« 〔事件ノート〕◎ 福岡市で起きた金塊取引用現金強奪事件が、あの2009年にイタリアで起きた「キアッソ事件」のように、もしも「迷宮入り」で処理されるなら、外国諜報機関による、日本の何者かに対する懲罰事件の様相が深まることになる? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 昨年(2016年)9月16日 午後7時過ぎ、「1号機」の建屋で、2回にわたり、「閃光」火花 /「赤紫」「橙」/ 海外ウッチャーが確認 ★ 「フクイチ」の「閃光」は建屋上空に現れるものと思っていたが、そうではなかった。どうやら、建屋内部から発生するもののようだ! 「フクイチ」の建屋は、放射能「閃光」火花の噴出源になっている! »

2017-04-23

〔電磁波監獄国家化を許してはならない〕◇ 北アイルランドで、英軍がカトリック系住民に対して、マイクロ波照射攻撃 / ベルファストでは英軍基地からの強力なマイクロ波で、多数の住民が癌で亡くなる。現地の医師が抗議 ―― ◎ 16年前、2001年のことですが、英国の専門家、ティム・リファットさんが告発! ★ マイクロ波でターゲットを癌に! 驚きつつ、忌野清志郎さんのことを思い出した! 日本でも秘密裏に行なわれていることではないのか?

Screenshot6161

Screenshot6159

Screenshot6158

 ★ リファットさんによると、米国のCIAが1977年、サッチャー首相に、癌を引き起こしたり、ターゲットをパラノイア状態にしたり(この周波数は4.5Hz)、鬱状態にしたり(同6.66Hz)、凶暴化したり(11.3Hz)できる電磁波照射技術を伝達。

 それが北アイルランドでひそかに使われて来た、という。

          *

 ★ 相次ぐ癌死を問題とした医師は、ベルファストの中心部、フォールズ・ロード地区で、診察を続けてきた Damien Beirnさんだ。

Screenshot6160

 バーン医師によると、1998年時点で、看取った(死亡した)患者さんの37%、120人が癌による死亡だったそうだ。

 ほかに140人のカトリック系住民が癌と闘っていた。

          *

 ★ マイクロ波兵器は非殺傷兵器と言われるが、相手を即死させないだけで、実質は「スロー・キル(slow kill)」の殺人兵器である。

 安倍政権はキノコ狩りをテロ準備行為などとするバカなことを考えていないで、「電磁波照射」をしっかり取り締まってほしいものだ。

 
          *

〔★は大沼〕◎ The Secret Uses Of Microwave
Mind Control By The British
(2001年7月10日付け)⇒ http://educate-yourself.org/mc/mcmwmindcontrolbybritish10jul01.shtml

 Further to this, the British Army has long experience of using microwaves for murder and  mind control in Northern Ireland. In 1977, the CIA contacted Margaret Thatcher and gave her all the details, elf frequencies,  to induce cancer, paranoia (4.5 Hz), depression (6.66 Hz), manic rage (11.3 Hz) --- To support this assertion that the British Amy have been targeting Catholic areas with high-power microwaves, Dr Damien Burn - 38 years General Practitioner in the Falls Road, West Belfast - and Mary Allen, South Armagh Cross Maglen - have protested vehemently that British Army bases are broadcasting high-power microwaves, causing  massive cancer deaths among the Catholics.

          *

 ・ Strange cancers which never would occur are being found in many Catholics and the largest cause of death in Catholics now   is cancer. Whole street-fulls of Catholics next to army bases are dying of cancer. This was reported by Amanda Doherty in the Sunday Mirror, 12.07.98, in the Features Eire edition: Living in Fear, the Cancer that Stalks our Streets.

          *

◎ 現地の医師の告発を報じた、『サンデー・ミラー』(1998年12月7日付け)記事の再録
 ⇒ https://www.thefreelibrary.com/Living+in+fear+of+the+cancer%3b+that+stalks+our%3b+streets.-a060652624

 ・ A BELFAST doctor fears that emissions from army surveillance and communications equipment has triggered cancer in many of his patients.

Dr Damien Beirne carried out extensive research after pinpointing the disease as the main killer in his practice.

Now the veteran GP, who has worked in the city's Falls Road area for 38 years, wants a full investigation carried out.

His practice has seen 120 deaths from cancer in the past seven years - 37 per cent of all deaths in the practice - and another 140 people on the practice list are suffering from 37 different types of cancer.

In the last 20 weeks, 22 people have been diagnosed with the killer disease.

He said: "This issue must be opened for debate. We have constantly been told by health experts that coronary disease is Northern Ireland's biggest killer.

          *

◎ 北アイルランド問題 ウィキ 
⇒  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C

Posted by 大沼安史 at 11:36 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/65189172

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波監獄国家化を許してはならない〕◇ 北アイルランドで、英軍がカトリック系住民に対して、マイクロ波照射攻撃 / ベルファストでは英軍基地からの強力なマイクロ波で、多数の住民が癌で亡くなる。現地の医師が抗議 ―― ◎ 16年前、2001年のことですが、英国の専門家、ティム・リファットさんが告発! ★ マイクロ波でターゲットを癌に! 驚きつつ、忌野清志郎さんのことを思い出した! 日本でも秘密裏に行なわれていることではないのか?: