13 午後 |