« 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 2020年「東京オリンピック」の「野球」に、メジャーリーグの選手は参加しない公算(ジャパン・タイムズ)―― ◎ MLBコミッショナーのロブ・マンフレッドさんが7日、東京での記者会見で「不参加」の可能性を示唆。「どんな競技運営になるかも知らされていない。そんな情報不在のなかで、疑念(skepticism)も出ている。いずれにせよ、東京オリンピックを回避するメジャー・プレーヤーはかなりの数に達するだろうし、球団オーナーらも、リーグの『中断』に賛成しないだろう」 | トップページ | 〔権力・闇組織の電磁波攻撃・マインドコントロールを許してはならない〕◇ 「自衛隊の犯罪を斬る」ブログの専門家が18日、名大での情報処理学会で、マイクロ波聴覚効果を使ったテレパシー通信が軍事技術として開発されている「驚愕の証拠」を提示すると予告! ★ ついに、学会発表! これは全国の「脳内送信」被害者にとって、待ちに待った朗報である! »

2017-03-10

〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕◇ 原発再稼働を推進する安倍政権の原子力推進官庁、経産省の世耕弘成大臣が理事長をつとめる近畿大学の原子炉が4月にも再稼働! ★ 東大阪市の市街地のど真ん中にある原子炉だ! 万が一の事故に備え、どんな避難計画が策定されているのだろう?

 ★ 写真は近畿大学のHPより。

Screenshot5017

Screenshot5020_2

Screenshot5021

………………………………………………………………………………………

Screenshot5016

………………………………………………………………………………………

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 近畿大 原子炉が来月にも再稼働 教育研究用で初
(10日付け)⇒ http://mainichi.jp/articles/20170310/k00/00m/040/142000c

 ・ 2014年2月から停止している近畿大原子力研究所(東大阪市)の原子炉が、4月にも再稼働することが分かった。原子力規制委員会が9日から稼働前の最終手続きとなる使用前検査に着手し、今月17日に終える見通しとなったため。

Screenshot5019

          *

◎ 近畿大のHPによると、「近畿大学原子炉(UTR-KINKl)は、大学の教育・訓練および研究用に特に設計された極低出力(1W)の 軽水減速、黒鉛反射、非均質型熱中性子炉です。残留ガンマ線が極めて少ないため炉心内での作業が可能なことが大きな特徴のひとつとなっています」――とのことだ。

Posted by 大沼安史 at 10:05 午前 |