« 〔「美しい国」の国有地に「美しい学校」が建った〕◎ 【アッキード事件】 産経の「財務局が場内処分を促す」文書はワナですよ / めずらしく産経新聞が森友学園事件のスクープをした、と言って喜んでいるひとがいるが、このニュースは要注意だ。……ここには、安倍晋三と官僚たちを救うための、ふたつのワナが仕掛けられている。 | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ ニューヨーク・タイムズの前東京支局長、マーティン・ファクラーさんが、英文ツイッターで警告報道 / 韓国の釜山近くの原発で事故があれば、西日本の大半の人びとが避難を強いられる恐れ! »

2017-03-08

〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕 ≪ENENEWSが‘核の地獄絵図’を世界に告知≫ ◇ 「フクイチ」メルトダウン核燃から「放射能の奔流(streaming of radiation )」継続発生の可能性 / 沈降した溶融核燃、切れ切れに塊になって存在し、放射能を噴出か ―― 米海軍の原子力オペレーターが「2号機」の「サソリ」探査失敗で見解 ◇ 日本の専門家らも「火事場("burning house)」「溶岩が海に流れ込んだよう(when lava pours into the sea )」などとコメント!

………………………………………………………………………………………
  「アンダーコントロール」と言い張る安倍首相なら、例によって「印象操作だ」といって隠蔽をはかりそうな、「フクイチ」核地獄の実態が、ヴィヴィットなイメージとして、国際社会の人びとに共有されようとしている。

Screenshot4978

………………………………………………………………………………………

Screenshot4977

 

       *

〔★は大沼〕 ◎ ENENEWS “Emergency measures” taken at Fukushima plant after “unexpected dents” found on reactor building floor — Situation “much worse than expected” — Experts: It’s like a “burning house”… “I was shocked” by outcome… “Streaming of radiation” may be underway
 (2月27日付け)⇒ http://enenews.com/emergency-measures-taken-at-fukushima-plant-after-unexpected-dents-found-on-floor-of-reactor-building-situation-is-much-worse-than-expected-experts-its-like-a-burning-house

          *

 ◎ 英文・毎日新聞 Fukushima plant's No. 2 reactor faces obstacles
 (2月27日付け)
  ⇒ http://mainichi.jp/english/articles/20170227/p2a/00m/0na/011000c

 ・ At the same time, with the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant being somewhat like a "burning house," manpower is also required to make effective progress with the search. Yasuo Hirose, of IHI Corp., states……

    ◎ 同・日本語記事 ⇒ http://mainichi.jp/articles/20170227/ddm/003/040/124000c

 ・ しかし何があるか分からない「火事場」のような第1原発では、やはり「人の手」が頼みの綱だ。

          *

 ◎ 英文・朝日新聞 Radiation levels at Fukushima reactor puzzle nuclear experts
 (2月19日付け)⇒ http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201702190042.html

   ◎ 同・日本語 広い範囲に高い線量、なぜ? 福島第一2号機の格納容器
   ⇒ http://digital.asahi.com/articles/ASK2H6H2GK2HULBJ016.html
 ⇒ http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201702190042.html

 ・  「溶けた核燃料が直接レールに積もったのではなく、格納容器の底で水分の多いコンクリートと激しく反応し、溶岩が海に流れ込んだ時のように遠くまで飛び散った可能性がある」

Posted by 大沼安史 at 09:00 午前 |