« 〔「ディープ・ステート(影の政府)」の世界支配を許してはならない〕◇ 元ミス・アーカンソーのサリー・ミラーさん(77歳)は、実弾を装填した半自動小銃を手元に置き、シェパード犬に守られて眠る。サリーさんは最近、「わたしは“自殺”はしません」と、ネットで宣言した。元アーカンソー州知事、のちの米大統領、ビル・クリントン氏から聞いた話を――ヒラリー夫人の「性癖」を――本に書き始めたことが広がったとたん、「ストーキング」や「脅迫」が始まったからだ。/ 英紙「デイリー・メール」がスクープ報道 | トップページ | 〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ 公民権運動の活動家で、ブラックパンサー党の支持者だった女優のジーン・セバーグさんも、電磁波照射攻撃の犠牲者! ――◎ 米連邦議会上院公聴会で、被害者でもあるダニエル・レボヴィッツ医師が証言 ② ★ ジーン・セバーグさんは白人男性との間にできた子を、「黒豹党」の黒人の子とのデマを妊娠中に流されるなど執拗な人格攻撃、脅迫に遭い、40歳で自殺を遂げた人だ。あの『悲しみよ、こんにちは』の、あの「セシルカット」の彼女が、電磁波攻撃のターゲットにされていたとは……。 »

2017-03-05

〔影の権力・闇社会のハイテク兵器実験・訓練・不正使用を許さない〕◇ 「洲本5人殺害」で、検察側が「精神障害の影響なし」として死刑を求刑した被告は、「電磁波で操られていた」と供述していた! 「毎日新聞」が報道! ★ 被告の弁護団は、国内外に事例にくわしい、NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の石橋輝勝さん(理事長)に話を聞いたらいい。

Screenshot4920

………………………………………………………………………………………

 ◆ 弁護側は最終弁論で、「電磁波で操られていた」 などとする被告の供述を踏まえ、「精神障害による妄想がなければ本件は起きていない。自分の行動が正当化されると確信して犯行に及んでおり、心神喪失か心神耗弱の状態だった」と述べ、死刑回避を訴えた。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 洲本5人殺害 死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」
 (3日付け)⇒ http://mainichi.jp/articles/20170303/k00/00e/040/187000c

◎ NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html

 ★ 同NPOの「確認被害者」は全国で1800人近くに達している。

 なかには、いわゆるV2S、脳内への音声送信被害者も数多く含まれている。

Screenshot4920_2

Posted by 大沼安史 at 10:50 午前 4.電磁波被曝問題 |