« 〔監視・監獄国家化を許してはならない〕◇ 米カリフォルニア州オークランドの警察が、FBIから支援を受け、スーツケースの大きさのデバイス、「スティングレイ」で、盗聴活動 / 裁判所が提出を命じた警察の記録文書で明るみに! ★ ≪StingRay≫ は、米社がもともと軍事・諜報用に開発したものだそうだ。いわば、「ポータブル携帯無線局」! 安倍政権はこういう諜報デバイスの導入も進めようとしているのではないか!集団ストーカーや工作員グループが、すでに使用の恐れも! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ 2015年4月28日に発生した「チェルノブイリ森林火災」では、「双発の航空機」も空から消火活動 ウクライナ政府の首相もヘリで火災現場上空へ ★ 日本にはウクライナのように、山火事の際、消火活動できる航空機はないのか? 安倍首相は連休を別荘でゴルフ保養していたが、チェルブリ山火事では、ヤツェニュク首相が現場に駆け付けていた! この違いは何だ! 安倍政権は「緊張感」が欠けている! »

2017-05-11

〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ 10日午後3時過ぎ、馬場有町長が「鎮火した」と宣言! / 林野庁推定で、およそ75ヘクタール(浪江町の山林がおよそ22ヘクタール、隣接する双葉町の山林がおよそ53ヘクタール)を焼く/ 陸上自衛隊福島駐屯地の第44普通科連隊も消火に出動!

Screenshot6515 ★ NHK : 「周辺の放射線量に目立った変化なし」

Screenshot6516

Screenshot6517

………………………………………………………………………………………

 ◇ 双葉町の伊澤史朗町長 : 「大変な火災だった。町の大部分が帰還困難区域の双葉町で出火していれば、対策本部を設置する場所もなく消火を進めるのが非常に難しかったと思う。帰還困難区域で災害が起きた時にどう対処していくか自治体間での広域での取り組みも必要になってくると思う」

 ★ 放射能山林火災はたしかに「自治体間での広域の取り組みも必要」だろうが、なによりもます、原発を国策で進めて政府の責任で行なうべきだ。

          *

 チェルノブイリの例をみても、フクイチ被曝地では、これから森林火災・野火が多発期を迎える。

 微生物などが放射能で死滅し、枯葉・倒木などの分解が進まず、それが乾燥して、どんどん「燃料化」していくためだ。

 2020年の東京オリンピックのさなかに、今回のような山火事が発生したら、参加各国選手団がしり込みするなど、競技それ自体にも影響しかねない。

 帰還困難地域の森林に防火帯、消火林道をつくるなど、態勢を整えるべきだ。

          *

 ★ 焼け跡には文字通り、「死の灰」が残ったはずだ! 国有林なのだから、林野庁は流出・飛散防止策と責任をもって取り組んでほしい!

          *

〔★は大沼〕 ◎ NHK 福島 NEWS WEB  浪江町 山火事鎮火
 (10日付け)⇒ http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053283041.html

  ・ 原発事故の影響で帰還困難区域に指定されている浪江町で起きた山火事は、発生から11日がたった10日、午後3時すぎに鎮火しました。
林野庁によりますと、隣接する双葉町の山林を含め、推計でおよそ75ヘクタールが焼けたということです。

 ・ 浪江町の馬場町長は「帰還困難区域での困難な消火作業に携わった方々にお礼を申し上げたい。インターネットなどで不確かな情報も流れたので、放射線量について徹底的に調査し風評被害にならないようにしたい」と話しています。

Posted by 大沼安史 at 10:12 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65264732

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・十万山 放射能山火事〕◇ 10日午後3時過ぎ、馬場有町長が「鎮火した」と宣言! / 林野庁推定で、およそ75ヘクタール(浪江町の山林がおよそ22ヘクタール、隣接する双葉町の山林がおよそ53ヘクタール)を焼く/ 陸上自衛隊福島駐屯地の第44普通科連隊も消火に出動!: