« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ もう6年も歳月が過ぎているのに、1号機の「内部調査」で、核燃デブリ「確認できず」―― そのくせ、「1号機では、溶け落ちた核燃料のほとんどが原子炉の底を抜けて、構造物と混じった燃料デブリとなり、深さ2メートル余りの汚染水がたまっている格納容器の床に広がっていると見られています」(NHK)! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目に〕◇ 「フクイチ」、「地下爆発(subterranean explosions)」の恐れ! 「ウラニウム汚染・地下溜まり水(パドル/ uranium puddle )」、天然ガス採掘の際の「フラッキング」のように地下岩盤亀裂に浸透、溶融核燃の熱による水素と酸素分解で爆発する可能性!― ◎ 1979年の「スリーマイル島事故」の際、米政府から調査を依頼されたこともある、米国の著名な科学・テクノロジーライター、ロバート・クリングリー(Robert Cringely )さんが警告! »

2017-03-22

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 「テロとの戦い」を名目にした、米国・地域社会の「プレデター(捕食者)vs プレイ(餌食)」への2極化、進む! / コラボレーターの攻撃側民間人、「携帯電話」を使って「指向性パルス照射攻撃」!( cell phones to direct pulsed radiation attacks」/ 新車やプロ野球チケットなどの報償も / コラボレーターに、「強姦」など「不法行為のライセンス」! 

  ◎ 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 その③

 ★ 写真は、テキサス州の医師、ジョン・ホールさん(被害者)が、クラウドファンドで制作中のドキュメンタリー映画(予告編)の一場面。

Screenshot5337

………………………………………………………………………………………

 
 ホールさんによると、無法者のコラボレーターたちが、電磁波などで美女を無力化して集団強姦(ギャング・レイプ)し、撮影ビデオを会員制サークルに売り渡すことさえ、米国では行なわれているという。

          *

 ★ しかし、それにしても、「携帯電話」が「指向性パルス照射攻撃」のデバイスになっているとは!

 わたしの観察では、日本のストーカーたちはターゲットに近づき、「携帯」のスイッチをONにすることが多い。

 これは、あくまで想像だが、ある特定のナンバーにつなぐことで、携帯が「指向性パルス照射攻撃」のデバイスになるようなシステムになっているのではないか!

          *

 ★ 民間人への報償では ―― わたしたちは、ご褒美に「軽の新車」を手にした人を知っている。

 
          *

 〔★は大沼〕 ◎ Memorandum on Domestic US Torture Programs Running Under Cover of Surveillance / Covert US Military/Intel/Justice Physical Mutilation of the Population EMF Weapons, Neuro-Weapons, Bio-Terrorism, & Organized Stalking
 (2017年1月25日付け)⇒ https://stop007crimes.files.wordpress.com/2016/10/memo-to-president-trump-on-domestic-us-torture-programs-running-under-cover-of-surveillance.pdf

 ・ In the name of the War on Terror, in 2017, American neighborhoods and communities have been transformed from calm, peaceful, and neighborly communities into predator vs. prey, i.e.divided holdouts of covert spying, snitching, Electronic Warfare, smear campaigns, and studied COINTELPRO attacks on neighbors, planned and coordinated through federal governmentsponsored intelligence, information and command centers at the national and local levels, suchas the Regional Information Sharing System (RISS), the U.S. Department of Justice, and the network of Fusion Centers.

・ Collaborators are paid handsomely and bribed with home renovations, new cars, and tickets to luxury holidays and ball games. They are also trained in the operation of certain equipment,including cell phones to direct pulsed radiation attacks, which they now turn on their innocent
neighbor.

 ・ This rewards and entrenches corrupt behavior in a manner that will utterly splinter and disintegrate our society for decades to come. Worst of all, this system of routine horrific abuses has developed a life of its own whereby ever more vindictive acts are committed and the perpetrators on the ground take free licence to do whatever they like at the expense of economically productive members in our society. Their excesses include
electronic rape.

Screenshot5269

………………………………………………………………………………………

          *

◎ 既報 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/electronic-warf.html

          *

◎ 同 その② / 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/directivesjoint.html

Posted by 大沼安史 at 12:50 午前 4.電磁波被曝問題 |