« 〔フクイチ・メガ核惨事〕【重要】◇ 「フクイチ」が異常な状態になっているようだ! ◆ ことし1月、福島のグラウンド・ゼロ(爆心)地域である「双葉郡」での放射能月間降下物調査で、セシウム合計が、なんと昨年12月(1410MBq/㎢)の3.9倍、5470MBq(メガベクレル)/㎢(平方キロ)に激増(4倍増)! / ヨウ素131は「検出限界」を昨年12月「< 0.96MBq/㎢」から「<1.7MBq/㎢」へ大幅な上方修正(ちなみに宮城・仙台市の検出限界は、<0.15MBq/㎢)し、「不検出」と公表! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕★ 双葉高校の「最後」の卒業生11人は、ドローンで撮影した校舎の空撮映像を見て、そこで学ぶことのなかった「母校」に別れを告げた! ―― あの「ふたば未来学園高校」の開校に伴い、募集停止となった、福島県立双葉高校が、避難先サテライトの「いわき明星大学」で、休校セレモニーと最後の卒業式! 94年の歴史に幕 1923(大正12年)、旧制中学として開校! ★ 東電と経産省は、伝統の学び舎を、ひとつ、死の灰まみれにして、つぶしたのだ! あなたがたの「想定外」のおかげだ! »

2017-03-01

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ③ 「電磁波」照射で、「TETRA((地上基盤無線)」に被曝した世界各国の警察官たちがデモに対して攻撃的になり、「電磁波通信ヘルメット」かぶった米陸軍の特殊部隊が作戦から帰国後、妻子をDVで殺傷するなど「凶暴化」! ★ 「電磁波」による攻撃性の増大……! 社会の連帯が壊されてゆく!

 ★ 日本での突然、「キレル」の横行も、「電磁波」と無関係ではないかもしれない。

Screenshot4850

Screenshot4855

………………………………………………………………………………………

 ★ トロワー博士は、米軍特殊部隊が所属していた基地は、米ノースカロライナ州の「フォート・ブラッグ」基地だとユーチューブでのインタビューで語っている。

 このくだりを聞いて、わたしは、米国の「影の権力」に要人相手の「性奴隷」と「メッセンジャー」として使われ、その地獄から生還した、米国人女性、キャシー・オブライエンさんが、その「フォート・ブラッグ」で(も)「洗脳/マンドロコントロール」を受けたと書いていたことを思い出した。

 電磁波通信被曝の警察官、兵士が攻撃性を増す、というのは、もしかしたら、そのような行動を(街頭で、あるいは戦場で)とるようマインドコントロールされているせいではないか。

 いずれにせよ、電磁波と攻撃性の強化の関係は、注意にあたいする問題だ。

 わたしは南スーダンに派遣された自衛隊のみなさんへの影響のことも心配している。

 

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ : バリー・トロワー博士 : 電磁波が警察官や兵士を凶暴化
 (開始 16分40秒~ )⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=EJluXfJQCuk

          *

 ◎ 関連 ◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ② 「マイクロ波源は鉛筆の太さの薄さ。それでターゲットを追尾し、マイクロ波ビームで目や心臓、脳などを狙う」 ★ 博士は1984年の夏、英国の「グリーナム・コモン」で、米軍が抗議の女性たちをマイクロ波攻撃し、意気を消沈された事例を紹介し、その文脈で、「マイクロ波ビーム兵器」の仕組みを解説している。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-9b02.html

          *

 ◎ ◇ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!―― ① Voice to Skull(声を頭蓋内に):「声を聞かせるのは一番簡単です」/ 「一連の周波数で(内耳の蝸牛殻を刺激するだけ」)」/「物理的に声を聞かせる」/「「声を解釈するのは電気信号」/「どんな会話でも聞かせられる」 ★ 恐ろしいハイテク技術だ!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/voice-to-skull-.html

          *

 ◎ 関連 ◇ 英国の「警察・TETRA(地上基盤無線)」による「(パルス化)マイクロ波被曝」で、38歳の巡査、ニール・ドリング(Pc Neil Dring)さんが癌死! ―― 遺族(妻と遺児)が訴え! / ★ この「ドリング巡査の受難(2004年)」をきっかけに、英国では、TETRAによる警察官、警察署周辺住民のマイクロ波被曝・健康被害問題が広がっている。これは日本への警鐘でもあるのではないか!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/pc-neil-dring-0.html

         *

 ◎ キャシー・オブライエンさんについては:

  ♯ 彼女のHP ⇒ http://www.trance-formation.com/aboutcathy.htm

  ♯ 本ブログの紹介記事(一部)⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/12/post-a92b.html

 

Screenshot4856

Posted by 大沼安史 at 04:44 午後 4.電磁波被曝問題 |