« 〔フクイチ・メガ核惨事 浪江町・放射能山火事〕◇ 現場の十万山は、2011年3月14日の「3号機キノコ雲爆発」と連動して起きた核爆発で、北西方向に「直達放出」された、「稀ガス処理装置の核物質」「3号原子炉4階に違法備蓄された核物質」「3号固体廃棄物処理建屋内に存在した核物質」「1・2号固体廃棄物処理建屋内に存在した核物質」が、北西の風に真正面から押し戻され、その後の北北西の風でさらに南よりの押し返された「死の灰・降下線上」にあった! ―― ◎ 画像解析の岩田清さんが分析! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目、5月〕◇ JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)が22時間前に復活! »

2017-05-11

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ (東京新聞)◎ 森林除染「竹林」に偽装 単価10倍、1200万円不正か / 福島市松川の山林が舞台 ★ 地面に竹の輪を並べ、「切り株」に見せかける / これは刑事事件ではないのか? 3年前の春、「汚職」を扱う福島県警捜査2課の幹部2人が自死を遂げる事件があった!今回の偽装は「内部告発」で明るみに出たが、背景には「除染」をめぐる闇の部分があるのではないか?

Screenshot6525

………………………………………………………………………………………

 ★ 「東京新聞」は福島の人に信頼されているから、こういうタレこみ(内部告発)も来る!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 東京新聞 (11日付け)⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051102000139.html

          *

 ◎ 関連 2014-05-02〔だから あじさいの国へ〕 捜査2課の華(本命)は「汚職」である 福島県警の捜査2課の幹部2人が自殺した! 捜査2課の幹部がなぜ2人も? 2課はどのような汚職事件を追っていたのか? 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/05/post-b1b8.html

Posted by 大沼安史 at 01:10 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65265215

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ (東京新聞)◎ 森林除染「竹林」に偽装 単価10倍、1200万円不正か / 福島市松川の山林が舞台 ★ 地面に竹の輪を並べ、「切り株」に見せかける / これは刑事事件ではないのか? 3年前の春、「汚職」を扱う福島県警捜査2課の幹部2人が自死を遂げる事件があった!今回の偽装は「内部告発」で明るみに出たが、背景には「除染」をめぐる闇の部分があるのではないか?: