« 〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ③ 「電磁波」照射で、「TETRA((地上基盤無線)」に被曝した世界各国の警察官たちがデモに対して攻撃的になり、「電磁波通信ヘルメット」かぶった米陸軍の特殊部隊が作戦から帰国後、妻子をDVで殺傷するなど「凶暴化」! ★ 「電磁波」による攻撃性の増大……! 社会の連帯が壊されてゆく! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 6周年〕★ 日本政府は「SPEEDI」はもちろん、その新バージョンの「WSPPEDI(「世界版緊急時環境線量情報予測システム」)」さえも使って、乳幼児に対する「ヨウ素131」の「内部被曝臓器等価線量」(2011年3月12日午後2時40分~24日午前零時)マップを作成し、最大500mSy超までの甲状腺被爆の可能性を予測していた! ―― ◎ 大山こういち・南相馬市市議が、国会図書館保存政府文書をもとにツイッターで告知!  »

2017-03-01

〔フクイチ・メガ核惨事〕★ 双葉高校の「最後」の卒業生11人は、ドローンで撮影した校舎の空撮映像を見て、そこで学ぶことのなかった「母校」に別れを告げた! ―― あの「ふたば未来学園高校」の開校に伴い、募集停止となった、福島県立双葉高校が、避難先サテライトの「いわき明星大学」で、休校セレモニーと最後の卒業式! 94年の歴史に幕 1923(大正12年)、旧制中学として開校! ★ 東電と経産省は、伝統の学び舎を、ひとつ、死の灰まみれにして、つぶしたのだ! あなたがたの「想定外」のおかげだ!

 ★ 卒業式の来賓として、東電の人間は「祝辞」のひとつでも、述べたのだろうか?

  ………………………………………………………………………………………

 

Screenshot4858

Screenshot4857

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK福島 双葉高校 休校前最後の卒業式
 (1日付け)⇒ 
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054224641.html?t=1488356975976 

 ・ 式では卒業生代表の菊池歩実さんが「先輩方が残してくださったバトンを渡す人はおらず、ここで途切れてしまうが、私たちは多くの困難を乗り越えてここまで来ました。休校となる双葉高校でいろいろな思い出を作る事ができました。ありがとう、さようなら」と学校への感謝の言葉を述べました。

 卒業式に続いて休校のセレモニーが行われ、去年小型の無人機、ドローンで撮影された元の校舎の映像とともに、双葉高校が夏の全国高校野球に出場したときの写真や学校近くの飲食店の写真が映し出されると、集まった人たちはそれぞれが思い出を語りながら見入っていました。

 そして最後に涙を流して校歌を歌い、母校の復活を誓い合いました。

Screenshot4859

          *

◎ ウィキ ⇒ http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054224641.html?t=1488356975976

Posted by 大沼安史 at 05:54 午後 |