« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の春に〕◇ 「ベースボール(野球)では、放射能汚染を除染できない。(東京オリンピックでの野球・ソフト競技、一部フクシマ開催)で、どうやって『より良い世界つくれる』の? より危険なものをつくりかねないじゃないの」 ―― ◎ 米メジャーリーグ・メディアで、女性レポーターのジェニファー・レインウォーターさんが警告論評! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 中村敦夫さん 77歳の春に〕 ◇ 「原発の町で生まれ育った元原発配管技師」を主人公に、福島弁で、自作の一人芝居・朗読劇『線量計が鳴る』を全国公演 ★ 「原発」は誰しもが、未来の世代もふくめ、かかわりのあることだ!  »

2017-04-29

〔電磁波監獄国家化を許してはならない!〕◇ 「人びとを、思考内容など脳情報の〈窃盗・乱用・ハッキング(theft, abuse and hacking)〉から守る、新たな人権の確立」を! ―― ◎ スイスのバーゼル大やチューリッヒ大の研究者・弁護士が、国際学術誌で提唱 /「脳波モニタリング・脳刺激は、プライバシーや個人の自由の侵害にもなる」! / ◇ 英紙『ガーディアン』が報道 ★ 日本でも横行する「電磁波拷問・マインドコントロール」を「犯罪化」する、新しい人権概念が、ついに提唱された!

Screenshot6282

………………………………………………………………………………………

 ★ バーゼル大学の神経倫理学者であるMarcello Iencaさんと、チュリーリッヒ大学の人権弁護士であるRoberto Andornoさんは、

 新しい人権概念が、次の4つの柱からなるものだ、と述べている。

  ・ 認知の自由(cognitive liberty)

  ・ 精神のプライバシー( mental privacy)

  ・ 精神の健全(mental integrity)

  ・ 心理の持続(psychological continuity)

 The suggested new rights assert what the researchers call cognitive liberty, mental privacy, mental integrity and psychological continuity.

          *

 ★ 日本国内でも「マイクロ波のパルス」などを使った、宗教カルトや闇組織などによる、ターゲットの「脳」を狙った照射攻撃が、社会問題ともいえるような広がりを見せている。

 いわゆる「フレイ効果」を利用した「脳内音声送信」テクノロジーも悪用され、「自殺誘導」被害の報告さえある。

 これはつまり、人間の「精神に対するテロ犯罪」!

 対策・取締りが緊急課題になっている。
  

          *

〔★は大沼〕 ◎ ガーディアン New human rights to protect against 'mind hacking' and brain data theft proposed
 (26日付け)⇒ https://www.theguardian.com/science/2017/apr/26/new-human-rights-to-protect-against-mind-hacking-and-brain-data-theft-proposed?CMP=share_btn_tw

          *

 ・ Much of the technology has been developed for hospitals to diagnose or treat medical conditions, but some of the tools – such as brainwave monitoring devices that allow people to play video games with their minds, or brain stimulators that claim to boost mental performance – are finding their way into shops.

 But these and other advances in neurotechnology raise fresh threats to privacy and personal freedom, according to Marcello Ienca, a neuroethicist at the University of Basel, and Roberto Andorno, a human rights lawyer at the University of Zurich. Writing in the journal Life Sciences, Society and Policy, the pair put forward four new human rights that are intended to preserve the brain as the last refuge for human privacy.
 

          *

◎ 論文 学術ジャーナル 『Life Sciences, Society and Policy』 : Towards new human rights in the age of neuroscience and neurotechnology
 (26日付け)⇒ https://lsspjournal.springeropen.com/articles/10.1186/s40504-017-0050-1

Posted by 大沼安史 at 01:08 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65211879

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波監獄国家化を許してはならない!〕◇ 「人びとを、思考内容など脳情報の〈窃盗・乱用・ハッキング(theft, abuse and hacking)〉から守る、新たな人権の確立」を! ―― ◎ スイスのバーゼル大やチューリッヒ大の研究者・弁護士が、国際学術誌で提唱 /「脳波モニタリング・脳刺激は、プライバシーや個人の自由の侵害にもなる」! / ◇ 英紙『ガーディアン』が報道 ★ 日本でも横行する「電磁波拷問・マインドコントロール」を「犯罪化」する、新しい人権概念が、ついに提唱された!: